« 消費税増税はどうなる | トップページ | 小川敏夫新法務大臣に期待 »

2012年1月14日 (土)

内閣改造 岡田副総理に期待

野田内閣の命運を決める改造内閣が発足した。

目玉はやはり不退転の決意を実現すべく副総理兼税と社会保障一体改革・行政改革担当に岡田克也前幹事長を起用したことだ。
野田総理もさすがにやるべきこと即ち議員定数の削減と公務員給与の削減などを実施してからでないと消費税アップは望めないと理解したようだ。

顔の見えない閣僚が多い中、岡田副総理は実績もあり安定した存在感を示しており野党との人脈もあるので、やるべきことの実現には欠かせない存在である。

岡田克也副総理は将来希望の持てる日本に出来るかどうかがこの内閣にかかっているとの発言のように非常に重要な時期に自分の力が必要だとの認識がうかがえ次期総理を狙うことより優先した判断をした事は信頼できる。
大いに期待したい。

正念場の野田総理には将来希望の持てる日本のにする為に是非以下の3点をクリアーしてほしい。

1.総理はこれまで民主党のマニフェスト矛盾を棚に上げてことを進めようとしてきたがこの事の明確な説明をする。

2.総理はつらい事を国民にお訴えするのはつらいといったがこれまで身内を棚に上げ国民ばかりにつらい事を安易に押し付けた  印象がある。
隗よりはじめよである。

3.景気対策に言及がない。デフレ対策、成長戦略は消費税アップと同時進行、否先行して示すべきである。


|

« 消費税増税はどうなる | トップページ | 小川敏夫新法務大臣に期待 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/53733896

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣改造 岡田副総理に期待:

« 消費税増税はどうなる | トップページ | 小川敏夫新法務大臣に期待 »