« 橋下新大阪市長が日本を変える | トップページ | mugenの憂国ツイート »

2011年12月24日 (土)

八ッ場ダム工事復活-マニフェスト不在の民主党政権を象徴

政府がまたもや官僚に屈しマニフェスト無視の決定がなされた。

テレビ出演の前内閣官房副長官福山哲郎議員が民主党のマニフェスト違反について出来ない理由や、言い訳に終始していたがそんなことは聞きたくない。

さらに表には出ていないがやることはやっていると成果を強調し反省がないのが見苦しい。

社会的実験と言葉を濁していた高速道路の無料化もなし崩しになり国交省は永久有料化を検討しているしまつだ。

色々なマニフェスト違反に加え更に絶対上げないとしていた消費税の値上げを最優先に決めようとする野田政権は完全に官僚の奴隷になったのか.

大阪の橋下市長が政策仕分けを始めたが民主党との際立った違いは折に触れ対比されるだろう。

これまでの政策の中で国民から合格点をもらったものがあっただろうか。

民主党議員の政権交代時の顔の輝きは皆うせてしまい無力感漂う雰囲気を感じるにつけやりきれない気持ちになる。

|

« 橋下新大阪市長が日本を変える | トップページ | mugenの憂国ツイート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダム工事復活-マニフェスト不在の民主党政権を象徴:

« 橋下新大阪市長が日本を変える | トップページ | mugenの憂国ツイート »