« TPPは危ない 元通産官僚、現京都大学準教授の中野武志氏の緊急メッセージ | トップページ | すばらしき日本人 杉良太郎 »

2011年10月25日 (火)

橋下知事を応援

橋下知事が辞任し大阪市長選挙への立候補を表明した。
任期途中の鞍替え出馬に批判の声もある。
独善的で強硬すぎるとの批判もある。
しかし彼は今政治に必要なのは独裁と言い切る。
決断すべきときは決断せねばならないという事だろう。

要は今構造改革して変えて行かねばという強い思いとそれには強いリーダーシップが必要で協調融和路線では
改革は進まないと承知しているのだろう。
これまでもあえて敵を作りながらも思うとおりに突き進んできた。

反対派のこのまま突っ走らせるのは不安という思いは理解できる。
しかし大阪府民は支持率も高く強い推進力、発信力、リーダ-シップ、何かやってくれそうな、改革してくれそうな魅力を認めているのだ。

彼の進めていこうとしている政策は大いに納得出来る。
大阪都構想は大阪府と市の二重行政の無駄の排除
東京一極集中ではなく第二首都として東京の保管機能の必要性、
ハブ空港やハブ港など東南アジアにおける日本の地位さらに関西の浮上ももくろむ。
更に沈み行く日本を地方から改革し分権化を進めたいという意思もある。

都構想は国との連携や法律改正など簡単に進むような問題ではないが

長い間不毛な政治が続いている日本にあって、多少危うさはあるにしても発信力があり国政にも大きなインパクトを与える事が出来る人物として大いに頑張って欲しいと思う。


|

« TPPは危ない 元通産官僚、現京都大学準教授の中野武志氏の緊急メッセージ | トップページ | すばらしき日本人 杉良太郎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

橋本殿は頑張って欲しい 話しは変わるがの NHKの平均給与が一千万とは本当かの 日本のどんな企業もそれはないじゃよ 馬鹿な下脳人を使うて アカデミックな番組もやらんとのう NHKでやってる南極物語は面白いのう
次はどこぞで ジョン万をやりなはれ 真実に基づいて 勝も木村も船酔いでくたばっても咸臨丸を船位置航路も計算したのはジョン万ぞ シスコに着けば 万が作った米会話帳で金髪女をナンパしとったのは福沢諭吉ぞ 苗字もない万次郎を上手く使うておつたら 不平等条約は無かったろうのう ま NHKの受信料は500万以下の人にはいらん きがひけてとれんのう 人して 梅林

投稿: 梅林 | 2011年10月30日 (日) 23時13分

梅林さん、コメントありがとうございます。
NHKの給与がそんなに高いとは、
東電でも政府に関係深いところは高いし役人どもも皆自分たちに都合のよいように、有利なように決めていくのは腹立たしい限りです。
受信料も本当にに払うのがいやになっても仕方ないですね。

投稿: Mugen | 2011年10月31日 (月) 17時19分

テレビ業界はどこもそんなもんじゃないでしょうか?
会社四季報でも

朝日放送  (41.2歳)[年]1,383万円
日本テレビ (41.3歳)[年]1,333万円
毎日放送  (41.7歳)[年]1,144万円
テレビ東京 (44.4歳)[年]1,234万円

となっており、
NHKの1041万円、は平均年齢が同程度であれば、まあ、あまり高い水準ともいえないんじゃないでしょうか?

番組クオリティも、民放と比べて低いとも思えません。
受信料かスポンサーによる運営形態による問題だけではないか?などと思います。

投稿: テレビ業界はそんなものでしょう | 2011年11月17日 (木) 22時34分

”テレビ業界はそんなものでしょう ”さん、コメントありがとうございます。
具体的な数字を出していただき、確かにTV業界では高くないですが、22年のサラリーマンの平均年収は412万(男性では507.9万)から見るとやはり国民的立場からは高く感じるのはやむを得ないところでしょう。勿論高いことは決して悪いことではなくむしろそういった企業が増えるべきでしょうがやはり政治が悪く10数年も年収が下がり続けているのが問題です。
番組クオリティですが主張を持たない視聴率命の低レベルの民放と比べないでよい番組を作って欲しいと思います

投稿: Mugen | 2011年11月18日 (金) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/53074485

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事を応援:

« TPPは危ない 元通産官僚、現京都大学準教授の中野武志氏の緊急メッセージ | トップページ | すばらしき日本人 杉良太郎 »