« 反日デモ、尖閣問題 異常な中国にどう対処する? | トップページ | 内閣改造に見る野田総理の本質 »

2012年9月26日 (水)

日本は立ち直れるか、安倍新総裁返り咲き

今日26日の自民党総裁選で安倍元総理が石破元防衛大臣との決選投票の末自民党総裁に選出された。
民主党の代表選は葬儀委員長を決める選挙のごとく暗いものであったが自民党総裁は時期総理を決めるとあって活気が感じられた。

当初は石破氏と石原幹事長が最有力と目されていたが石原氏は谷垣総裁を蹴落として長老のバックを得ての出馬ということもあったが日本を背負うには力不足感が否めなかった。

石破氏は自民党を変えてくれるという期待のもとに党員からの圧倒的支持をえたが国会議員の支持が伸びず、
逆転を許したが実力は本物であることを示した。

安倍元総理は総理の座を投げ出した経緯があり、また町村派から2名の出馬ということもあり苦戦を強いられていたが
尖閣、竹島等の国難に対処する外交力を望む背景と、実績に裏付けられた安定感から、初の総理経験者の返り咲きとなった。
順当な結果だと思う。
国民的人気は新鮮味のある石破氏にあり新しく変わるイメージがあるが安倍氏には日本維新の会との関係から大きく変わる要素がある。

安倍新総裁は石破氏への党員票の絶大な支持を重視し石破氏を要職に起用する考えを示しており協力して国難に対することを望みたい。

民主党の3年間の政権はひどいものであった。
福島の復興なくして日本の復興はない、最優先課題であるといったにもかかわらず、復興予算を他に流用するシロアリを許す野田総理は、政権の延命を画策しているように見える。

もはや瓦解した政権、信を問うといった約束をまもり衆院の解散をすることが国益に資することを認識すべきである。

|

« 反日デモ、尖閣問題 異常な中国にどう対処する? | トップページ | 内閣改造に見る野田総理の本質 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「日本は立ち直れるか・・」
そうですねえ、立ち直ってもらわないと困りますね。

私個人としては、石破さんか安倍さんを応援してましたのでとりあえず良かったです。もし、石原さんだったら、また大変なことになっていたかもしれません。

問題は外交、内政問題で「日本の立ち直り」を阻害しているのは実は”内”にいることを国民しっかり受け止めて考えているのかと言うことです。
「復興予算を他に流用するシロアリ・・。」は官公庁、国家公務員ですよ。民主党の肩を持つ訳ではありませんが、民主党の政策失敗にほとんどが霞ヶ関の反対や陰謀で上手くいかなかったのですから。

自民党も「国土強靱化政策」と言うものを提案していますが、問題は「強靱化」の名の下に「整備新幹線」など、100%無駄とは言いませんが、優先順位が違うだろうと思われる大型公共事業を復活させようとしていることも事実です。
長老さん、族議員、唯々”友好”を訴える議員(連盟)、金儲けだけの経済会、助成金目当ての方々もしくは組織等、阻害要因はいっぱいありますね。

さて、自民党が政権奪回した暁には、野党時代に言ってきた正しい(理想)主張をどう実行していくのか・・・。
冗談抜きで、がんばってもらいたい。

投稿: Toms | 2012年10月 1日 (月) 10時53分

Tomsさん、コメント有難うございます。
民主党政権のひどさにまた自民党に何とかしてほしいという気持ちになっていますが国土強靭化で公共事業を復活させたり長老派閥などの影響が見えるとまたいやな記憶が蘇ります。

今回は石破さんが敗れましたが幹事長で力をつけ次期総理になるとよいと思います。小泉進次郎も成長しよい補佐役になるでしょう。
民主党が出来なかった政治主導で官僚を正しい方向で働く体制を作ること、国民の意識を正しく導くことも重要であることは
言うまでもありません。
橋下維新と連携できればさらにいいと思っています。

投稿: mugen | 2012年10月 1日 (月) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55752704

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は立ち直れるか、安倍新総裁返り咲き:

« 反日デモ、尖閣問題 異常な中国にどう対処する? | トップページ | 内閣改造に見る野田総理の本質 »