« 竹島上陸、イミョンバクの歴史的大罪 | トップページ | 韓国民が支持する歴代大統領の末路 »

2012年8月25日 (土)

イミョンバク愚行と韓国人 野田総理怒りのTV会見 

イミョンバクの竹島上陸と天皇への批判が常識外れの愚行であったことはほぼ国際共通認識になったと思われる。
それにも関わらずイミョンバクの支持率が上がったというから韓国民の意識レベルは単純すぎるし理解に苦しむ。

中国人と韓国人は東洋人として同じ顔をしているが全く異人種と思ったほうがよいとよく言われるが今回のイミョンバク事件でまったくその通りと思う。

ジョージタウン大学のバルビーナ・ファン客員教授(国際関係論)は「目先の政治的な得点を挙げるため、(大衆迎合的な李大統領の)ポピュリズムと国内のナショナリストが手を組んだ。これが今の韓国だ。」と言っているのが実情だろう。

しかし韓国の有識者はこのことが分かっていて、結果的に韓国の国益も損なうはずなのにイミョンバクに批判的な発言が伝わってこないのはマスコミが偏重なためか

独断と偏見でいうと
韓国人の価値観は非常に表面的で短絡的で損得に動かされているように思う。世の中でよい地位を得るために高学歴をめざしそのためにはカンニングさえいとわない。整形も異常なほど盛んでいかに外見にとらわれるかがわかる。
儒教思想から目上や相手を敬う挨拶とか行動など礼節を重んじるよい面もあったが失われてしまったのか。
韓国にはキリスト教徒が非常多いが(約30%で仏教徒より多い)その理由も損得の価値観に左右されたものと思われる。

今回のイミョンバクの蛮行でさすがの日本政府も頭にきて初めて毅然とした態度をみせ、野田総理もTV会見をしたが

「海洋国家である日本にとって領土、領海は極めて重要で、領土、領海をめぐって生じる事案には不退転の決意をもって毅然と対応する」
ということを国民も再確認し領海防衛を強化し毅然と対応することを内外に示せたということで評価できる。

|

« 竹島上陸、イミョンバクの歴史的大罪 | トップページ | 韓国民が支持する歴代大統領の末路 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

馬鹿マスコミのことでもう少し、
ちょっと前の「報道ステーション」で、尖閣問題について、3人のコメンテーターに意見を聞いていました。その中で、2人は「日本に取って利益になるかならないかを良く考えて行動すべき」
と、とりあえず論理的な意見を仰っていたのですが・・。
問題は1人。準レギュラーのコメンテーターの方です。
高橋源一郎先生ですが、
「正直、私はどうでもいい。それより東日本大震災、原発事故の福島をどうするかをやってほしい。」
というものでした。言いたいことは解りますが、領土問題、外交問題をどうでも良いというのは大間違いです。
どちらもしっかりやってほしいと言うのが本当では無いでしょうか?
間違がっているとは言いませんが、ただの作家を政治のコメンテーターとして発言させるのは間違いです。一国民の意見というので有れば良いですが。
古館一郎さんも、「この意見には半分しか共感をもてませんが・・。」と苛立っているようでした。私も、この発言には腹が立ってきました。

それに、番組などで「しっかり主張する」と言って番組は閉めているのに、その局で韓国ドラマをちゃんとやってます。
日本人はほんとにお人好しですね。

投稿: Toms | 2012年8月25日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55504260

この記事へのトラックバック一覧です: イミョンバク愚行と韓国人 野田総理怒りのTV会見 :

« 竹島上陸、イミョンバクの歴史的大罪 | トップページ | 韓国民が支持する歴代大統領の末路 »