« 渡辺喜美の地域主権型道州制への取り組み | トップページ | 負けるな、高校生!就職内定率74% »

2010年2月18日 (木)

嗚呼、党首討論

久々のしかも政権交代後初の党首討論というのにまったく情けない限り。

谷垣総裁は国民が党首討論に期待していたものを理解できないのだろうか?

国民は許したわけではないが、繰り返される政治と金の問題にはうんざりしている。

鳩山首相も当事者であるためか、ただひたすら受身で身を屈めて嵐の去るのを待っているかのようだ。

政権交代にたくした国民の期待を裏切らないようにというが期待の内容を理解しているのだろうか。

普天間基地移設問題でも政府・与党は17日の沖縄基地問題検討委員会で、具体案提示の先送りを決めたが、
キャンプシュアブの陸上案をめぐって与党間で場外乱闘の様相。

進展状況を見ていると鳩山首相に地元とアメリカと連立与党を5月までに納得させる時間と指導力があるとはとてもあるとは思えない。進退問題必至になりそうだ。

民主党は病気で傷ついたな日本が一刻も早く回復する処方箋を真剣に考えて、否すでに考える時間ではない、実行に移してほしい。

|

« 渡辺喜美の地域主権型道州制への取り組み | トップページ | 負けるな、高校生!就職内定率74% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

党首討論失望しました。同じ事の繰り返し、もううんざりです。

投稿: ふる | 2010年2月18日 (木) 19時36分

ふるさん
谷垣さんには自民党の再生像も描けていないのでしょうね

投稿: Mugen | 2010年2月20日 (土) 21時30分

既に民主党は、国民を裏切ってますよ。日本人にあてたマニフェスト(公約)は守らないのに、外国人地方参政権を大韓民国民団との公約だと公言しています。
主権を一部とはいえ外国人にあげるのは、日本国民への背信行為に当たるのではないでしょうか?

投稿: はるね | 2010年2月21日 (日) 16時31分

spadeはるねさん、コメント有難うございます。
民主党が今なぜ外国人参政権なのかよく理解できませんが、慎重を期すべきだと思います。

投稿: Mugen | 2010年2月22日 (月) 17時32分

自民党も国民のことも ケロット忘れて 国会が先ですろうが そのあと喧嘩はゆつくり やつてくだされ 仕事もへつて金もなくてミルク代にもことかいてる おかあさんが沢山いなさるが そんななかに幼児虐待もそんざいするのじゃ 馬鹿な年寄りは子供手当などなくても 昔の人はりつぱに育つてきたとか その尻馬にのるばかそう 若造も いますな  今と昔とでは周りの状況がちがいかすろうが 私どもが小さいころにはおばあさんが 裏の猫の額ほどの畑で人糞で育つた野菜で子供手当なしで育ちましたとゆのが 年寄りの正しい言じゃろうのう 今 有機栽培とかエコやら節約 とゆうて 人糞やらし尿を畑にまいたら逮捕されますぞ今は何するにせよ金のかかることはかりじゃよ それは自民党が一番よう知つてるじゃろうが 政治と金にまみれてきた自民党が小沢さんがいいとはいわんがのう 国民のことが先ではななろうかな     梅林

投稿: | 2010年2月23日 (火) 22時33分

spade梅林殿
自民党は今日も一人審議拒否をしていますがいけませんな、
いずれにしても数で勝てないのだから議論の場で国民に自分たちの考え方を主張すべきだと思いますがな。
政治と金の問題を看過できないのはわかりますがいつまでもしつこいのはダメですな。長崎知事選のように国民が審判を下しますから。
本当に国民の事を先に考えないと自民党の未来もありませんな

投稿: Mugen | 2010年2月24日 (水) 23時17分

「民主党が今なぜ外国人参政権」ではなく、基本政策であり、結党理由でもあります。ですから、前回の選挙では、大韓民国民団の選挙支援を全国的に受けていたため、公職選挙法違反との指摘がありますが、残念ながら現行法では罰則規定に抵触しません。(改正議論の声は出ています)

現在約100万人の永住外国人の票を得て、政権を磐石のものにしたいのでしょうが、それは真に国民のことを考えているのでしょうか?

選挙管理委員や人権擁護委員(マニフェストの人権侵害救済機関創設のこと)のような非常勤公務員に外国人を採用可能にしようと、公明党と共に毎年熱心に、法案を提出しています。非常勤とは言え公務員になれば、手っ取り早く不法滞在を免れることが可能だからでしょう。

子供手当てについて一部の国民が求めたとしても、国家と国民の未来を考えたら、年間5.3兆円(一般会計税収37兆円に対して)もの予算を振り分けて良いものなのでしょうか?
国民の要求に迎合して国家を崩壊に導いたローマが良い例です。国会議員とは、未来の子孫のことを考えて時には国民を厳しく指導する必要もあるのです。

投稿: はるね | 2010年2月25日 (木) 04時22分

spadeはるねさん、コメント有難うございます。
>永住外国人の票を得て・・
民主党の選挙対策最優先が露骨過ぎて確かに国民のことを考えているとはいいがたいですね。
外国人の参政権については時期尚早と考えています。国民的議論になっていないし今はとにかく景気対策と行革を徹底してほしい、そういった意味でなぜこの時期にと思います。
子供手当てについては少子化対策として社会全体で子供を育てるという理念については賛成ですが考え方がフランスの受け売りでマニフェストを作った感がします。日本流にこなれた対策になっていないし、一律にばら撒くのではなく半分は子育ての環境整備に使ってほしいと思います。

投稿: Mugen | 2010年2月25日 (木) 22時35分

景気対策と行革ですが、どうも小沢先生の言うがままな状況で、一旦棚上げにしてから民主党詣で(陳情)をさせるのが目的のようです。景気対策らしいのは、反対・審議拒否していたエコポイントの拡充位しか見当たりません。気になるのは、減反政策を廃止して農家の戸別所得保障だそうですが、そんなに国家破綻をさせたいのでしょうか?(主食は全国で作ることで冷害時の不作被害を極小化できる)

子供手当てが少子化対策と言うなら、多少は理解できますが、民主党の議員は経済対策と言ってはばかりませんから困ります。懸命な親御さんなら子供の大学進学を見据えて貯蓄するでしょうから、その間、子供手当ては死蔵され経済から切り離されます。

貯蓄率にもよりますが、毎年の事なので銀行の利息負担となり、デフレギャップも広がることでますます不況になると思います。当然、税収も減りますから国家の運営に支障が出るでしょう。

少子化自体は、社民党が推進した男女共同参画社会基本法や男女雇用機会均等法こそ少子化を狙って施行した法案だと考えています。

投稿: はるね | 2010年2月26日 (金) 00時39分

spadeはるねさん
景気対策は目先の対策ばかりですが国家の成長戦略にのっとった10年先を見据えた景気対策を並行していかないと世界に立ち遅れていきそうです。
少子化対策は党派を超えて男女共同参画社会基本法や男女雇用機会均等法、更には少子化社会対策基本法を推進していかねばならないですね、人口の減り続ける国家に発展はないと思います。

投稿: Mugen | 2010年2月28日 (日) 17時47分

結局のところ、真新しい景気対策などそうそう出るわけではないのです。それそこ地道に将来を見据えたテーマに投資をするのです。民主党は、事業仕分けで科学技術の予算を削り、ノーベル賞・フィールズ賞受賞者から反対の記者会見があったのを記憶しています。

子供手当ては、短期(1年程度)の外国人労働者も対象であり、際限の無い友愛精神で、その扶養者(海外在住含む)でも対象だそうです。親子関係の確認はメール等となっており、そのまま施行されれば、海外孤児ビジネス(戸籍は日本特有の制度)が横行しないかと心配しています。

投稿: はるね | 2010年3月 4日 (木) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/47597412

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼、党首討論:

« 渡辺喜美の地域主権型道州制への取り組み | トップページ | 負けるな、高校生!就職内定率74% »