« 憲法記念日に | トップページ | 大飯町議会の原発容認議決の不思議な構図 »

2012年5月 9日 (水)

指定弁護士が小沢一郎の控訴を決定した。

そもそも検察が2度も不起訴を決めた裁判、それを検察特捜部が捏造報告をしてまで起訴に持込もうとした裁判、それをもとに検察審査会が強制起訴をした裁判。

その裁判が無罪判定になったにもかかわらず控訴した。
新たな証拠も出ないとされているにも関わらずの控訴。非常に違和感を感ずる。

誤解を恐れず深読みをすると背後にみえない力が働いているのではないか?
消費税増税に反対する小沢一郎を封じ込めたいとおもっている輩。

先日の無罪判決で活動が活発に、また力を増大する小沢一郎を、裁判の結果は関係なく裁判に再びつなぎとめておけば急速に失速するのは必定。
秋の代表選にも出馬できなくなる。

今の日本の政治家は本質の活動を忘れ、またものの軽重や優先順位を忘れ目先の損得で右往左往している。

輿石幹事長は慌てて小沢一郎の党員復活を決め、これに反対し野党はやれ証人喚問だと騒ぎ出し又国会を空転させそうだ。

もううんざりだ。

|

« 憲法記念日に | トップページ | 大飯町議会の原発容認議決の不思議な構図 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 政治家は、国民の生活第一に活動して欲しいですね。政治的なかけひきにはうんざりです。

投稿: ふる | 2012年5月10日 (木) 22時35分

ふるさんコメントありがとうございます。
日本がどんどんダメになっていくのが感じられどうしたらよいのでしょうか
孫、子の代が心配です。

投稿: Mugen | 2012年5月11日 (金) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/54673471

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 憲法記念日に | トップページ | 大飯町議会の原発容認議決の不思議な構図 »