« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

鳩山総理、施政方針演説

「いのちを守りたい」
のキャッチフレーズで鳩山政権の特色を強く打ち出し、政策も総合的にそつなくそれなりの内容であった。
しかし聞きながら高揚感や期待感がなく何か共感できない感じは多くの国民が感じた事と思う。

鳩山政権誕生から4ヶ月あまりの政権運営を見てきたからである。
大義名分や、アドバルーンと現実のギャップが大きく、いわゆる言うこととやっている事が違う場面を何度も見せられてきた。
政治と金問題、天下りの問題、暫定税率問題・・・・・などなど

特に普天間基地移設問題では日米同盟、沖縄県民感情、社民党との連立と複雑に絡み合い二転三転と方向がぶれ、指導力のなさからか閣僚のばらばらの発言にゆれ決断できないまま結論を5月まで先延ばしにしてしまった。
平野官房長官の、最終的には普天間に決着するかもしれないといわんばかりのゼロベース発言で、沖縄県民は名護市長選の稲嶺氏勝利で県外移設になると喜んだのもつかの間、また大きな不安に陥ってしまった。

鳩山政権に必要なのは世論調査にあるように鳩山総理の「言う事を約束どおり確実に実行する指導力と決断力」である。

小沢幹事長を取り巻く状況はますます厳しいものとなっておりいつ波乱要因になるかもわからない。

国民はあえいでいます。
政権交代で期待した国民を裏切らないためにも指導力、決断力を発揮して政権運営して欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

小沢一郎の限界 議員辞職必至

○逮捕

政治資金規正法違反でついに元秘書の石川議員、池田元秘書、大久保秘書が逮捕された。
小沢一郎の関与は疑うべきもない。

後は検察によって全てが明らかになるだろうが、追い込まれる前に、逮捕いかんにかかわらず潔く議員辞職すべきだろう。世論もこれ以上居座ることは許さない。

小沢一郎は政治は金の力、数の力だと古いやり方を踏襲し権力を握ったが
裏金疑惑、不動産の購入など明らかに間違っていた。政権交代に貢献したがもはや役割は終わった。

○正念場
今の民主党は小沢一郎の権力を恐れて苦言を呈するものが誰一人いない異様な組織になっているが
ダメなものはダメとはっきりいえる組織でなければならない。
政権交代を台無しにしないためにもここは正念場で、もう一度原点に戻り体制を立て直さなければならない。

ひとえに鳩山首相のリーダーシップと指導力だが多くは望めない感じなので全体が一致して正しい政治を
行って欲しい。

マスコミも当分この問題ばかり取り上げるだろうが今最も重要なのは
無駄を徹底排除する政治改革、政治が経済の足を引っ張っているといわれている景気対策、普天間基地の移転に関する防衛、外交問題なのである。

友愛を掲げる鳩山内閣はハイチの大地震への対応(中国は日本が対応を決めるころには現地で救助活動を行っていた)も世界に遅れをとっているのは恥ずべき事で常に世界を注視していてこうした問題にも適切に対応できる国になって欲しい。

18日から国会が始まるが野党自民党も小沢問題一点に集中して重要な問題が後回しにされる懸念が強い。その為にも小沢一郎は自ら身を引くべきだろう。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2010年1月11日 (月)

鳩山政権支持率

Cimg3955


今朝のTBSで鳩山内閣の支持率が53%に下がったの報道があった。その中で政治的影響力は小沢幹事長の82%対して鳩山総理10%と大差があった。これが今国民の実感だと思うが異常である。
鳩山首相はよほど意志をはっきり出さない限り求心力はますます低下するだろう。
小沢幹事長は頑張っているのに人気がないとぼやいていたが客観的に自分の言動を分析する必要があるだろう。
鳩山内閣の支持率を上げるには評価の高かった事業仕分けの手法を特別会計に切り込み無駄を徹底排除することだ。

22年度の予算がクニクの92兆円強だが実は母屋でおかゆをすすり、離れですき焼きを食べているといわれた特別会計の予算が110兆円以上もあるのだ。

特別会計とは、一般会計とは別に設けられる、独立した経理管理が行なわれる会計で特別会計ごとに予算をもちその実態は非常に複雑で分かりにくく闇の中で行われている。

事業仕分けで一端が表面化したが徹底して無駄を排除した後すでに語られ始めた消費税論議に移行すれば国民も納得する。

<ウィキペディアより>
===国における特別会計===
平成21年度現在、国には21の特別会計がある。平成21年度当初予算において、特別会計の歳出額は約355兆円となっている。しかしこれは単純に各会計を足した総額であり、会計間の重複計上を除いた純計額は約169兆円である。更にうち約80兆円ほどは国債償還費となっている。

国の特別会計は、
#事業特別会計
#資金特別会計
#区分経理特別会計
の3種のみが認められている(財政法13条2項)。

====事業特別会計====
事業特別会計とは、特定の事業をおこなう場合に設置される。平成21年度には16種類の事業特別会計がある。この16種類は、便宜上、企業・保険事業・[[公共事業]]・行政的事業・融資事業の5つの区分に分けることができる。
# 企業
#* [[国有林野事業特別会計]]([[農林水産省]]所管)
# 保険事業
#* [[地震再保険特別会計]]([[財務省 (日本)|財務省]]所管)
#* [[船員保険特別会計]]([[厚生労働省]]所管)
#* [[年金特別会計]](厚生労働省所管)
#** 基礎年金勘定(平成21年度予算 20兆9,150億9,000万円)
#** 国民年金勘定(平成21年度予算 5兆5,790億6,000万円)
#** 厚生年金勘定(平成21年度予算 39兆2,730億7,600万円)
#** 福祉年金勘定(平成21年度予算 146億8,500万円)
#** 健康勘定(平成21年度予算 8兆2,933億1,800万円)
#** 児童手当勘定(平成21年度予算 4,915億6,800万円)
#** 業務勘定(平成21年度予算 1兆9,383億9,400万円)
#* [[労働保険特別会計]](厚生労働省所管)
#** 労災勘定(平成21年度予算 1兆2,557億7,300万円)
#** 雇用勘定(平成21年度予算 2兆3,278億3,600万円)
#** 徴収勘定(平成21年度予算 2兆8,736億6,900万円)
#* [[農業共済再保険特別会計]](農林水産省所管)
#** 再保険金支払基金勘定(平成21年度予算 218億1,800万円)
#** 農業勘定(平成21年度予算 331億5,200万円)
#** 家畜勘定(平成21年度予算 447億5,000万円)
#** 果樹勘定(平成21年度予算 126億6,200万円)
#** 園芸施設勘定(平成21年度予算 51億3,500万円)
#** 業務勘定(平成21年度予算 11億2,700万円)
#* [[森林保険特別会計]](農林水産省所管)
#* [[漁船再保険及び漁業共済保険特別会計]](農林水産省所管)
#** 漁船普通保険勘定(平成21年度予算 69億8,300万円)
#** 漁船特殊保険勘定(平成21年度予算 3億5,300万円)
#** 漁船乗組員給与保険勘定(平成21年度予算 6,200万円)
#** 漁業共済保険勘定(平成21年度予算 175億3,500万円)
#** 業務勘定(平成21年度予算 9億3,200万円)
#* [[貿易再保険特別会計]]([[経済産業省]]所管)
# 公共事業
#* [[社会資本整備事業特別会計]]([[国土交通省]]所管)
#** [[治水勘定]](旧[[治水特別会計]])(平成21年度予算 1兆0,617億7,100万円)
#** [[道路整備特別会計|道路整備勘定]](平成21年度予算 2兆4,828億3,400万円)
#** 港湾勘定(平成21年度予算 3,026億5,800万円)
#** [[空港整備勘定]](旧[[空港整備特別会計]])(平成21年度予算 5,300億7,300万円)
#** 業務勘定(平成21年度予算 3,030億6,100万円)
# 行政的事業
#* [[登記特別会計]]([[法務省]]所管)
#* [[特定国有財産整備特別会計]](財務省所管)
#* [[国立高度専門医療センター特別会計]](厚生労働省所管)
#* [[食料安定供給特別会計]](農林水産省所管)
#** 農業経営基盤強化勘定(平成21年度予算 248億700万円)
#** 農業経営安定勘定
#** 米管理勘定(平成21年度予算 8,571億4,000万円)
#** 麦管理勘定(平成21年度予算 6,884億1,900万円)
#** 業務勘定(平成21年度予算 179億7,600万円)
#** 調整勘定(平成21年度予算 1兆7,275億2,500万円)
#** 国営土地改良事業勘定(平成21年度予算 1,124億8,900万円)
#* [[特許特別会計]]([[経済産業省]]所管)
#* [[自動車安全特別会計]](国土交通省所管)
#** 保障勘定(平成21年度予算 699億1,300万円)
#** 自動車検査登録勘定(平成21年度予算 448億9,700万円)
#** 自動車事故対策勘定(平成21年度予算 147億9,100万円)
# 融資事業
#* なし(廃止された融資事業を行なっていた特別会計の資金は統合された先の特別会計の勘定の中で管理されている。また、特別会計資金を用いる個々の事業で融資事業への資金貸付・出資を行なっているものがある。)

省庁別区分
* 総務省
** 交付税及び譲与税配付金特別会計(平成21年度予算 52兆1,563億400万円)
* 法務省
** 登記特別会計(平成21年度予算 1,791億5,600万円)
* 財務省
** 地震再保険特別会計(平成21年度予算 68億1,100万円)
** 国債整理基金特別会計(平成21年度予算 183兆3,935億1,300万円)
** 財政投融資特別会計(平成21年度予算 36兆2,455億4,200万円)
** 外国為替資金特別会計(平成21年度予算 3兆4,197億7,600万円)
** 特定国有財産整備特別会計(国土交通省と共管)(平成21年度予算 1,233億7,300万円)
* 経済産業省
** エネルギー対策特別会計
** 貿易再保険特別会計(平成21年度予算 2,060億8,600万円)
** 特許特別会計(平成21年度予算 2,901億7,500万円)
* 厚生労働省
** 国立高度専門医療センター特別会計(平成21年度予算 1,547億3,800万円)
** 船員保険特別会計(平成21年度予算 502億8,400万円)
** 年金特別会計
** 労働保険特別会計
* 農林水産省
** 食料安定供給特別会計(平成21年度予算 248億700万円)
** 農業共済再保険特別会計
** 森林保険特別会計(平成21年度予算 112億4,200万円)
** 国有林野事業特別会計(平成21年度予算 4,620億7,700万円)
** 漁船再保険及び漁業共済保険特別会計
* 国土交通省
** 社会資本整備特別会計
** 自動車安全特別会計

==== 資金特別会計 ====
資金特別会計とは、特定の資金を保有してその運用を行う場合に設置される。すべて財務省所管の特別会計であり、資金特別会計は2種類ある。
# [[財政投融資特別会計]]
#* 財政融資資金勘定、投資勘定
# [[外国為替資金特別会計]]

====区分経理特別会計====
区分経理特別会計(または単純特別会計)とは、他の会計と区分する必要がある場合に設置される。区分経理特別会計には3種類ある。
# 剰余金処理がすべて全額翌年度に繰り越しになる、『特別会計に関する法律』の「剰余金の処理に関する共通ルール」の例外となる特別会計
#* [[交付税及び譲与税配付金特別会計]]
#** 交付税及び譲与税配付金勘定(総務省所管)
#** 交通安全対策特別交付金勘定(内閣府所管)
# 一般会計の定率繰入や他の特別会計の余剰金など特定の歳入をもって国債整理という特定の歳出に充て一般の歳入歳出と区別して経理する単純特別会計
#* [[国債整理基金特別会計]](財務省所管)
# 特定財源の歳入を一般の歳入に組み入れた後、必要額を一般の歳出から当会計の歳出に充て経理する特別会計
#* [[エネルギー対策特別会計]]
#** エネルギー需給勘定(平成21年度予算 2兆20億200万円)
#**# 燃料安定供給対策(経済産業省所管)
#**# エネルギー需給構造高度化対策(環境省所管)
#** 電源開発促進勘定(平成21年度予算 3,678億8,000万円)
#**# 電源立地対策(経済産業省所管)
#**# 電源利用対策(文部科学省所管)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月 6日 (水)

藤井財務大臣辞任で早くも鳩山内閣にほころび

藤井大臣が健康上の理由で辞意を表明したがどうも理由は健康面だけではないらしい。
内閣の閣僚はばらばらでバックアップ体制が出来ておらず、肝心の鳩山総理は藤井氏に高齢での引退予定を覆してまでも大臣就任を依頼したにもかかわらず、
総理を支えようとした藤井大臣の立場への配慮がなく、結果小沢幹事長に振り回された挙句立場を失わせてしまった。
藤井大臣のやってられないとの思いになったのも無理からぬことといわれている。

既に後任が取りざたされているが、副大臣の野田氏は小沢幹事長とうまくいかない、菅氏が最近小沢幹事長とべったりだから・・・と鳩山総理は人事も小沢さんに握られてしまったのか。

鳩山総理は小沢幹事長の存在感に反比例してますます求心力をなくしていくようだ。

新年を迎え、今年は政権交代を本当に実のあるものにして欲しいと思っていた矢先、いろいろ問題が噴出する。
どうも世界の中の日本という視点が乏しく権力闘争にうつつを抜かしている。

世界でも日本ほど首相が頻繁に交代し、閣僚の辞任が多い国はなく、信頼されない所以だ。

国民はこの大事なときに人がくるくる代わって欲しくなく、一致団結して難局に当たって欲しいと思っている。

一方自民党も浮上の兆しがなく鳩山総理、小沢幹事長の金銭問題の追求のみ聞こえてくるが国民にとって最優先事項ではない。
このままでは日本のみ世界から取り残されてしまう。

”ねずみを捕る猫はいい猫だ”ではないがこうなったら小沢主導でもよい。国民の生活がよくなるような政治を行って欲しいものだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

新年明けましておめでとうございます

本年も日本の浮上を信じつつブログを書いていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。
Fujia02


| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »