« 恥を知れ 報道されない原発再稼働反対デモ | トップページ | 民主党の政局茶番劇 »

2012年6月28日 (木)

驚くべき東電、関電の株主総会

東電、関電の株主総会で驚くべき内容が明らかになった。
関電の株主総会では、筆頭株主として橋下市長が、世の流れは脱原発指向で関電はどう対応していくのかという質問に対し、
原発は重要な電源で(野田総理の発言引用)原発なしでは成り立たない、脱原発は考えていないと言い切った。
一方
東電の株主総会では猪瀬東京都副知事が、」企業努力が足りないのに電気料金値上げは、あり得ない。破たん企業で1兆円も税金投入しているのに従業員の賞与はあり得ない、売却予定物件の売却も進んでいないうえ東電病院はその中に入っていない。

東電病院? 東電社員、OB専用病院で一般患者は診察しないという。稼働率も20%と低く今更ながら驚くべき東電体質で原発事故の反省と身を切る姿勢が全く感じられない。
総括原価方式という利益確保の仕組みがあり東電病院のような不採算施設は利益確保のために必要なのだ。

関電、東電の両社が世論に反しこのように居丈高にふるまうのは、背後に経済産業省があるからで経産省は
本来指導監督する立場にありながらいわば同じ穴のむじなで悪の根源なっている。

いわゆるこのシロアリ城の上に胡坐をかいているのが野田総理なのだ。
日本の将来へのエネルギー政策、原発政策は未だ何も決められていない。

|

« 恥を知れ 報道されない原発再稼働反対デモ | トップページ | 民主党の政局茶番劇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

Mugenさん、本当に茶番ですね。
日本では、昔から”しゃんしゃん総会”などと言われ形だけの総会でした。最近になって、”物言う株主”と言うことで(本当は当たり前)色々意見を持って臨む株主が多くなりました。本来の”株式”の姿なのですが、現実は”力(金)”の有る者だけの意見で決まってしまいます。

東電、関電など東京都や大阪市が何を言っても結局、金融関係、子会社、メーカーなどの電力会社から利益を得ている者たちが、集まると過半数を超えてしまうようになってますから、否決されてしまうのです。
もちろん、この上にはMugenさんも言われている経産省、一部の国会議員が鎮座してます。

結局、大企業、お役人など自分たちの利益のことしか考えていないのです。
前にコメントしました、尖閣問題でも同じですが、政治(政府)の問題だけではないのです。一部の富裕層(企業)、霞ヶ関が全ての元凶なのです。

これが、資本主義、自由経済の問題なのです。どうしたらいいでしょうね。難しいです。

投稿: Toms | 2012年6月30日 (土) 11時22分

Tonmsさん
>どうしたらいいでしょうね。難しいです。

どうするかを考えなくてはいけない問題だらけで困ったものです。世論形成に影響力を持つマスコミに携わる人たちがこのことに気づき正しい価値観と倫理観を持って偏重しない報道を続けてくれることを願っています。

首相官邸に集まる原発再稼働反対のデモは国民が自発的にこれではいけないと目覚めた行動として評価しています。

投稿: mugen | 2012年7月 1日 (日) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55071151

この記事へのトラックバック一覧です: 驚くべき東電、関電の株主総会:

« 恥を知れ 報道されない原発再稼働反対デモ | トップページ | 民主党の政局茶番劇 »