« 驚くべき東電、関電の株主総会 | トップページ | 滋賀県大津市の中2学生の自殺について »

2012年6月28日 (木)

民主党の政局茶番劇

国民は民主党の政局茶番劇を否応なしに見せつけられている。

消費税増税の国会採決の結果三方一両損の様相を呈している。(否国民が一番損をしていると言っていい。)
野田総理は政治生命をかけ増税法案を通したものの評価できない。財政状態がこのままではいけないという事は国民の総意としてあるものの,社会保障と税の一体改革とは名ばかりで自公に擦り寄り増税だけを決めた形になっている。
デフレ化の増税を危惧する意見も多い。

増税だけではなく同時にやることはやると総理がいくら宣言しても今まで出来ていないのだから空しい。
党内の反対派を説得することなく安易に野党の自民、公明に擦り寄ったのも指導力欠如と言われても仕方ない。

小沢一郎も窮地に陥っている。
与党に在籍しているにも関わらず、能動的な働きかけもなく外野から批判し反対票を投じた行為は民主党の原点に戻るといっても共感は得られない。
離党せざるをえない流れになっているが、新党を立ち上げる大義も国民の期待もなく展望も描けない中苦渋な選択をすることになる。

輿石幹事長は政治力学の中で党を割らないことに努力しているように見えるが党を割らないことに今更何の意味があるのか。

そこには党利党略しかないし、考え方の違う者同士が一緒にいるほうがおかしいという意見のほうが納得できる。

この政局を見ていて激動する世界の中の日本に思いを致している議員がどれだけいるのだろうか。
国会議員が選挙をにらみながら私利私欲で動いているのは駄目とはいうものの現実的にはやむを得ないと思うが
やはりしっかり地に足をつけて政治が出来ないいまの制度に問題があると言わざるを得ない。

|

« 驚くべき東電、関電の株主総会 | トップページ | 滋賀県大津市の中2学生の自殺について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 政権交代の民主党への期待は、全て破壊されました。
 民主党の未来は無い。
 自民党も公明党にも未来は無いですが....

投稿: ふる | 2012年6月28日 (木) 21時56分

ふるさん

これほど政治不信が蔓延しあきらめムードのなか
首相官邸まえの原発反対デモに参加する人に敬意を表します。

投稿: mugen | 2012年6月29日 (金) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55071496

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の政局茶番劇:

« 驚くべき東電、関電の株主総会 | トップページ | 滋賀県大津市の中2学生の自殺について »