« 八ッ場ダム工事復活-マニフェスト不在の民主党政権を象徴 | トップページ | 迎春 »

2011年12月29日 (木)

mugenの憂国ツイート

●姑息な政府
環境影響報告書を午前4時に沖縄県庁に無理矢理持込み又、沖縄県民の逆なでした。
政府はアメリカとの約束を優先して県民の意向を無視したがこのやり方で辺野古移転が
ますます困難になったことは誰にもわかること。
強制執行を発動するつもりなのだろうか

●八ッ場ダム工事再開
工事再開で民主党政権が根底から瓦解した。
一丁目一番地の政策をいとも簡単に覆す野田総理はもはや官僚の代弁者でしかない。
それにしても旧建設省官僚の前田国交大臣はけしからん。

●官僚に問う
もともと志を持って官僚になったはずなのに今や国民の敵とも言える立場になっている。
震災復興が最優先なのに次々と既得権益を守ろうする。
国を思う気持ちがなくなったのか?
自己矛盾は感じないのだろうか?
後ろめたさはないのだろうか?

●消費税
消費税増税命とばかり増税にまい進する野田総理。
自分がやらねばという短絡的な使命感からなのか?
過半数の国民が国家財政再建の為にはやむを得ないと思っているのに、自らが言った
やるべきことをやらずして突き進んでも国民の理解は得られない。
成長戦略なくしてやり方が稚拙すぎる。

●民主党9人離党
消費税増税に反対して9人が離党届を出した。
国民は民主党にほとほと愛想をつかしている。
政界再編のきっかけになることを期待したい。

|

« 八ッ場ダム工事復活-マニフェスト不在の民主党政権を象徴 | トップページ | 迎春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mugenの憂国ツイート:

« 八ッ場ダム工事復活-マニフェスト不在の民主党政権を象徴 | トップページ | 迎春 »