« ジャイアントパンダ来日 | トップページ | 前原誠司もここまでの男 »

2011年2月27日 (日)

日本の危機

日本の政治的行き詰まりはもはや日本国債の格下げにまで及び世界に知れるまでになっている。
小沢系若手議員16人の会派離脱、松木農水政務官の辞任で学級崩壊と揶揄されるほど菅総理の党内掌握及び管理能力がないことは明白になった。
もともと、菅総理は小沢ぎりで支持率アップをもくろみ、目先の功をあせるあまりの迷走ぶりを見ていると底が浅く読みも浅すぎた。
小沢一郎は政治的生命を絶たれそうになって、肩を持つわけではないが小沢グループの反撃は当然のことといえる。
小沢一郎の政権交代を実現させた功績は大きくまだまだその実力を維持し評価も高い。(後述参照)

いまや今年度予算と関連法案を成立させる為には菅総理の退陣、亀井静香の一時的救国内閣の提案など極端な意見まで出始めている。
菅総理はいつまでも政権維持に固執することなく自らを客観評価をし国民のためにとるべき道を考えるべきであろう。
野党特に自民党もチャンスとばかり政局に走ることなく経団連の米倉弘昌会長の「国会議員は税金を払っている国民のために何もしていない。給料泥棒のようなものだ」という言葉を重く受け止め、
政治家として党を超えて日本の危機打開のための行動をとって欲しい。

あまりにも異常な菅政権とマスメディア、官僚の振る舞い。
真に日本を変えたいとの思い、アメリカの言いなりになる日本を変えねばとの思いなのに、小沢氏がなぜあそこまで叩かれるのか?
それはアメリカの有無を言わせぬ指示と、その通りに動いて良い思いをする利権集団が、その存在を否定されるからであろう。
マスメディアに洗脳されて思考停止した国民が多い中、オランダ人の教授があえてその異常さを指摘しているのである。

カレン・V・ウォルフレン教授へのインタビュー
http://www.asyura2.com/11/senkyo108/msg/550.html

|

« ジャイアントパンダ来日 | トップページ | 前原誠司もここまでの男 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日の与謝野大臣の答弁 とても感動しました よくもこんな人に投票した 日本人がいたもんだと 本人はわるくない それだけのペテン氏だと それに投票した非国民がわるい票をかえせといつてください まるで人間の答弁ではない なさけない 立場がちがえば 犯罪者の世をはばかる答弁じゃよ 世の見識ある皆様はどうおかんがえかな あの 股倉劫薬 のようなかんがえを世の先生がたは正しいと子供たちにおそえることができますか 梅林

投稿: | 2011年3月 5日 (土) 03時11分

与謝野馨が、鳩山前総理の母親からの子供手当てを追及したとき、平成の脱税王とののしったがまるでやくざそのもので品がなく柄の悪さが記憶に残っています。
なりふりかまわず自分を正当化する卑しい男を呼び込んだ菅総理も同じ穴の狢か?
それにしても前原大臣の献金問題はたちがわるい。民主党は政治と金の問題でクリーンさを主張してきたが言う事とやることはまったく違い自民党となんらかわらずいまや民主党は政党の体をなしていない。
国民の政党支持は低下するばかりです。

投稿: Mugen | 2011年3月 5日 (土) 22時01分

ああ前原大臣 馬脚が どこの国の人からまいないをもらわれたのかのう おぬしも わるじゃのう それこそ 秘書がしたことゆえ 今までの事はなんだつたのですかな 正義漢の固まりのような言は 辞めればすむことではなかろうのう つまびらかにせねばなるまいのう 一般人の売国奴とは責任の度合いが違うのであるからしてのう 国民は辞めることでいさぎよしとゆうバカばかりはいないぞえ その声で とかげ食うかよ ほととぎす きおつけなされよ れんぽう殿        梅林

投稿: | 2011年3月 7日 (月) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/50983370

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の危機:

« ジャイアントパンダ来日 | トップページ | 前原誠司もここまでの男 »