« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月22日 (日)

4月26日小沢一郎の判決は

4月26日の判決無罪を見越したように最近小沢一郎の動きが活発になっている。
無罪を裏付けるようなニュースがネット上を駆け巡っているというブログがある。
元反骨の外交官と言われている天木直人のブログだ。

"http://www.amakiblog.com/archives/2012/04/20/"

内容は
(小沢一郎を強制起訴議決した)東京第5検察審査会は審議らしい審議 はまったく行わず、『起訴相当』という議決は、すべて最高裁と最高検が つくったシナリオ通りに進められたものだ。
アメリカの関与も推測されており最高裁、最高検の共謀による小沢弾圧裁判だ

というもので多分真実と思う。

小沢一郎が無罪になると政界が一気に緊張感包まれ政界再編の動きが強まろう。

小沢、菅の代表選のときにも書いたが小沢一郎が勝っていれば民主党政権もここまで国民の信頼を裏切ることはなかったと今でも思う。

小沢一郎が無罪になっても白とは思わないし彼の金をめぐる手法は好ましいものではなかった。
しかしその時の日本の置かれている状況を考えると、時には小沢一郎のような副作用もあるが劇薬が必要だとかいた。

彼は力のある政治家だ。もう一度表舞台に立ち日本のために最後の奉仕をしたいと思っているはずなので
やるべきことをやって(徹底した行革と景気対策)消費税アップ財政再建に尽力して欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年4月17日 (火)

原発再稼働バトル 橋下市長VS民主党 輿石幹事長、仙谷政調会長代行

民主党政権が、大飯原発の再稼働を決定した。

大阪の橋下市長は「本当におかしい。こんな民主党政権に統治は任せられない。政権を代わってもらわないと。
このプロセスで(再稼働を)許したら、日本は本当に怖いことになる
」と、痛烈に批判し次期衆院選で民主党打倒を打ち出した。

これに対し民主党の輿石幹事長は「受けて立つ」と感情的な対決姿勢を示し、
また
仙谷政調会長代行は、大飯原発の再稼働に関連し、恫喝まがいに「原発をすべて止めた場合、ある意味で集団自殺をするようなものになってしまうのではないか」と過激な発言で再稼働の必要性を­強調した。

民主党政権は消費税にしろ原発再稼働にしろそのプロセスが全く稚拙で国民を騙せると思っている神経が信じられない。

滋賀の嘉田知事や京都の山田知事も、国民的理解得られるよう「脱原発依存」の工程表を示すよう求める共同提言をしたがオール・オア・ナッシングではなく、政府の原発政策をしっかり示せということだと思う。

そもそも国は福島原発を受け 将来に向けてのエネルギー政策を明確にした上で原発の位置づけをどうするかを
明らかにすべきなのに明確な根拠と裏づけのないまま4~5人の政治判断で再稼働ありきの強引さには政権を
変わってもらうしかないと言われても仕方ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石原都知事、尖閣諸島は東京都が守る

石原都知事が訪問先のワシントン講演で、中国が領有権を主張し始めている尖閣諸島を東京都が買い取ることを明らかにした。
「本来は国が買い上げればいいが、外務省は『中国が怒るのではないか』とびくびくしている。尖閣諸島は東京都が守る」と誠に溜飲が下がる思いだ。

領土問題に関しては北方領土問題、竹島問題、東シナ海ガス田問題、尖閣諸島とその都度臍を噛む思いが続いていたので石原都知事に託す想いは強い。

石原都知事には覚悟があり日本を思う気持ちが強く伝わってくる。

政府は常に領土問題は存在しないと、何をされても、ことを荒立てたくないのか黙認の態度だがをとっている。
逃げ腰ではなくもっと中国に物を言うべきだ。

本来国がやるべきことで、何のために政治家になっているのかと言いたい。

今回の都知事発言で中国と摩擦が強くなると思うが、政府は毅然と覚悟を持って対処して欲しい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

議員宿舎値下げに反対の声をあげよう

都心の一等地にある赤坂の議員宿舎の家賃は周辺相場の約5分の1とされ、安すぎるとの批判が出ていたにもかかわらず4月から8000円値下げされ8万円強になった。

周辺の似た物件の相場は月額35万円前後に上り、「最近は賃貸の人気が高く、高級物件の賃料引き下げは聞いたことがない」という。

消費税増税をしようとしているとき、国会議員の身を切る覚悟を問われているのに世間の常識に反し自らを有利にしようとしている姿勢は許しがたい。

そもそも公務員宿舎は不要で自衛隊など一部を除き賃借で十分まかなえるはず。

国が財政困難、税収不足、赤字国債などと言っているのに1円でも無駄にしないという姿勢の欠如に国民が消費税増税に素直に応じられないのは当然といえる。

額的には少ないかもしれないが国民はもっと怒りこの値下げを白紙に戻させなくてはならない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

鳩山元総理と田中防衛大臣と野田総理

鳩山元総理には早く退場して欲しい。

普天間基地移転問題ではオバマにトラストミーと嘘をつき日米関係を悪化させ
沖縄県民には基地の海外移転の夢をあたえてあげく裏切った。

かって総理を辞めたら引退すると明言したにもかかわらずあっさり覆す。

まったく場当たり的で自分の言動に責任を持たず自分本位の行動を繰り返す。

極めつけは今回のイラン訪問の失態だ。

この微妙な時期に反対を押し切って訪問し案の定イランに利用されてしまった。
見ていて本当に腹立たしい。

この暴挙を静止できなかった野田総理はふがいないし何よりも外交の最高顧問に任命した総理の責任はおもい。

田中防衛大臣の国会答弁をみると背後にとりまきを3~4人従えそれでも噴飯ものの答弁を繰り返すのをみると
これが日本の国会の現状で大臣の姿かと思うと情けないことこの上もない。

日本の防衛の最高責任者として不適格であることは誰がみても明白だ。

田中防衛大臣には腹は立たないが防衛大臣に任命した野田総理の人を見る目のなさと不見識さには怒りすら覚える。
増税一辺倒で沖縄基地問題、外交問題、防衛問題は全く軽視してるといわざるを得ない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

Mugenの憂国ツイート 国民新党ほか

●茶番国民新党

党首を解任、いやクーデター?何をやっているんだろうねー。
政党助成金をかえせ。
それにしても亀井静香、6人もまとめられないとは買い被りであったか
自見金融大臣 死んでも大臣にしがみついていたいのか


●枝野経済産業大臣のいい加減さ

野田総理は瓦礫処理さえしないまま、暫定安全基準を泥縄で作成してどうしても原発を再稼動しようというのか

枝野大臣は目を泳がせながら地元の理解は得るために説明に行くが了解はかならずしも得ないとわけのわからないことをいう。

橋下大阪市長が非常に危険、こんなことでは民主党政権はもう持たないと激怒していたが
野田総理は自分の中だけに大儀をもって正当性と勘違いをしているようだがを国民が全く見えていない。

国民をすべて敵に回してしまった

●石原東京都知事、橋下大阪市長が密談

今の情勢下2人が会うと非常に注目が集まる。

このままでは日本がだめになるという思いが共通しているので小異をすて協調して日本を変えて欲しいと思う。

会談内容は明らかにしていないが石原都知事が維新塾の講師を引き受けたらしいから,既成政党の国会議員もふんどしの紐をしめ身を振り返り考える機会になっただろう。

石原都知事とのの新党構想は本気と思う。
東京も大事だが国はもっと大事だという思いで最後の奉公をしようとしている。

橋下市長は小沢一郎の動向も気にしていて最善の道を模索しているようだがとにかく大所高所の意見を集約させたら良いと思う。

渡辺善美がひとりそわそわして落ち着かないことだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

福島原発のうそ ドイツテレビ局ZDFのレポート

驚愕のビデオを見つけたので紹介したい。

内容はーーーーーーー

アメリカ製の福島原発には欠陥がありアメリカの点検会社の責任者スガオカ氏は圧力により10年間隠し通し退社後日本の監督官庁、に告発するも黙殺された。
東電も報告書を改ざんし事実を隠蔽し続けた。
しかし福島の知事であった佐藤栄佐久氏がこれを知り看過できないと行動に移すもあらゆる手段の圧力により失脚させられる。
今、怖いのは福島第4原発が次に発生するであろう地震に持ちこたえられない場合
未曾有の大惨事になる危険性があるにも拘らずそれに備える対策が採られていないということ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

原発事故終息宣言もゆがんだ思惑の元に発せられたことを知らねばならない。

日本のメディアもZDFのような報道を避けているのも大きな問題と思う。

私はこのビデオをみて身震いするほどの恐怖を覚えた。

ぜひ多くの国民がこのビデオを見て欲しいと思う
⇒⇒
"http://www.dailymotion.com/video/xpisys_yyyzdf-yyyyyyy_news"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »