« 日本は変わらなければならない。 | トップページ | 石原都知事怒る。 尖閣諸島は国が守れ  »

2012年6月10日 (日)

大飯原発再起動会見  哲学のない総理

福島の原発事故の原因究明が出来ていないまま
    ↓↓
安全基準も安全対策も出来ていないまま
    ↓↓
財界の圧力を恐れ
    ↓↓
関西電力と福井の原発従事者を慮り
    ↓↓
今なお苦しむ福島の避難民を無視し
    ↓↓
大飯原発下に活断層が走っている危険性を無視し
    ↓↓
実は夏だけではなく将来に渡って原発がないと日本は立ち行かないとまで言い
    ↓↓
国民の生活を守るために原発は必要な電力だと脱原発依存を根底から覆し
    ↓↓
総理の責任(取れもしない責任)の下に再起動し
    ↓↓
日本の原発政策はこれから8月までに決めるという

全く哲学もなく一貫性もなくちぐはぐでその時の都合でどのようにも変わる総理
総理の責任という本当の重さも知らずあたかもリーダーシップ、決断力があるかのように勘違いをしている総理

本当にこのまま日本を託していいのか

|

« 日本は変わらなければならない。 | トップページ | 石原都知事怒る。 尖閣諸島は国が守れ  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/54926623

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発再起動会見  哲学のない総理:

« 日本は変わらなければならない。 | トップページ | 石原都知事怒る。 尖閣諸島は国が守れ  »