« 混迷、沈み行く日本 | トップページ | 菅総理誕生と新政権の行方 »

2010年6月 2日 (水)

鳩山総理辞任

今日、民主党の臨時両議院議員総会で鳩山総理が普天間問題、政治家と金の問題を理由に辞任を表明した。
昨年の麻生政権の二の舞の様相と思われたが最後に適切な判断をしたと思う。

昨年あれだけの国民の支持を得て政権交代をしたにもかかわらずわずか8ヶ月で退任せざるを得ない事態に至った責任は大きくやむを得ない。

辞任の演説は自身の国の将来のあり方と民主党の政策が間違っていなかった事についての考えを熱く語りその内容はすばらしいもので本来の政権交代で目指した方向に戻る事ができる予感がする。

考え方、思いはすばらしくてもいかんせん在任中の言動や、断固としたリーダーシップが見られなかったことは残念であった。

演説の中で印象深かったのはクリーンな政党に戻すため自らの辞任と同時に小沢幹事長と、小林千代美議員に責任を取るよう促した事で国民の気持ちもすっきりすると思う。

総理の辞任で民主党は一時的に混乱しそうだが政権交代で国民が求めた方向で出直してほしい。

|

« 混迷、沈み行く日本 | トップページ | 菅総理誕生と新政権の行方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

Mugenさん
>考え方、思いはすばらしくてもいかんせん在任中の言動や、断固としたリーダーシップが見られなかったことは残念であった。

私も全く同感です。何度も書いてますが、マニフェストの考え方、”最終目標” としては色々議論はあると思いますが、”間違っている” ものではないと思っています。
ただ、「今すぐできる」、「今すぐやります。」と簡単に言ってしまったことに問題があり、そのつじつま合わせのためにまた、おかしな発言、行動になってしまった。
また、その周りの党(民主党)もなかなか、内部で非難、修正でできなかった。小沢さんへの非難もできなかった。

「有言実行」はもちろん良いですが、無茶なこと言ってそれを無理に実行しようというのは論外です。
他にもあると思いますが、これが問題の根底でしょう。

あと、この鳩山首相の失敗で、
 「民主党はだめだ。」 -> 「政権交代はだめだ」
となることは絶対避けたい。政権交代によって得られる成果は国民に取って有益なものがたくさんあることを忘れ無いようにしたい。
しかも、今、自民党も内部で変わろうとしている。まだ、変わる可能性があります。いや、もっと変わってほしい。今元へ戻ってしまったら、自民党も昔のままです。

今度の、菅首相には期待したい。今度こそ、「これが民主党政治だ。自民党と違うんだ。」と言うところを見せてほしい。

投稿: Toms | 2010年6月 6日 (日) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/48522112

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総理辞任:

« 混迷、沈み行く日本 | トップページ | 菅総理誕生と新政権の行方 »