« 野菜工場を日本の戦略産業へ | トップページ | 異色のルーキー大嶋匠捕手(日本ハム)に期待 »

2012年1月29日 (日)

政界再編の兆し?石原新党は?

急に石原新党構想がマスコミで報じられ始めた。

背景には政権交代であれだけ期待された民主党は国民を失望させ、マニフェスト違反の野田総理は詭弁を繰り返し、官僚依存の答弁からは改革は望めない、
かといって自民党も全く浮上しない体たらく、期待を集め始めていたみんなの党も伸び悩みで既成政党の信頼感が全く喪失してしまった事がある。
国民が新しい流れをのぞんでいるのは明らかである。

こんな状態の中、橋下大阪市長旋風が吹き第三極待望論も当然の流れとなってきた。

石原新党構想は亀井静香が仕掛けているが石原都知事は今回に関しては橋本市長と組めば国を変えることが出来るチャンスと感じていると思う。

石原慎太郎は、都知事選立候補時にも書いたが(11/01/24投稿)見識があり、情報力があり、発信力があり、アメリカにも中国にも対等以上に物が言える。

都知事の実績から見ると360度全方位に気配りできているし日本をいい方向に導く力を持っている。

石原都知事は東京も大事だが日本のほうがより大事といっているように今こそ自分の残された使命として年齢をこえ頑張って欲しい。

石原新党構想が現実味を帯びているのは、大阪市長選のとき自公民共産を相手の橋下知事の応援演説をおこなった経緯があり橋本市長を組める相手と認めているし、
橋下市長も石原都知事の力を認めていて大阪都構想の実現に支援を求めている。

国民新党、平沼赳夫の立ち上がれ日本に、もしみんなの党が加わるようなことがあれば一挙に政界再編が進むだろう。

ただ小沢一郎が無罪になるとまた不透明要因が増すが、いずれにしても民主党も自民党にも日本は託せないので石原新党の実現には大いに期待したい。



|

« 野菜工場を日本の戦略産業へ | トップページ | 異色のルーキー大嶋匠捕手(日本ハム)に期待 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政界再編、石原新党はいいが、亀井静香さんと一緒になれるのか疑問です。
亀井さんは、大変な「人情派」でそのこと自体は好きなんですが、時として ”法”、”理屈” を無視した政策を発言されるのはちょっと国会議員としては・・・。
「死刑廃止論者」であることも私個人としては共感を持てない方です。もちろん、人としては好きな方です。

石原さんも良いですが、もっと若い優秀な議員、立ち上がらないかなあ。お年寄りの方は自ら早めに引退、もしくは第一線から外れて頂き、後は若い者に任せてもらいたい。私はそう思います。

投稿: Toms | 2012年2月11日 (土) 19時30分

Tomsさんコメント有難うございます。
民主もダメ、自民もダメ、
何も決めることが出来ない政治を見ていると日本の凋落を感じます。
過去十数年から今の延長上に日本の未来は見えません。
中にまじめで優秀な議員もいますが埋没して今の流れを変えることの出来る人はいません。
優秀な若手は橋本市長と思っていて石原都知事との組み合わせに可能性を感じます。

亀井静香はTomsさんのいわれるとおりと思いますが彼は小泉元総理と総理の座を争ったそれなりの人物で、国民新党の存在感のアピールもあると思いますがなにより
今のままではダメだと第三極、政界再編の仕掛けを評価しています。

石原都知事は核肯定のタカ派、橋本市長は暴走する危うさなど心配な点もありますが
日本の再浮上のきっかけを作って欲しいと思っています。

投稿: mugen | 2012年2月12日 (日) 17時04分

Mugenさん、全くその通りですね。
最近、実家に帰って今年80になる父と政治の話をしました。
父は、こんな日本にしたのは、小泉政権だと言っておりました。私もある意味その通りだと思います。
郵政民営化など、「市場原理に任せよう」、「規制をなくそう」と言う政策が間違った方向に向かってしまったからです。市場原理に任せる、規制緩和というのは原則その通りで、私も賛成です。しかし、それを自由だから何でもOKと勘違いしている連中、上の方が多すぎた。そんな自由は日本人には向いていないというのです。
しかも、日本人は自己責任はなく、役所、お国任せで失策にはとんでもない非難をする。
昔から、日本は本当の資本主義ではない。社会主義との混在だ。と言われてました。日本人にはこれが一番いいと父が言うのです。確かに昔は、これで世界に類を見ない高度成長を成し遂げたのですが・・・。

最近、震災の瓦礫処分の問題で、地方の一部の住民が猛反対している姿を見ていると、本当に日本人って ”絆” 、”愛国心” があるのかなあ、と心配しています。
私の市も瓦礫を受け入れないとしています。馬鹿な市長、市民ばかりだと思い恥ずかしいです。県も同じ。

震災、原発、社会保障など、なんか日本大丈夫かなあ。これからの若者がかわいそうです。

投稿: Toms | 2012年2月17日 (金) 17時57分

Tomsさん

瓦礫処理については同じ情けない思いです。
政府を信用していない表れと思いますが本当に現地をみても反対できるとしたらあまりにも身勝手と思います。
いま総力を挙げて東北を支えるべきでしょう。
市長は立派ですが国全体として総理が早期処理の指示を出すべきだと思います。

投稿: mugen | 2012年2月20日 (月) 21時20分

「政府を信用していない表れと・・・」確かにそれもありますが、
私は、それを理由にただ拒否している方が多くいるように思えます。つまりどんな政府でも何かと文句を言ってそれを理由に拒否するでしょうね。
国が信用おけないないからと言って、被災地はどうなっても良いのか?
国が信用おけないなら、自分たち(地方自治とか)で何とかしてやろうとしないのか?
自分たちで判断しない。他人(国)に決めてもらい、その通りやって何か有ったらその人(国)の責任。
こう言う人たちが少しでもいると、政治(地方も含め)は何もできない。これが橋下さんの言う ”何も決まらない民主主義” です。
大文字焼き、花火。何故少数の反対意見でやめたのか?
こう言う人間が増えてきた。これが私の父も懸念していたことです。

どこかの党が、TVで言ってました。
「過半数取ったからと言って何でも出来ると思うのは間違い。」
じゃあ民主主義って何?
”何でもできる”って言うのは過ぎると思いますが、過半数を取った以上、任された訳だからそのつもりでやってもらいたい。やればいい。
それが、リーダーシップです。反対派からは 「独裁者」 と呼ばれますが。

投稿: Toms | 2012年2月21日 (火) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/53852110

この記事へのトラックバック一覧です: 政界再編の兆し?石原新党は?:

« 野菜工場を日本の戦略産業へ | トップページ | 異色のルーキー大嶋匠捕手(日本ハム)に期待 »