« 軸はないのか?民主党 首都高速の値上げ検討 | トップページ | 与謝野馨、自民党離党で新党立ち上げへ »

2010年3月26日 (金)

名古屋市 河村市長と議会大バトル

Untitled


Cimg40

名古屋市議会は河村市長が議員定数半減、議員報酬半減を打ち出し大騒ぎになっていたが、24日の本会議でで満場一致で議会改革案を否決したうえ、更に河村市長の公約であった10%恒久減税を1年限りとする修正案を
可決した。

50万票の支持を得て当選した河村市長もここにきて議会に押し戻されている。
確かに河村市長の主張は市民をひきつけたが市長には独断専行のきらいがある様で反対者も増えている。

しかし市長と議会のそれぞれの言い分を比較してみると市民に目が向いているのは明らかに河村市長といえる。
河村市長は議会の対応に激怒し、市長の支援団体は住民直接請求による議会解散に必要な署名集めに向け、活動し始めた。

地方自治は国と違い2元代表制において市民はリコールにより議会を解散できるため市長、議会、市民の今後の動きは注目される。

|

« 軸はないのか?民主党 首都高速の値上げ検討 | トップページ | 与謝野馨、自民党離党で新党立ち上げへ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに書きます。

名古屋に市議会については予想通りですね。自分の首を絞めるようなことを、決定するはずがない。国も他の地方自治も同じです。TVであるジャーナリストが言ってましたが、国会、県議会、市議会の待遇、議員定数に関することは、別の第三者の住民が決定権を持つ仕組みにするしかないでしょう。

よく、議員の政治活動にはお金が必要だと言ってますが、そんなこと言っていたら、いくらお金が有っても切りがない。
もし、少ない金額だったら、どんな影響があるのか?どんな政治活動ができないのか?その政治活動ができなかったら、政治にどんな影響がでるのか?
だれも、言わない。何とか節約しようと言う意見が全くないですね。これが、自分のお金だったら節約するだろうなあ。

10%減税も1年限りだそうです。
10%なかったら、何ができなくなるのか?
それができなかったら住民にどんな影響が有るのか?
影響のある住民は全体のどれくらいなのか?
我慢できないことなのか?(生死に関係ないことなど)
よく、「十分な住民サービスができなくなる。」と言いますが、そのサービスってなんでしょうね?
無ければないで、済んでしまうような馬鹿なサービスがたくさんありますよね。
例えば、「移動図書館」が復活しました。金額的には小さいでしょうが、何故復活したのか分かりません。確かに、利用している住民もいるでしょうが、それは全体の何パーセントなんでしょう。おそらく1%も居ないのではないでしょうか。そんな少数の人のために赤字覚悟で税金を使うのはどうでしょう。十分余裕があれば別ですが・・・。

名古屋だけでなく、
こういう税金の使われ方を思い切ってバッサリ削って行かなくて、「借金はするな」ではどうするつもりなのでしょうか?

住民も「あれがほしい。もっと作れ。」ではなく、責任を持ってよく考えてほしいですね。

「スポーツや科学技術にたくさん予算を付けろ」とだけ、無責任に言っている方が見えますが、全体の予算がそもそも赤字、借金なのですから、本当にほしければ、例えば「今すぐ必要ではない高速道路の工事を我慢するから、その予算を回してほしい」というのが本当だと思います。橋本議員や、優秀な学者にはそう言ってほしかったです。

「それは、政治家の仕事だろう。」

その通りです。しかし、もっと国民一人一人がよく考えて責任をもって意見を述べてほしいのです。

かつて、ケネディー大統領が言った有名な言葉で、「国が何をしてくれるかではなく、国のために何ができるか」

私も含め、日本国民が今考えなくてはならないことだと思います。もちろん、それに答えられる政治が有ってのことですが・・・。

日本人には無理なのかもしれません。残念です。

投稿: Toms | 2010年3月28日 (日) 01時36分

 名古屋市は、学生時代に住んでいましたので、その動きが気になります。
 市長と議会との関係は、ここまで来るとやはり解散しか無いのでしょうね。
 どのような形でも民主的な方法で市政の方向が決まればよいと思います。

投稿: ふる | 2010年3月28日 (日) 17時14分

spadeふるさん
市民は必要な署名を集めてぜひ解散にこぎつけてほしいですね。市民の政治参加が一気に加速するでしょう。

投稿: mugen | 2010年3月29日 (月) 07時36分

spadeTomsさん、コメント有難うございます。
確かに議員定数、待遇など自分たちに不利なことは決めるどころか逆に報酬、手当てなど
有利な決定は知らないうちに決まっています。
その点大阪の橋下府知事や
河村市長のやろうとすることには意味があると思います。
河村市長の市民の血税で食べさせてもらう役人や議員の報酬は多すぎるという発言には大いに共感します。
自分の金だったらという発想がないから役人や政治家は無駄遣いが平気になっているのでしょうね。
Tomsさんも税金の使い方についてコメントされているように責任を持ってよく考えなければいけないですね。
スポーツ振興でもっと予算をつけて欲しいという橋本議員もまず組織(スタッフや役員)が大きすぎて
実は選手に回る金が少ないということを改善してからであれば反対する国民はいないでしょう。

>私も含め、日本国民が今考えなくてはならないことだと思います。もちろん、それに答えられる政治が有ってのことですが・・・。

同感です。今の政治の混乱振りをみると政治家は国民を、また国の将来を本当に考えているのかと疑いたくなります。

>日本人には無理なのかもしれません。
そう言いたくなるのも無理はありませんが、本来は日本国民は優秀だと思います。政治家には物申し続けたいと思います。

投稿: Mugen | 2010年3月29日 (月) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/47904946

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市 河村市長と議会大バトル:

« 軸はないのか?民主党 首都高速の値上げ検討 | トップページ | 与謝野馨、自民党離党で新党立ち上げへ »