« このような次期に総理を変えるな、は本当に正しいのか | トップページ | がんばろう、日本 »

2011年6月 3日 (金)

いさぎ悪し菅総理。茶番劇国会

なんとも中途半端な形で菅総理の不信任案が否決された。
菅総理は辞めるような発言をしたものの岡田幹事長のやめるとは言っていないと言う発言に意を強くしtのか一定のけじめをというあいまいな表現でまた延命しようとする。
鳩山前総理は阿吽の呼吸で二次補正後、やく1ヶ月後にやめると判断したのだろうがしたたかな菅総理へのつめが甘くだまされたと思っているだろう。
これではこれからさらに見苦しい争いが繰りひろげられさらに政治的混乱がまし死に体内閣での空白が続く事になる。
西岡参議院議長の参議院も対立は激化し結果として復興が遅れる事になると思う。
野党はすっかり肩透かしにあい馬鹿にされたようで歯軋りしているに違いない。

ひとつ気がかりな事がある。
それはマスコミの報道姿勢だ。
この震災復興の時期に政治家が政局に明け暮れるときではないという空気を作っている事で、被災地でのインタビューは全てこの考えの下に報道されている。
本当にやめるべきであったとの反対意見はひとつもないのだろうか、
被災地でも福島原発の対応の悪さ、遅さ、生命を軽視した20ミリシーベルト、計画的避難、津波で流され避難生活を余儀なくされている人たちへの義援金の配布、瓦礫の処理、仮設住宅の遅れなど菅総理に不満を持っている人も少なからずいるはずと思う。
時期はともかく菅総理にやめて欲しいと思っている国民は世論調査で約7割に達していたはずである。

犠牲を伴うが与野党力をあわせて国難に対処しさらには新しい政治体制へと変化する機会であったと思うので残念ある。

|

« このような次期に総理を変えるな、は本当に正しいのか | トップページ | がんばろう、日本 »

コメント

久しぶりに書きます。
Mugenさん私もあきれてます。

なぜ、菅さんは世間の目を無視してまで首相の座に居たいのか?
わかりませんねえ。こんなにボロクソに言われて平気で居られる人間は信じられません。ま、そんな人間だから政治家やっていけるのかもしれませんが(笑)
今回の震災、原発対応でも民主党内でも色々助言しているようです。それを全然聞かないと言っています。なぜなのか?全然解りません。

さて、今回の不信任案ですが、
解散総選挙が実際出来ない事は解っています。と言うことは、菅内閣の総辞職しかありません。しかも民主党内でも菅総裁、菅首相に代わってほしいと思っている人が多いようです。いや思ってもらわないと本当に民主党はおかしい人間ばかりということになります。
つまり、与野党を逆転する選挙が出来ない以上、民主党は自ら党首(首相)を替えることをすべきなのです。それが出来れば野党が出した不信任案に賛成する必要はないのです。
国民が直接首相のリコールができない以上、選挙で選ばれた党の責任なのではないでしょうか。

まともでないのは、菅さんだけだと民主党は自らを正して欲しかったのですが・・。

投稿: Toms | 2011年6月 4日 (土) 18時51分

本当に何を言われても総理の座にしがみつく姿勢は理解しがたく誰が菅を総理にしたんだといいたくなります。
さすがにこのような国益に反する行為に非難が集中し週が明けると一変して岡田幹事長をはじめ枝野官房長官も退陣を促す発言に変わり政治家の言うことのいい加減さを思い知らされました。
もはや菅総理が一国も早く辞めて新しい体制で国難にあたってほしいものです。。

投稿: Mugen | 2011年6月 7日 (火) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いさぎ悪し菅総理。茶番劇国会:

« このような次期に総理を変えるな、は本当に正しいのか | トップページ | がんばろう、日本 »