« 民主党のメルトダウンで国民も不幸 | トップページ | 菅総理 ついに観念 »

2011年8月 3日 (水)

日本が大変なことに! 原発処理問題

日本が大変なことになっている。

稲わら汚染から国産牛の汚染が進み昨日は栃木県も出荷停止となった。
静岡のお茶から放射能が検出されその拡散の広さに驚いたものだがいまや主食の
米の汚染が心配されている。

野菜、果物、鶏肉、豚肉、魚介、海草とすべてのものの汚染が拡大し続けていることは想像に難くない。
日本の食料そのものの危機と生産者のダメージを考えると大変な問題である。

また子供への被爆が心配され各地で土地の除染問題が取りざたされているが気の遠くなるような問題である。

福島原発から計器が振り切れるほど過去にない高濃度の放射線量が計測されたとの報道があった。
よく考えて見ると福島原発の処理はメルトダウン以降何も進んでないし根本的解決は何も示されていない。

大量の冷却のための汚染水はどうなったのだろう、地下に染み込んで地下水に流れ込んだら、また海に流れ出ることはないのか、実際すべて推測で本当のことは誰もわからないという。

放射能の拡散を防ぐため福島原発の建屋自体を覆い隠すという話はどうなったのだろう。

放射能が拡散し続けていることは想像に難くないしまだまだ色々な問題が起こりそうだ。

最も国民にとって不幸なことは情報の隠蔽、後手後手の泥縄的対応の国が信頼できなくなっていることだ。

先の国会でも、内部被曝の専門家であり、除染活動にも従事している児玉龍彦教授(東大先端科学技術研究センター) が
官邸、国会は一体何をしているのかと満身の怒りをこめた意見を述べている。
良くぞ言ってくれた、児玉教授の勇気ある発言にエールが巻き起こっている。

とまれ、今でも原発内で作業に従事しているかたがたには感謝と敬意の意を表し、被爆には
くれぐれも留意して頑張って欲しいと願っています。


|

« 民主党のメルトダウンで国民も不幸 | トップページ | 菅総理 ついに観念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なんだか 悲しくなつてきますなあ 孫らの為 いわゆる 日本の未来のためじゃよ 盆栽のハサミを持ちかえた 年寄りは いいんじゃが 来てみれば 不景気のおり20代30代の若者が沢山おるんじゃよ 電気をしこたまつかうから罰があたつたんかのう わしが子供の頃は パソコンもテレビもエアーコンも携帯もなかつたから水力と火力でまにおおとつたんじゃろうが 現代人はそれらがないと死ぬよりつらいでしような とゆより 現代が成りゆかんのが現状でしょうなあ 原発の中に身を置けば多かれ少なかれ確実に被爆します 20キロ圏外や30キロ圏外の比ではありませんのう そんな中若者達の体力もひつようですなあ いまの時点では 軽はずみなことは いえないのが 現状ですなあ  線量のたかい所はこの年寄りが 今言えるのはこれぐらいか 梅林

投稿: 梅林 | 2011年8月 8日 (月) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/52379689

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が大変なことに! 原発処理問題:

« 民主党のメルトダウンで国民も不幸 | トップページ | 菅総理 ついに観念 »