« 橋下知事を応援 | トップページ | TPP反対の中野剛志に共感 »

2011年11月 5日 (土)

すばらしき日本人 杉良太郎

杉良太郎の福祉活動、ボランティア活動はかねてから知っていたが
テレビで「俺が君たちのお父さんだ--杉良太郎が泣いた日」という番組を見て、改めて杉良太郎に感銘を受けた。

杉良太郎にはベトナムに50人の里子がいる。
昔、おもちゃやお菓子を受け取らず、お父さん、お母さんが欲しいといった言葉に本当に求めているものは何かと気づき里子にしたのがきっかけという。
今その子は結婚して子供ももうけて幸せになっている。

杉良太郎のボランティア活動歴は既に52年に及び、15歳の時に刑務所に慰問に行き、真実の気持ちに触れ感動を覚えたのをルーツに活動を積み重ねていった。

彼の母は100%人のことを考える人で人に尽くす、人の為にするという母の教えが彼を福祉活動へ駆り立てた原点だったのだろう。

神戸震災のときも救いの手を差し伸べたし、今年の東日本大震災でもカレーの炊き出しや入れ歯洗浄剤などの
必要物資を差し入れた。

彼の細やかな心遣いが報道され広く人の知るところになった事はすばらしい事と思う。
彼の行動を売名行為と誹る人も多かったというが、
妻の五代夏子は彼は自分から言う事はないがボランティア福祉活動は地に足の着いた本物で誰も5億も、10億も金をかけて必要なときは借金してまで売名行為はしない、
そして福祉活動はやればやるほど限りがなく力が及ばない感じがあって、彼はやり続けるという。

最近やっと杉良太郎の福祉活動が認められメディアにも取り上げられる機会が増えた。

今回杉良太郎の主催するベトナムでの日越有効音楽祭はAKB48, EXILE、w-indsなどの人気グループも参加して大々的に開催されベトナム政府からは表彰状,日本政府からは感謝状を受けその意義は高く評価された。

50年あまりの活動で杉良太郎の個人としての福祉活動は充分過ぎるほどのものでこれからは啓蒙に力を注いで行って欲しいと思う。

今回のチャリティ音楽祭に参加したタレント、歌手をはじめ携わった多くの人が福祉活動の何たるものかの真実にふれ、
杉良太郎の言うように贅沢とか権力欲とか人間を本当に幸せにしないものに心を奪われる事なく、今もてる人が恵まれない人に手を差し伸べる福祉活動に参加するようになるとよいと思う。

|

« 橋下知事を応援 | トップページ | TPP反対の中野剛志に共感 »

素晴しき日本人」カテゴリの記事

コメント

山田勝啓氏は橋下徹氏のことを「バラエティー的なウケとか、心地いい言葉を吐いて扇動するのはダメ。政治をおちょくる傾向がある」「これだけ私がムカつくというのは初めてですね」と批判しておりますが、どのようにお考えですか。

投稿: 杉良、橋下斬り | 2011年11月15日 (火) 02時26分

コメント有難うございます。
杉良(山田勝啓氏)を昔は好感を持っていませんでした。知るようになるにつけ誠実な人柄と分かりました。彼のような人物にとっては橋下元知事をコメントにあるように批判しても理解できます。
橋下氏はもとタレント弁護士という
異色の政治家で独特の手法で改革をしようとしています。確かに早稲田大のディベート部出身
のためか敵を作り、悪態をつき、おちょくるような面はあります。
しかし大阪府財政を立て直した実績は確かのもので発信力があり、推進力があることは誰もが認める所と思います。

今の日本は閉塞感と政治不信に覆われていますが打破を期待できる政治家が極めて少ないなか橋下元知事なら変えていけるのではないかと期待しています。

杉良が橋下氏を批判したからといっても主観の違いで山田勝啓氏を尊敬する気持ちはいささかも変わるものでは有りません。

投稿: Mugen | 2011年11月15日 (火) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/53171097

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしき日本人 杉良太郎:

« 橋下知事を応援 | トップページ | TPP反対の中野剛志に共感 »