« 韓国民が支持する歴代大統領の末路 | トップページ | 維新八策発表ー 橋下維新の会に期待 »

2012年8月28日 (火)

弱腰外交の極みー都の尖閣諸島上陸許可申請にNO

政府は、尖閣諸島の平穏かつ安定的な維持管理のためだとして都の尖閣諸島上陸許可申請に不許可の回答をした。
あのTV会見は何だったのか、何を恐れているのか、またもや野田総理の口先発言で何もしないのかと疑う。

いま、この事件をきっかけに実行支配をすすめるチャンスで今やらずしていつできるというのだ。
アメリカですら尖閣諸島は安保条約内と好意を見せているタイミングなのだ。

尖閣諸島は日本が有効に実効支配をしてると言いながら調査すらしておらず何も把握できていない。
魚釣島には、センカクモグラをはじめ、センカクサワガニ、センカクツツジ等、多くの固有種が確認されているというし
東京都が購入に当たって調査するのは当然と言える。調査すらできないのであれば今後灯台とか漁港とか公務員駐在とか何もできない

前例から踏み出せない、責任を取りたくない、尖閣諸島購入のため14億円も寄付した国民の心情も汲もうとしない、
まさに弱腰外交の極みと言わざるを得ない。
民主党では尖閣諸島は守れないのではないか

(中国、韓国も国民の意思や感情に大きく左右されているが日本は国民の意思や感情を平気で無視する。
国民のこれまでの無関心のつけでもあるので国民はもっと関心を持ちモノ申す習慣をつけねばならない。)
2010101401311815a


|

« 韓国民が支持する歴代大統領の末路 | トップページ | 維新八策発表ー 橋下維新の会に期待 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「弱腰」ではない外交って具体的どんな外交でしょう。
前にも書きましたが、尖閣にしろ竹島にしろ、TVのコメンテーターはどの方も、「日本の固有の領土である。政府は毅然とした態度を取るべき。しっかりと主張すべき。」と言っているにも係わらず、「民間交流、文化交流は別。冷静に対応すべき。」と言っています。素晴らしい。間違いないと思いますが、反面、そんなに外交は甘くない。特に領土問題は。と感じています。この甘さを上手く突かれているのを解説してほしい。きれい事ばかりの外交では勝てない。
韓国も中国も国民を挙げて日本に対抗している。政治と国民は別などと言っている連中が「弱腰外交」などと非難できるのか?

韓国の大統領が無断で、日本の領土に上陸したのですから、不法入国で逮捕したらいい。現在竹島に駐留している方も同じです。日本の警察、自衛隊が逮捕しに行くべき。竹島については、国際司法裁判所の共同提訴を拒否している以上、韓国の実行支配を実力で少しでも崩さないと無理です。

尖閣諸島は、上陸を許可し、中国が国際司法裁判所へ提訴してくれれば、日本もそれで解決できるのですが・・。
でも、両国とも司法裁判所の土俵には登らないでしょうね。

それから、「弱腰外交」に関しては、民主党を非難する自民党も同じです。対中、対韓だけではなく対米でも同じです。
アメリカの言いなりです。尖閣上陸禁止は自民党時代からですし、竹島実効支配を許してしまったのはご存じの通りです。
自民党に政権が変わったとしても、画期的に変わるとは思えません。

投稿: Toms | 2012年8月30日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55527626

この記事へのトラックバック一覧です: 弱腰外交の極みー都の尖閣諸島上陸許可申請にNO:

« 韓国民が支持する歴代大統領の末路 | トップページ | 維新八策発表ー 橋下維新の会に期待 »