« TPP反対の中野剛志に共感 | トップページ | あきれた提言型政策仕分け »

2011年11月12日 (土)

巨人清武球団代表、渡辺会長を糾弾

巨人に内紛が起こった。アンチ巨人にとっては面白い話だが、かねてからナベツネには不快感があったので
ここは清武球団代表に頑張れと言いたい。
渡辺会長は読売新聞社の盟主として過去の業績は誰しも認めるところだが最近は年寄りにありがちな独断に陥っている。
今年のプロ野球開幕の日程についてもひとり早期開催を言い顰蹙ものであった事は記憶に新しい。
俺を何だとおもっているんだ、とか俺がルールだという態度はもはや老害で見苦しい。

何かにつけ鶴の一声で捻じ曲げてしまうやり方に清武代表もこれまでずいぶん我慢してきたと思うがついに限界を超えたのだろう。

2年後に社長にするから全てを飲み込んでやれというナベツネの懐柔も聞かずマスコミを通じて球団を私物化するな、ナベツネはやり方を正しく変えて欲しいと訴えた。

最近では官僚の古賀氏が上司批判して首になったし,古くは神戸の牛肉冷凍会社が内部告発をしたため倒産してしまったという前例があったが,長いものには巻かれろ、出る杭はうたれる的な日本社会にあって勇気を持って物を言う事は意義があり必要な方向性と思う。

あのナベツネが黙っているはずはなく、周りも権力を恐れ沈黙し、結果的には清武球団社長は首になると思うが
首を承知での勇気ある姿勢は評価したい。

|

« TPP反対の中野剛志に共感 | トップページ | あきれた提言型政策仕分け »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/53228276

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人清武球団代表、渡辺会長を糾弾:

« TPP反対の中野剛志に共感 | トップページ | あきれた提言型政策仕分け »