« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月20日 (月)

内閣支持率低下、又総理が変わる兆し

17日~19日に実施された日経新聞社とテレビ東京の世論調査によると,内閣改造にも関わらず野田政権の支持率が又下がった。

支持率は32%(前回比-5%)不支持率は(+3%)
消費税増税に関しては賛成40%、反対49%

国民は社会保障制度維持の為消費税増税は59%が必要と認めているにも関わらずこの数字は
野田政権がやることをやっていない不信感からである。

根本的な要因は野田総理に誠実感がなく、大臣任命に見られる資質への疑い、官僚への依存にある。

このままでは野田政権が行き詰まることが明らかであるが、与野党協議に応じない自民党にも61%が納得できないとしている。

この閉塞感に橋下大阪市長の維新の会が次期衆院選での国政進出に58%が期待をしてるというきわめて混乱した状況に陥っている。

先月行われた産経新聞社とFNNの合同世論調査

「日本のリーダーにふさわしい国会議員・地方自治体の首長」では

橋下徹大阪市長が21.4%で1位、2位は9.6%の石原慎太郎東京都知事。3位は8.3%の岡田克也副総理、4位は6.2%の前原誠司民主党政調会長。

野田佳彦首相は3.6%の9位とすでに世論から全く期待されていないというさびしい結果が出ている。

全くの迷走続きに国民はすでに改革ではなく革新を求め始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

異色のルーキー大嶋匠捕手(日本ハム)に期待

早大ソフトボール出身の異色ルーキー、日本ハムのドラフト7位・大嶋匠捕手(21)がプロ初打席初スイングで初アーチという衝撃デビューをして話題になった。

昨日は 右へ左へまた打って連日の快打で適応能力の高さを見せつけた。
栗山監督もそのバットコントロールを高く評価しており他のプロ野球関係者も対応力の高さを評価している。

大嶋選手はソフトボールで輝かしい実績ありプロ野球がソフトボール界から選手をスカウトした実績は今後
優秀なスポーツ選手はスポーツ界横断的に幅広く道が開ける可能性を示しており閉塞的社会に希望をもたらす事として好影響を与えると思う。

11日の広島との練習試合に出場することも決まったようでプロ野球の楽しみが又増えた。
多いに彼の活躍を期待したい。

【大嶋匠プロフィール】
群馬県前橋市出身。小学校までは野球をしていたが、進学した新島学園中学校に野球部がなかったためソフトボール部に入部。
男子ソフトボールの全国的強豪である新島学園高校にて全国高等学校総合体育大会、国民体育大会で優勝し、
早稲田大学への進学後の2008年にはU-19日本代表の四番打者として国際大会に出場。
世界男子ジュニア選手権大会3位などの実績を残した。
大学リーグの公式戦では13試合連続本塁打を記録している。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »