« 菅総理、辞めなさい | トップページ | 今日(26日)の国会中継 »

2011年4月20日 (水)

今日は穀雨

4月20日、今日は二十四節気の「穀雨」。(清明→穀雨→立夏)

「穀雨」とは、「雨が降って百穀を潤す」という意味からきている言葉で、この時期はやわらかい春雨が降る日が多くなります。
穀雨が終われば、季節は夏に向かい、 気温も 初夏の陽気に近づいていきます。

やさしい恵みをもたらすのも自然。
地震、津波の災害も自然。

我々は自然を忘れた、いや自然を捻じ曲げる行いをすることがある。

自然を畏れ、敬い、感謝する心を忘れず自然に寄り添いながら生活の営みをすることが大切だと思う。

|

« 菅総理、辞めなさい | トップページ | 今日(26日)の国会中継 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Mugenさん、本当ですよね。日本の自然、四季は本当にすばらしい。
そして四季に合わせて、農耕民族である日本人は自然と上手く付き合って来た。

しかし、
地球温暖化、都会のヒートアイランドなど人工的な要因で自然がおかしくなってきています。

どこかの知事が「天災」と言ったそうですが、あながち間違いではないかもしれません。自然の怒りだったかも。ただ、それが素朴な東北の漁村でなくても良かったのに・・・。

原子力に関して言えば、ある学者が
 「原子レベルとなると地球のみならず、この宇宙の起源に通ずる。言わば”神の領域”に近づくことになる。そんな物を人間ごときが自由に扱うなど、恐れ多いこと。やってはいけないこと。」と言っていました。

本当にそうかもしれません。

すみません、ちょっと宗教的になってしまいました。
しかし、神が存在するのならすがりたい気持ちでいっぱいです。

投稿: Toms | 2011年4月26日 (火) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/51442729

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は穀雨:

« 菅総理、辞めなさい | トップページ | 今日(26日)の国会中継 »