« 鳩山外交の試金石、普天間基地移設問題 | トップページ | 菅国家戦略大臣 「雇用、環境、子ども、景気」を柱に「成長戦略」 »

2009年11月 6日 (金)

感動!松井秀喜選手 ワールドチャンピオンおめでとう

6c773790885b4c7b95d2c07f8e325974

3勝2敗で迎えたワールドシリーズ第6戦(ヤンキースタジアム)で松井秀喜選手は自らの活躍でフィリーズを7対3で破りヤンキースを優勝に導いた。
ワールドチャンピオンになるためにヤンキースに来たと言っていた松井秀喜は長年の夢を達成した。
おめでとうといいたい。

彼は両親が観戦する前で4打数3安打6打点の活躍で日本人初めてのMVPにも選ばれ優勝に花を添えた。
第1打席は、フィリーズ先発のマルティネスから先制2ランホームラン。3回にはツーアウト満塁でセンター前に2点タイムリー、5回にも右中間フェンス直撃の2点2塁打を放った。1試合6打点はワールドシリーズのタイ記録という。

彼の歴史は高校野球、甲子園大会で全打席敬遠の4球から始まった。以来求道者の如く野球に取り組んでいった。
彼の今日の打席に立つ姿は過去の実績とたゆまぬ精進に裏付けられた自信からか真剣勝負に臨む武士に似た雰囲気があり相手ピッチャーを威圧する存在感があった。
ホームランを打ちヒットを放つたび、感動で鳥肌立つ思いであった。

何としてでも自分の力で優勝に貢献するという思いが極限の集中力をうみ、ここ一番で持てる力を一気に発揮し彼が超一流選手であることを世界に示した。

松井秀喜選手は日本人の誇りであり、イチローとともに日本人に勇気をあたえた。

松井秀喜選手、ワールドチャンピオンおめでとう!

|

« 鳩山外交の試金石、普天間基地移設問題 | トップページ | 菅国家戦略大臣 「雇用、環境、子ども、景気」を柱に「成長戦略」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

松井おめでとう。
地道な努力が漸く実った。連続出場が途切れてからは、緊張の糸が切れた訳でもないだろうが、今度はケガで大変だったですね。

イチローは器用な日本人らしくヒットを打つ職人です。アメリカにはいないバッターです。松井はそもそも、大砲でしたから、アメリカの得意とするパワーヒッターとしてメジャーでどの程度通用するかでした。
時間は掛かりましたが見事にやってくれました。本当にすごい。

正直、日本人として、イチローも松井も松阪も日本でプレーしてほしいですが・・・。仕方がありません。

投稿: Toms | 2009年11月 6日 (金) 16時22分


ヤンキースが松井の契約をどうするか去就が気になりますね。
ニューヨークのヤンキースファンの気持ちを考えて残すような気がしますが守備機会がないようだったら個人的にはトーリ監督と一緒に野球をしてほしいと思います。

投稿: Mugen | 2009年11月 7日 (土) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動!松井秀喜選手 ワールドチャンピオンおめでとう:

« 鳩山外交の試金石、普天間基地移設問題 | トップページ | 菅国家戦略大臣 「雇用、環境、子ども、景気」を柱に「成長戦略」 »