« 野田内閣発足 | トップページ | 五輪出場決定!なでしこジャパンの佐々木監督にあえて苦言 »

2011年9月 6日 (火)

野田内閣に公務員宿舎建設を問う

野田内閣の支持率が予想以上に高い。
菅内閣に辟易していた裏返しともいえるし,どじょう演説の訴えもよかったのだろう。

しかし11人も初入閣で未知数のうえ早くも一川防衛大臣の素人発言なども飛び出しているが、
とにかく新内閣には期待したいし期待するしかない。

それでもこれからやることについては国民はよくチェックしなければならない。

事業仕分けで凍結されていた埼玉県朝霞の米軍基地跡での公務員宿舎建設はいつの間にか凍結解除され
9月1日に着工したと報道された。
事業仕分けは民主党が唯一国民的支持をうけたものであったにもかかわらずドサクサにまぎれたこの決定は許しがたい。

官僚の仕業と思うが、官僚の国益を無視し省益のみ考える姿勢は高学歴で頭は良くても人格を疑わざるを得ない。
この災害復興の財源不足で増税が言われているときに公務員宿舎が優先的に必要かどうかは子供にもわかる。
公務員たるもの本来は自らは我慢しても国民を優先して考えるべきであろう。

更に重要なことは凍結解除を了承した時の財務大臣は、このたび新しく総理大臣となった野田佳彦氏だということで
野田総理の本質が総理になりたい名誉欲か本当に国を良くしようと思っているのか問われていく。

蓮ほう行革相もこの公務員宿舎建設を再凍結しなければ事業仕分けも単なるパフォーマンスだったことになる。

|

« 野田内閣発足 | トップページ | 五輪出場決定!なでしこジャパンの佐々木監督にあえて苦言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田内閣に公務員宿舎建設を問う:

« 野田内閣発足 | トップページ | 五輪出場決定!なでしこジャパンの佐々木監督にあえて苦言 »