« 国民的スポーツは野球からサッカーに移った | トップページ | 菅民主党にNO!統一地方選挙大敗 »

2011年4月 4日 (月)

福島原発の作業員の皆様に感謝

福島原発は今放射能に汚染された水が海に流れ出ているということで必死の対策が採られているが
どうも泥縄のようで不安がぬぐいきれない。
このところ原発の被害について次々に新たな脅威が発見されて慌てて対策を立てるようなことが
続いている.
大地震のあと、亀裂や水もれなど想定されることだが、なぜ次々チェックしていないのか
適切な対応がされていないのか疑問だ。

そんな中現場で日夜必死な復旧作業に当たっている人たちを忘れてはならない。
アメリカ在住のブロガーのブログに掲載させている記事を紹介します。

”旭川市の第2師団第2特科連隊から災害派遣されていた50代前半の曹長が、初めての休養中に体調の異常を訴え,病院で死亡。
20日間、ぶっ通しで働いた末の殉職です。政府は隊員を休ませる手を打ってほしい。合掌。”

”Fox Newsによると、ある32歳の福島原発作業員の母親によると、「私の息子らは現在の深く話し合い、国を救うために死ぬ覚悟がある」
「被曝か長期的ガンによっておそらく皆作業員は命を落とすことになる」と話したという。
マスコミの報道では「放水作業」とか「汚染水除去作業」とか簡単な言葉にしか聞こえないが、被曝環境下での作業は困難を極めます。
この福島作業員の手がなければ、電源復旧や冷却機能復旧作業も進まない。「日本を救うため」決死の覚悟で仕事をする作業員の方々には
頭が上がらない思いです。一刻もはやく原発が復旧作業が成功することを祈ります。
本当にありがとうございます”

”「原発作業員は日本がパニックになるのを最小限に抑えるためにメディアや家族に詳細を話さないよう上司に言われている」”

”父が明日、福島原発の応援に派遣されます。
半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。
「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」
家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思った事はありません。
無事の帰宅を祈ります。”

|

« 国民的スポーツは野球からサッカーに移った | トップページ | 菅民主党にNO!統一地方選挙大敗 »

社会」カテゴリの記事

コメント

我々(この場合日本人)の繁栄は、多くの人の犠牲の上に成り立っている。
太平洋戦争では敵味方で多くの犠牲者を出し、今日の日本の発展につながった。今回の震災も多くの住民の犠牲におかげで、今までの災害対策を反省し、今後の対策の必要性を示してくれた。

原発も同じで、多くの東電社員(現場の)、下請け、自衛隊など、必死に対応してくれている。確かにそれが仕事であり、東電など自業自得とも言えるかもしれない。
しかし、
特に東電に限って言えば、原発計画時期の馬鹿な上層部、それに荷担した議員、メーカーのおかげで、つらい思いをし、これからガンになるかもしれない恐怖と付き合って行かなければならない。

私も経験していますが(もちろん生死に関わるような危険な職業ではありませんが)馬鹿な経営陣のおかげで”尻ぬぐい”をさせられたことがある。
しかし、雇う側としては、”文句があるのなら辞めろ” と言うことになる。現行の施設では危険と解っていても家族のため生活のために文句も言わず、一生懸命東電にために働いて、いざ事故になると、今度は命を掛けてそれを収束しろと言うことになる。

電力会社、国会議員、メーカ―の利益のために犠牲になっているのです。しかし、それは自分が選んだ仕事でもあるのです。私は涙が出て仕方ありません。すごく悲しいです。

ちょっと前に 東京都のレスキュー隊への暴言と言うことで非難囂々でしたね。どういう場面で言ったのか正確な状況は解りませんが、あれは状況によって言ってもいい命令だと思っています。
ただ、作業終了時に”労をねぎらう” 言葉が必要だっただけです。
「”原発を早く何とかしろ”、”責任をとれ” と言っていることは生死をかけて作業してる現場の人間に同じことを言っているのと同じであることを解っているのか!」
と言いたい。

私たちは、震災犠牲者や、原発作業に関わった方の犠牲を無にしてはならない。 それが運良く残された者の義務だと思います。それしかありません。

投稿: Toms | 2011年4月 6日 (水) 17時19分

そうですな 昔の大本営 幹部たちは弾のとんでこんところでとんちんかんな作戦をたてて 失敗は現場に いまも変わらんですな 東電 電気や は利益経費のつけたうえで電気料金きめて 殿様商売 独占企業 世界中で日本の電気代が一番高い もしこの先税金をつぎ込むことあらば 社員のリストラ 給料の半減先ずはそれからじゃ 政府は放射能あびてもこのレベルでは すぐには人体に影響ない と謎めいたおそろしいことをいい それでも現場では 若者はいくな この年寄りが代わりたいぐらいじゃよ 被ばくの発症するころには 寿命じゃて 年寄りはじゃま そうじゃな   梅林

投稿: 梅林 | 2011年4月 7日 (木) 13時24分

多くの人の犠牲の上に それを称して人柱行政ともいいますな 昔から強電にはバカが多く 弱電の八木博士などはなくそあつかいでしたものな 今の携帯もテレビも弘前の八木先生のおかげなのにのう 今や電気に関しては原子力ぬきには語れんのじゃが 水力も自然相手じゃしな 風力は物の数ではござらん ましてやソーラ―となると夜は梅雨時は 火力は二酸化炭素をゆずつて新しい天然ガスこれもこれからの話 八方塞がりですな 学者の先生方なにか良い知恵はござらぬか また どこぞに後藤新平殿はおられぬか    梅林

投稿: 梅林 | 2011年4月 7日 (木) 18時27分

単純バカが原子力止めろとかほざいておつたが 山の中でランプかなんかで生活してる人間がゆうならまだしも 都会の中でしこたま電気をつかう人間がなにをほざくか 原発の作業員の皆様御苦労さまでございます と先にゆえ 梅林

投稿: 梅林 | 2011年4月 7日 (木) 18時41分

さすが 羽田沖以来 私の崇拝する 柳田先生 じゃのう 想定外とゆうが 人知をこえたものではないと 原発は経済性と安全性の線引きの仕方だろうと そうですな 折り合いじゃが 自家発電プラントをちょつと高い所におくことがそんなに金のかかることじゃろうか ま電源だけが生きていてものう 御巣高山のおりパイは何もわかつていなかつたのだから 客室に見せるカメラを主翼端かなんかに着けて尾翼をモニターしろと 提案したのじゃが あれからカメラは豆粒ほどになつたのじゃが 今はどうなんじゃろう 柳田先生もとしとられたな あのころは 山名先生も木村先生もですな     梅林

投稿: | 2011年4月11日 (月) 23時30分

ああ今頃電源ユ二ットを高いところに 電線の取り回しだけの問題だろうに はなから高いところに 東芝の設計かな 日本全国の原発にいえますな なにトレンチの水が増えたそれは原子炉にさしてる水がリークしておるな だつたらどこぞにくんでもしょうがない 原子炉にもどしなはれ テンポラリーの循環を形成しなはれ それでたらないぶんだけの 水をたしなはれ なんでもかんでもくむことばかり考えて と 素人はもうしております      梅林

投稿: | 2011年4月14日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/51297102

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の作業員の皆様に感謝:

« 国民的スポーツは野球からサッカーに移った | トップページ | 菅民主党にNO!統一地方選挙大敗 »