« 富士山の珍しい雲の写真 | トップページ | なでしこジャパン佐々木監督に苦言 »

2012年7月20日 (金)

東電値上げのうそ

東京電力の値上げ幅が8.47%で決まった。

世論に押され役職者の賃金カットを3割に修正し努力を重ね10.28%からギリギリ8.47%にまで圧縮したように
見せているがすべて予定通りに違いない。
なにしろ今年1年で既に約10%もの値上げしたうえの8.47%だ。結局総括原価方式もそのままに、問題の東電病院も原価に加算した上の値上げ決着で東電関係者は祝杯をあげていることだろう。

それにしても枝野経産大臣は東電のいいなりか、はたまた官僚の操り人形か、国民目線がまったくない。

ここ数日猛暑日が続いているのに東電も関電も節電の呼びも掛けもなく電力にはゆとりがあるようでとても不足の恐れが感じられない。

大飯原発再稼働なくても電力不足はなかったのではないか。

おりしも志賀、大飯原発の活断層問題が取りざたされているが
枝野大臣、野田総理大臣には国民の命は預けられない。

|

« 富士山の珍しい雲の写真 | トップページ | なでしこジャパン佐々木監督に苦言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントが前後してすみません。

最近、東電が原発事故後のテレビ会議を一部公開しました。私も報道番組や、YouTube等で見ました。
ある、番組で担当記者がこう言ってました。
「まだ一部であるが、見た限りでは何故未公開にするのか解らない。東電にとって何も悪い所は見当たらない。」
というものでありました。私はその逆で、確かに初めて遭遇する原発事故対応ではあるが、そのドタバタぶりは酷い。改めて、何も想定していない。日頃から準備していないことがよく解るものでした。
これでも一部です。未公開部分はもっとドタバタを見せているのではないでしょうか。
これは、見せたくないでしょうね。もちろん見せたくないのは東電だけではないかもしれません。

また、その中に菅直人元首相の東電本店の場面がありました。音声は無かったようですが、菅さんはインタビューで「音声も有るはずだから公開してほしい。」と言ってます。
管さんの肩を持つつもりはありませんが、これまでの東電幹部の対応、会見で考えられるのは、おそらくこの時東電幹部はノラリクラリとまるで人ごとのように弁明に終始していたのではないでしょうか。そんな場面だったら、私でも非常に怒ります。
もちろん、首相として冷静でいることが大切なのはわかりますが・・。この東電幹部では考えられ、聞いているだけで非常に腹が立ってきます。

この場面はマスコミなどで菅さんの首相としての資質問題ばかり指摘(もちろんそれも有ります)していますが、東電幹部(現場は違うと思いますが)の考え、対応を問題にすることも忘れないでほしいものです。

投稿: Toms | 2012年8月10日 (金) 09時46分

Tomsさん、その通りと思います。
>何も想定していない。日頃から準備していない
都合が悪いことは触れないできたのでしょう。
そもそも東電幹部は政府はおろか国民など軽視し勝手にやりたい放題だったのだと思います。
事故後の対応についても経産省の意向がまったく反映されていないのは問題です。

投稿: mugen | 2012年8月10日 (金) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55233856

この記事へのトラックバック一覧です: 東電値上げのうそ:

« 富士山の珍しい雲の写真 | トップページ | なでしこジャパン佐々木監督に苦言 »