« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

国民的スポーツは野球からサッカーに移った

29日東日本大震災の復興支援のサッカーのチャリティマッチが開催された。
日本代表チームとJリーグ選抜チームの試合は2:1で日本代表が勝利したが
主役はやはり44歳のキングカズであった。
Jリーグ選抜の1点は三浦カズがたたきだしたものでカズダンスに会場は沸きあがり
みんながひとつになった瞬間であった。
年齢を感じさせないがんばりは被災地にも勇気を与えるもので
カズは試合後にも元気を与えられてよかった。サッカー界挙げてこれからも支援していく
とのメッセージを送った。
日本サッカー協会、はこの試合や募金活動で集まった義援金2230万を寄付している。

連日の復興支援のAC広告でもニュースでも海外組内田選手や長友選手や本田選手や
小笠原選手をはじめJリーグの多くの選手の活動が報じられている。

今回サッカー界の動きは早く大きな影響を与えているのに比べプロ野球界は
一部の選手にとどまっている。
プロ野球界として足並みがそろわず特にセリーグ首脳は自分たちの発言や行動が
国民の感情と大いに相違しており復興支援枝への取り組みの弱さを反省して欲しい。

Jリーグは地域密着でここまで発展したがいまや国民的の人気は野球からサッカーに
移ったといえる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

菅総理のリーダーシップに疑問

今回の大震災で国家総力を挙げて対策にあたる次期なので批判は控えるべきと思う。
しかし菅総理の引きこもりとも思える行動が心配だ。
国民に顔を見せる機会がほとんどなく枝野官房長官より総理の復興へ向けての力強い言葉が必要な時だ。
にも拘らず時折見せる姿は目がうつろで自信喪失してうろたえているようにも見える。
仙谷氏を官房副長官に起用したり馬淵氏等を総理補佐官に任命してとにかく回りに人を集めようとするが強いリーダーシップがないと効果は薄い。
党も政府もそれぞれ頑張っているのだろうが司令塔不在で意思統一、連携が不十分な為国の方向性が見えていない。
党内で菅総理のリーダーシップが期待できないと思っているのではないかと非常に危惧する。
マスコミ、評論家なども公然と菅総理退陣を言い始めている。
この事態を以前からリーダーシップがないと言われてきた菅総理に委ねておいてよいのか
改めて大連立、救国内閣を考えねばならないと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

勘違い男、東国原英夫、予定通り都知事選出馬

東国原英夫が都知事選出馬を表明した。
あらゆる可能性を排除しないと嘯き続けていたがいち早く津準備を進め事務所も借りていた。
宮崎知事時代の途中からタレントさながらテレビのバラエティ出演を続けながら資金をためていたのだろう。

宮崎をどげんかせにゃいかんと鮮烈デビューしたときは大いに期待したものだ。
しかし地鶏のセールスをきっかけに宮崎の知名度があがり経済効果が高くなり人気がたかまるにつれ勘違いが始まった。
期半ばにもかかわらず国政に目が移り宮崎をどげんかせにゃいかんというのが嘘だとわかった。
大阪の橋下知事が大阪を何とかしようと必死にがんばっているように宮崎にもやるべきことが山ほどあったはずだ

衆院選の勧誘に来た自民党の古賀氏に「私を総裁にする気がありますか」という言葉が妙に耳に残っている。

宮崎にいたらダメだ国から地方を変えなければと詭弁を弄していたがそれならなぜ同じ立場の知事である都知事選出馬するのか説明がつかないだろう。

要は強烈な権力志向の目立ちたがり屋といえば解りやすい。
ちなみにある姓名判断によると前半好調、後半破滅型とあったが妙に符合するように思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

東日本大地震  村上龍の希望の種

作家の村上龍さんの東日本大震災についての投稿が「ニューヨーク・タイムズ」に掲載されました。

彼は、自らの小説で、中学生が「この国には何でもあるが、希望だけがない」と演説する場面を引き合いに
「今は逆のことが起きている」と指摘し、そして、「地震と津波が多くの生命を奪ったが
、繁栄におぼれた私たちが希望の種を再び植えたと私は信じる」と言うものでした。

このニュースは非常に強く私の心を捉えました。

今の世界は利益至上主義社会の中で欲が前面に出た争いの、また精神的に荒廃した世界と感じていましたが、人間が本来持つ良さを取り戻した行動が、世界のいたるところから起こり激励支援の輪が日に日に広がっています。

日本人の我慢強さ、団結力が復興へ向けて力強く歩み始めたと感じ、まさにこれが希望の種だなと解釈しています。
印象に強い例をあげると
先進7カ国(G7)が18日、野田財務大臣の訴えをうけ円売りの協調介入に踏み切ったが
今の日本に円高で更にダメージの追い討ちをかけてはいけない、東日本大震災と原発の事故に乗じた投機筋の仕掛けを許してはいけない、世界は安定した為替であることが必要との強いメッセージが示され、「当面、過度の円高に歯止めがかかる」方向に転換しています。
この世界が日本のために強調したということは、日本がこれまで世界に貢献したことが評価された結果だし
日本はまだまだ世界から注目され重要視されていると言うことだと思います。
義援金では
日本ハムのダルビッシュが5000万円、更にメジャーリーグマリナースのイチローが1億円を寄付しましたが
国民に与えるインパクトは大きく一気に義援の行動が拡大すると思う。

まだまだ原発も気がかりだし、甘いことを言っている場合ではない状況ですが

ボランティアの頑張り、計画停電、節電への国民の協力などなど国民の気持ちが復興へ向けてひとつにまとまりつつあるのも希望の種だと思う。

最後に改めて震災でなくなった方々には哀悼の意を表すると共に被災され苦しんでいる方々には心から頑張って欲しいと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

ナベツネ、セリーグを強行開幕

東日本大震災後のこの状況の中、ナベツネこと渡辺恒夫は,パリーグは勝手に開幕すれば良い
セリーグは予定通り開幕するという。
政治ほか何かにつけ口を挟むナベツネはフィクサー気取りかもしれないが傲慢で、独善的で、利己的な
態度はもはや老害である。
新井選手会長が選手を代表して延期を提案しても、東京ドームが5000~6000世帯分の電気を使う事も承知で
プロ野球で国民を勇気付けるという理由で強行しようとする。
プロ野球はすばらしい国民的スポーツだからやめろというのではない。パリーグと協調して適当な時期に
適当な方法でやる方法を考えたらどうかというだけだ。
一方高校野球春の選抜は被災地の高校の出場意欲も強く派手さを控えて予定通り開催するという。これこそ
勇気を与える意味もあり賛成だ。
ナベツネは大批判に早晩延期する事を発表するに違いないが、このような思想の持ち主がトップで老害を
撒きちらす読売新聞は読む気がしないし読者を大幅に失う事になるだろう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

3月19日 スーパームーン

3月19日はスーパームーンといって19年ぶりに月が地球にもっとも近くなる日という。
NASAによると、月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、30%も明るく見えるとのことなの是非見てみよう。(翌日20日は満月)

スーパームーンの時には一部に「地震や火山活動を引き起こす恐れあり」という連中がいて実際に2004年12月に発生したスマトラ島沖地震(マグニチュード9.3)は、スーパームーンの2週間前に発生。1974年12月に発生し、オーストラリアの「トレーシー台風」も、スーパームーンの時期と重なっている。
今回の東日本大地震もスーパームーンの前で妙に符合するからまさかと思うが実は天変地異はその他のときにも関係なく起こっていて偶然の符合だ。
ともかくスーパームーンという現象があるのを知って月が地平線に近いところがおおきく、明るく、幻想的に見える月を見るのも楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月15日 (火)

東日本大地震の義援、ペヨンジュンら次々

大地震で非難している人たちや、目の前で親、妻、夫、子供などが流されたり行方知れずになって
嗚咽する人の姿をテレビで見るたびに悲しく胸が締め付けられる思いがする。

ボランティアで被災者の世話をする人たちや、規律正しく整然と列を作り支援物資や食料を待つ人たちをの姿を見て
世界からは忍耐強く、必ずや復活してきた日本人を賞賛する声が多く、次々と支援の表明を聞くと日本人として
うれしく日本人のよさが再確認され誇りに思う。

2011031500000031sanspo000thumb_4


そんな中、よん様、ことぺヨンジュンがいち早く10億ウォンの寄付をし韓流スターたちが続いている。
ペヨンジュンは新潟地震のときもいち早く寄付をし、立派な人だと思う。
日本人のスターでは杉良太郎が目立たないが常づね寄付や支援活動をしているのが印象に残っている。

みのもんたや、島田伸介がいくらそれらしいことを言っても自ら大金を寄付したという事は聞いた事が
ない。

地震の翌日尾道だったと記憶しているが、高校生が何か自分で
出来ることはないかとインターネットで呼びかけ募金活動しているニュースを見たとき高校生ながら
立派な行為で名かなkできることではない。

2011031400000019maip000thumb_4
ユニクロの柳井社長は個人で10億円という大金を寄付したが、もはや世界の一流人といえる立派な人物と思う。

多くの人が可哀想だ何かしてあげたいと感じるが、実際にすぐに行動出来る人は少ないとおもう。
私もこれらの人に習いわずかばかりだが寄付をしようと思う。

被災者の方には寒さの中、空腹な中、絶望の中是非頑張って欲しいと切に願う。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2011年3月 7日 (月)

前原誠司もここまでの男

前原外相が自らの政治資金問題で電撃辞任した。
脱税者からの献金、禁止されている外人からの献金と内容を見れば当然だろう。
しかし政治と金の問題では自民党をあれだけ攻撃しクリーンな民主党を標榜してきた割にはお粗末過ぎる。

かって偽メール事件で民主党代表を辞任し、政権交代後与党になって国交大臣、外務大臣と歴任してきたが
その足跡をみるとあまりにも浅く軽く信頼感にかける。

今後の予算審議に支障のないようにと早々と辞任したが泥舟から逃げ出す感もありしっくりしない。
さらに辞任しても野党は首相の任命者としての責任、政権の担当能力の欠如などますます攻撃の手を強めるだろう。
前原外相は次の次を狙っているつもりだろうが総理の器でないことが明白になってしまった。
菅政権はこれでもはや完全に行き詰まりまた混迷の政局に突入しそうで何が起こるかわからない。
国民の不幸はいつまで続くのだろうか

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »