« | トップページ | 宇宙の不思議 »

2012年5月14日 (月)

大飯町議会の原発容認議決の不思議な構図

福井県のおおい町議会は14日、全員協議会を開き、大飯原発機の再稼働について、賛成の議決をした。
何とも不可思議な構図だ。電力不足を心配するものではなく原発なしでは町が成り立たなくなっているということだろう。
それだけ今まで隠れていた多額な交付金の恩恵を受けていたということだが、福島原発の事故は他人ごとにしか映っていないのか、
活断層のうえに立地しているという報道があったがいざ事故が発生したら当事者として永久にふるさとにはすめなくなるという恐怖はないのだろうか

これは大飯町民のせいではなく国の原発政策のあり方の犠牲ともいえる。
未だにエネルギー政策がなく場当たり的な対応に終始している。

今まで100のものがいきなり0というのはやはり無理があるかもしれない。

関西電力の情報開示に信頼性がなく不十分な為、なんとなく何とか乗り切れるだろうという雰囲気になっているが病院等ライフラインの確保、中小企業への致命的打撃を考えると何としても計画停電はあってはならない。

実は原発をとめていたら安全かというと必ずしもそうではなく、例えば7福島4号原発は止まっていたが水素爆発で屋根が吹っ飛び使用済み燃料棒が今でも非常危険な状況にさらされている。

地震大国の日本では将来的に原発は0にするというコンセンサスは出来ていると思うので、
要は将来にいたるまでのエネルギー政策を明確に示しあらゆる対応しても、最悪の場合は夏の一定期間のみ何処の原発を稼動させるというシナリオをブレのない姿勢で国民に訴えれば国民は納得するとおもう。
(残念ながら野田内閣にはその能力がないため問題が複雑になっているのだが)

|

« | トップページ | 宇宙の不思議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 いろいろな思惑から再稼働の方向へ向かっているような気がします。本当の危険を恐怖を受け止めることできる冷静な認識と感性求められているのだと思います。

投稿: ふる | 2012年5月15日 (火) 10時53分

ふるさん
原発再稼動を野田総理の責任において決定するとの事ですが
相変わらずの口先責任のような気がします。

投稿: Mugen | 2012年6月 3日 (日) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/54711447

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯町議会の原発容認議決の不思議な構図:

« | トップページ | 宇宙の不思議 »