« 石原都知事、尖閣諸島は東京都が守る | トップページ | 4月26日小沢一郎の判決は »

2012年4月17日 (火)

原発再稼働バトル 橋下市長VS民主党 輿石幹事長、仙谷政調会長代行

民主党政権が、大飯原発の再稼働を決定した。

大阪の橋下市長は「本当におかしい。こんな民主党政権に統治は任せられない。政権を代わってもらわないと。
このプロセスで(再稼働を)許したら、日本は本当に怖いことになる
」と、痛烈に批判し次期衆院選で民主党打倒を打ち出した。

これに対し民主党の輿石幹事長は「受けて立つ」と感情的な対決姿勢を示し、
また
仙谷政調会長代行は、大飯原発の再稼働に関連し、恫喝まがいに「原発をすべて止めた場合、ある意味で集団自殺をするようなものになってしまうのではないか」と過激な発言で再稼働の必要性を­強調した。

民主党政権は消費税にしろ原発再稼働にしろそのプロセスが全く稚拙で国民を騙せると思っている神経が信じられない。

滋賀の嘉田知事や京都の山田知事も、国民的理解得られるよう「脱原発依存」の工程表を示すよう求める共同提言をしたがオール・オア・ナッシングではなく、政府の原発政策をしっかり示せということだと思う。

そもそも国は福島原発を受け 将来に向けてのエネルギー政策を明確にした上で原発の位置づけをどうするかを
明らかにすべきなのに明確な根拠と裏づけのないまま4~5人の政治判断で再稼働ありきの強引さには政権を
変わってもらうしかないと言われても仕方ない。

|

« 石原都知事、尖閣諸島は東京都が守る | トップページ | 4月26日小沢一郎の判決は »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この件も、民主党と言わず日本の政治家はとんでもない勘違いしている。

橋下市長と戦うのではなく、国民に説明し納得させることが本来でしょう。
国民を説得できれば、橋下さんや維新の会など恐るるに足らずのはずですが。それが議院の仕事だと思いますが。

どうして、原発再稼働が必要なのか?
安全対策で、3年後に完成予定の物や、実施予定すらないものはどう考えでOKとしたのか?
大飯原発の後はどうするのか?
今後大飯原発を含め原発をどうするのか?

など、現地の知事や住民ではなく国民に説明し、納得させるべきでしょう。

何故、国会議員は仙石さんのように、”俺たちはしっかり考えてやって居るのだから文句を言うな” と言わんばかりの態度をとるのかなあ。わかりません。

投稿: Toms | 2012年4月18日 (水) 00時49分

原発再稼働反対!!
原発依存からの脱出を!!
仙谷発言糾弾!!
野田内閣打倒11

投稿: ふる | 2012年4月18日 (水) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/54492730

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働バトル 橋下市長VS民主党 輿石幹事長、仙谷政調会長代行:

« 石原都知事、尖閣諸島は東京都が守る | トップページ | 4月26日小沢一郎の判決は »