« 2月7日は北方領土の日 | トップページ | 日本の危機 »

2011年2月22日 (火)

ジャイアントパンダ来日

中東、アフリカ地区では反政府デモが続き政情不安と混乱が拡大している中、日本ではパンダの来日でお祭り騒ぎ。上野f動物園にはパンダの来園にあわせ夜中に70社190人のマスコミが押し寄せたと言うがマスコミの報道姿勢にはいつも疑問を感じる。
パンダは絶滅危惧種に指定されサンフランシスコ条約でその輸出入が禁じられ厚く保護されている。
パンダは地球上で1600頭しか生存しておらず繁殖能力が弱いので適切な措置がとられているといえる。
しかし中国から年間8000万円で借りているとなるとちょっと待てよと思う。
日中友好の架け橋、パンダ保護の共同研究と表向きにはもっともらしい理由があげられているが何か違和感がある。
中国にはODAで11億ドルも援助している。さらにGDPで日本を追い越すまでになっている。
なぜ中国は無償で貸与しないのか、石原都知事の言うようになぜ金を出してまで頭を下げて借りなければならないのか、大金を出しても入園料で十分ペイできる、おいおい商売なのか?
唯一意義があると思うのはパンダは非常に可愛いししぐさも愛らしい。子供達には是非見せてあげたい動物だという事である。
あくまでも自然の中でストレスなく生存させるという本質を見失わない事だ。

|

« 2月7日は北方領土の日 | トップページ | 日本の危機 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

先ずは 二ユージーランド 地震の被災者の方のお見舞い申し上げます 邦人の方々も大変なことになつておりますが 一刻も早い救出を願うばかりです  梅林

投稿: 梅林 | 2011年2月24日 (木) 01時12分

spade梅林さん
時を得たコメント有難うございます。
同じ思いで心配しています。

投稿: Mugen | 2011年2月24日 (木) 04時55分

ジャイアントパンダも子供の夢とゆうかくれ蓑にした日中友好にはなりましようが 今日の中国の報道官笑顔で余裕かましておりましたな始めのうちは 内心びくびくでしょうな なにせ次は中国ですからな中東の嵐は 誰にも止められない世の移ろい 民を皆殺しにしても国は成り立ちませんしのう しかし したたかさがかいまみえますな あの恋敵の女を壺に入れてなぶり殺しした中国女の情念が それにつけても マスコミインタビュアの愚問はいずこの国も同じですな ま よその家に上がり込んでお前はバカとはいえんしのう それにつけても じゃよ   梅林

投稿: | 2011年3月 3日 (木) 01時01分

独裁政権が崩壊していくこの世界の流れはとめられませんな、
特にインターネットの浸透で中国は次はわが身とわかっていてびくびくしているのは言われるとおりですね。
中国国民も馬鹿ばかりではないでしょう、ますます統制は出来なくなり矛盾が拡大するはずです。
日本企業はは経済優先で深入りしすぎないよう、いつでも対応できるよう準備をしながら進む必要がありそうですね

投稿: Mugen | 2011年3月 5日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/50943538

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアントパンダ来日:

« 2月7日は北方領土の日 | トップページ | 日本の危機 »