« 大飯原発再起動会見  哲学のない総理 | トップページ | 宇宙エレベーターを知っていますか »

2012年6月12日 (火)

石原都知事怒る。 尖閣諸島は国が守れ 

石原都知事が国会で尖閣諸島購入問題で怒りを爆発させた。
本来国が購入すべきものを国会、議員は何をしているのだと。

政府は尖閣諸島には領土問題はないというが、中国を恐れて逃げているとしか思えない。
現に竹島は日本の領土と言いながら完全に実行支配を許していて日本人は近づくこともできなくなっている。

尖閣を日本の領土というなら所有者の移転は何の問題もないはずだし、中国の漁船や領海侵犯行為を毅然と取り締まればよい。

国が購入して灯台を作るなど粛々と実行支配の実績を積み上げていけばよい。

中国は日本の実効支配を阻止すべくたとえば尖閣諸島の天気予報を始めたという。

石原都知事を国民の95%が支持しており既に11億円もの寄付が集まっていることを政府は重く受け止めなければならない。

先日、丹羽中国大使が中国を刺激するような石原都知事を批判するという日本人とは思えないとんでもない発言があった。
付け加えて彼は新潟に中国に領事館用にチャイナタウンができるほどの広大な土地を売却する仲介をしている。

石原都知事のいうように即刻更迭すべきなのに政府の対応は事無かれ主義で処理しようとしている。

中国との経済関係は重要で悪影響を及ぼしたくないというのは理解できないわけではないが領土問題とは同列に考えるべきものではない。

日本の腰が引けていたら中国を増長させるだけと肝に銘じてほしい。


|

« 大飯原発再起動会見  哲学のない総理 | トップページ | 宇宙エレベーターを知っていますか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 石原都知事の言動は、本人も認めているように、筋違いのショック療法です。
 ショック療法は、派手でにぎやかですが、本質的な解決の道をとざすことの危険もあります。
 筋を通した行動を石原都知事に望みます。

投稿: ふる | 2012年6月12日 (火) 21時21分

ふるさん

石原都知事の方法論は別として都の尖閣諸島の購入に関して
どのように考えますか

投稿: mugen | 2012年6月12日 (火) 21時52分

mugenさんへ
 現在尖閣諸島は、国が地権者から借用しているそうですから、そのままでも様々な対応は、可能だと思います。又、国の購入も良いのではないですか。
 都の購入は、全く必要ないと思います。

投稿: ふる | 2012年6月13日 (水) 19時29分

ふるさん コメントありがとうございます。

もうすぐ借地契約が切れますがふるさんの言われる様々な対応ができていたら石原都知事も都が買うとは言わなかったでしょう。
95%の国民が支持し、11億円の寄付が集まったのは、中国の漁船衝突事件や実行支配を阻止すべく様々な挑発行動に対して政府の弱腰ぶりに危機感を抱いているからです。
中国に日本の姿勢を見せるためにやはり最終的に国が買うべきだと思います。
ちなみに竹島は韓国に完全に実効支配されていますが御意見があれば聞かせてください

投稿: mugen | 2012年6月13日 (水) 22時11分

 実行支配されている現状では、交渉による話し合いしかないでしょうね。実力行使は、避けるべきだと思います。
 mgenさんは、どうすれば良いと思いますか?

投稿: ふる | 2012年6月14日 (木) 21時59分

既に実効支配されてしまっているので 遅きに失していますがそれでも、10年、20年かかっても長い目で日本の領土だと
国際的に主張し続ける事と国際司法裁判所提訴を通じて韓国との交渉をし続けるしかないでしょう。
Googleマップに韓国領と表記される事態になっても領土問題は存在しないと言い続けて摩擦と責任を避けるような政府の態度がいけないのです。
実力行使はあり得ないしその能力もありません。

投稿: mugen | 2012年6月15日 (金) 22時14分

遅くなりました。
石原都知事の行動は非常に評価しています。尖閣諸島を買うのは、別にだれが買っても良いのです。所有者が誰だろうが、日本の領土であるから、日本が守るだけです。

問題は、現在の所有者が、「国が信用おけないから、信頼できる石原都知事に売る。」と言ったこと。石原都知事も「都が買うのは筋違い。本当は国が買うべき。」 と言ったことです。

かつて、石原都知事が国会議員だった頃、すでに尖閣諸島を買う運動をしていたようです。しかし、何故か実現しなかった。
所有者が高い金額を提示したからとか、色々言われてますが、少なくても、所有者自ら、売ろうなんてことは無かったようです。
では、何故今になって・・。これも色々言われているようです。
それは良いとして、「国が信用おけない・・・。」これは正に”筋違い”ではないでしょうか?

先に言ったように、都が所有しても防衛は都がやるわけではありません。あるブログのコメントで、「もし国が買っても、すぐ中国に売ってしまうんだろう。」 等と言う馬鹿な発言がありました。要は、自分の国なのにまるで人ごとのように言っているのです。信用おけないのなら信用おける政府、霞ヶ関に変わってもらわなければなりません。そうでなく非難ばかりして何もしないのなら、国の社会福祉等、援助を受けるなと言いたい。

都知事の「筋違い」と言うことは、都に取って何もメリット無いわけで、ただ、お国のため、石原さんの個人的な理由で都税を使って買うことになる。それはおかしい。

本当の「筋」なら、石原さんが先頭に立って、国を動かし尖閣諸島の防衛をしっかりさせることでは無いでしょうか。
買うのは、都でなく、国、または沖縄県であるべきだと、ふるさんは言っているのだと思います。

投稿: Toms | 2012年6月26日 (火) 13時18分

すみません、もうちょっとだけ。
丹羽大使の発言問題のところで、
「・・・領土問題とは同列に考えるべきものではない。」
全くその通りです。しかし、
同列に扱っているのは日本ではなく、中国、韓国、ロシアなど相手なのです。特に、中国、韓国は反日運動を上手く利用し、
政府ではなく、国民の意思で反発しているように見せかけているのです。それを心配しての発言なのです。

これに対し日本では、なすすべが無い。経済的には
依存度が高いからです。じゃあ例えば日本で韓流スター入国禁止、映画、CD発売禁止、観光客入国禁止できますか?中国、韓国では平気でやってきますよ。実際はできないでしょうが、日本が混乱し譲歩してくるのを見込んでその”ふり”をしてくるでしょう。過去に何度もありました。日本では、その”ふり”さえできない。

日本人は相手を傷つけないように気配りをするのですが、それを上手く利用されているのが特に対中国、対韓国の外交なのです。中国、韓国からして見れば日本は馬鹿が付くほどのお人好しなんですよ。

残念ながら、丹羽大使の発言は現在の日本の立場、状況を代弁したものです。
こんな発言がでないように、国民(政府ではない)が中国、韓国には毅然とした態度を示せるようにしなければなりません。大変難しいですが。

投稿: Toms | 2012年6月26日 (火) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/54942378

この記事へのトラックバック一覧です: 石原都知事怒る。 尖閣諸島は国が守れ :

« 大飯原発再起動会見  哲学のない総理 | トップページ | 宇宙エレベーターを知っていますか »