« 野田内閣に公務員宿舎建設を問う | トップページ | 前途多難 野田内閣 »

2011年9月 9日 (金)

五輪出場決定!なでしこジャパンの佐々木監督にあえて苦言

なでしこジャパンが北朝鮮と引き分けたが中国がオーストラリアにやぶれて
ロンドン五輪出場が決定した。
まずはおめでとう、よかった、ご苦労様でした。

しかし勝って兜の緒を締めよではないがいくつかの課題を残した。

佐々木監督は国民栄誉賞を受賞し国民が期待し五輪出場は当たり前と思っている中での
重圧は相当なものがあったと思う。

そのせいで萎縮したのか北朝鮮戦で唯一といってもいいチャンスに
得点した後逃げに回ってしまった。
ロスタイムをあわせ7~8分残しているにも拘わらずコーナーキックでボールをまわせ、
キープしろと指示をしてしまった。

攻めることを放棄しコーナーでボールをキープする姿は美しくなく最後の最後までゴールを目指すのが
スポーツマンシップと思う。

攻撃は最大の防御といわれるようにやっと流れがよくなって得点できたので攻め続けるべきっただと思う。
ましてチャンスといわれるコーナーキックで自ら守りに入るのは疑問だ。

確率論からもボールをキープするということは大半自軍エリアで戦うことになり0点に抑えるか
失点するしかない。
攻撃すれば得点できるか0点か、失点かで失点の確立は低い。
昨日の試合もコーナーキックから攻め続けていれば失点することなく勝てていたと思う。

なぜあえて苦言を呈したかというとか韓国戦でも最後はボールキープの指示をした、確かに戦術としては
最後は時間稼ぎでボールをキープする事もありと思うが今後は是非やめて欲しい。

北朝鮮戦は引き分けたものの内容は完全に負け試合であった。
内容はともかく勝ち点を取ればよいと言う人もいるが、なでしこジャパンが目指しているものは
ワールドカップに続き、五輪でメダルを獲ることである。

明らかにパス回しではスピード不足で北朝鮮のほうが勝っていた。
また主力五選手を欠いても控えの選手が見劣りしないのもなでしこジャパンには学ぶべきところだろう。

なでしこジャパンには是非チャンピオンらしい強さと戦いかたを身に着けて五輪でメダルをとってほしい。

|

« 野田内閣に公務員宿舎建設を問う | トップページ | 前途多難 野田内閣 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪出場決定!なでしこジャパンの佐々木監督にあえて苦言:

« 野田内閣に公務員宿舎建設を問う | トップページ | 前途多難 野田内閣 »