« 小沢一郎の限界 議員辞職必至 | トップページ | 小沢幹事長の進退で日本の行き先が決まる »

2010年1月29日 (金)

鳩山総理、施政方針演説

「いのちを守りたい」
のキャッチフレーズで鳩山政権の特色を強く打ち出し、政策も総合的にそつなくそれなりの内容であった。
しかし聞きながら高揚感や期待感がなく何か共感できない感じは多くの国民が感じた事と思う。

鳩山政権誕生から4ヶ月あまりの政権運営を見てきたからである。
大義名分や、アドバルーンと現実のギャップが大きく、いわゆる言うこととやっている事が違う場面を何度も見せられてきた。
政治と金問題、天下りの問題、暫定税率問題・・・・・などなど

特に普天間基地移設問題では日米同盟、沖縄県民感情、社民党との連立と複雑に絡み合い二転三転と方向がぶれ、指導力のなさからか閣僚のばらばらの発言にゆれ決断できないまま結論を5月まで先延ばしにしてしまった。
平野官房長官の、最終的には普天間に決着するかもしれないといわんばかりのゼロベース発言で、沖縄県民は名護市長選の稲嶺氏勝利で県外移設になると喜んだのもつかの間、また大きな不安に陥ってしまった。

鳩山政権に必要なのは世論調査にあるように鳩山総理の「言う事を約束どおり確実に実行する指導力と決断力」である。

小沢幹事長を取り巻く状況はますます厳しいものとなっておりいつ波乱要因になるかもわからない。

国民はあえいでいます。
政権交代で期待した国民を裏切らないためにも指導力、決断力を発揮して政権運営して欲しい。

|

« 小沢一郎の限界 議員辞職必至 | トップページ | 小沢幹事長の進退で日本の行き先が決まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>何か共感できない
 同感です。
 理念の綺麗な言葉が述べられても、現実とのギャップの大きさにしらけてしまいます。

投稿: ふる | 2010年1月30日 (土) 15時56分

spadeふるさん
小沢幹事長の件にまったく触れないのはいけませんね。
恐れている間は国民の支持は得られないでしょう。

投稿: Mugen | 2010年1月30日 (土) 21時29分

真意のほどは 私にはわかりませんがな マスコミを鵜呑みにすれば そのとうりかもしれんし いちご畑で靴のひもをさわるな もも畑でぼうしをさわるな その真実は本人しかわからんしのう 広いモンゴルの大草原で自分を羅針盤として生きてきた人間に狭い日本のまた狭い土俵の業に入れとゆうのもむりからぬこと 日本人が強くならねばのう貴乃花どの  北富士の村長も言い訳がなければ 男だつたのにのう おおやるではないかと思いましたが 言い訳聞いたら ただのゴマすりでしたな だれもかれもが シャキッとしてくだされや    梅林

投稿: | 2010年2月 6日 (土) 00時17分

spade梅林殿
朝青龍が大騒動の末引退しましたが多くの問題点が浮き彫りになりましたな。勿論本人の自覚に起因するものですが結局親方の指導不足、更に言うなら相撲協会の指導不足、放任無責任体質によるもので、本質は公益財団法人というものの国技の美名のもと興行収入最優先体質でしたな。
貴乃花が改革を掲げて理事に当選した新しい流れには是非期待をして日本人横綱中心の国技を取り戻して欲しいですな。

投稿: Mugen | 2010年2月 6日 (土) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/47420271

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総理、施政方針演説:

« 小沢一郎の限界 議員辞職必至 | トップページ | 小沢幹事長の進退で日本の行き先が決まる »