« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月25日 (木)

石原都知事の新党結成を勝手に読む

石原都知事が今日付けで都知事を辞任し新党を立ち上げると発表した。
号外も出たがいつかはと思っていたので大きな驚きはなかった。

都知事は国の形を変えなければだめだ、官僚支配の打破をしなければ駄目だ、東京都だけではなく国のためにと思っていたが国から悉く阻まれた。
そのために命のあるうちに最後のご奉公として新党を立ち上げ国政にでると80歳の高齢を押しての意気に拍手をおくりたい。(年寄りはすぐに駄目だという風潮があるが志が問題であって能力のない若者よりはるかに良い)

決断ができた背景には、新党構想には立ち上がれ日本の基盤だけでは第三極として大きな力となりえず、維新の会橋下大阪市長との水面下の連携合意が出来たことにあったと思う。

橋下市長とは相認める仲でともに国の形をかえねば駄目だと、核心部分の共通認識があり、個々の政策の意見の違いがあったとしても話し合えば克服出来る、
維新の会と組めば勝算があるとの判断ができたのだろう。

又、橋下市長は大阪市長を一期やり多くの課題を解決した後に国政に出ればよい、私はそれまでのつなぎをやるとまで彼を評価して国をかえる可能性を確信したのだと思う。

一方、橋下市長は一身に集めていた一時の期待と評価が色あせかけていて思惑どおりにならないいらだちがあった。
新党を立ち上げるための国会議員も勝手な行動に走り、また連携を期待していた安倍元総理も自民党総裁になったため一度は決裂したみんなの党とよりを戻そうとしていた。

水面下で親交深く、認めていた石原都知事との連携で自分が出れない国政でのコントロールも期待できるし都構想を始め国の形を変えることができると判断したと思う。

その個性から反対者も多いが強力なリーダーシップがあり実績もある石原都知事は国民から信頼感を失ったこの軟弱な政党政治に大きな緊張感を与えるのは間違いない。大いに期待したい。

最後に野田総理には自分が何をしようとしているのか猛省をうながしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

橋下市長、週刊誌の連載記事で三流朝日に怒る

6
週刊朝日にとんでもない記事が連載されようとしている。
「はしした、奴の本性」と題するもので生い立ち、DNAにより橋下市長を全否定するような内容でこれは誹謗、中傷の類でとてもまともな記事とはいえない。

橋下市長も公人としてある程度両親や先祖について報じられても仕方ないが、この記事は被差別地域や血脈主義などは、いかに表現の自由があるといえども限度を超えてると怒りをあらわにし、週刊朝日、100%親会社の朝日新聞が考え方を伝えてこない限り取材を拒否するとしたが、全面的に橋下市長を支持したい。

この記事はノンフィクション作家として著名な佐野真一が書いたものだが品がなく悪意さえ感じる。
彼の意図は何なのか、売名なのか、金なのか、選挙を控えてのネガティブキャンペーンなのか、

橋下市長は公開で議論をしようと言っているので少なくとも佐野真一、週刊朝日の河畠大四編集長は記事の責任者として考え方を表明すべきである。
珍しく早い時期に、朝日新聞の編集長がお詫びを表明したが部落の記述についてのみで橋下市長へのお詫びはない。
朝日新聞は直接関係ないとして見解は表わしていない。

朝日新聞、週刊朝日は三流新聞、三流雑誌に落ちぶれた感があるが適切な意見表明がない限り、不買運動を起こして懲らしめたらよい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

日本人の喜び 山中教授(iPS細胞)でノーベル賞受賞

8日、山中伸弥教授のノーベル賞医学生理学賞受賞のニュースが駆け巡った。
最近、日本が自信を失うようなニュースや事件が続いていただけに日本人の良さ、素晴らしさ、自信や元気を取り戻させるこの受賞は本当に嬉しい。

山中教授の受賞の感想やことばも素晴らしい。

「受賞の感想をひと言で言うと『感謝』ということしかない。日本の皆さん、研究の支援をしている大学、多くの同僚、いつも私を励ましてくれた友人、
そして家族に心から感謝の意を表したい」

「日本という国に支えていただいて、日の丸の教えがなければ、
この素晴らしい受賞はなかったと心の底から思った。まさに日本という国が受賞した賞だと感じている」

「80を超えた母に報告できたことがよかった」

「喜びも大きいが、大きな責任感も感じている。iPS細胞技術は非常に大きな可能性はあるが、本当の意味で役立ったと言えるところまで
来ていない」

1個の受精卵が細胞分裂を繰り返し60兆個とも言われている人間の体を作っているが

このiPS細胞は人間の皮膚などの細胞を初期化して作られ、受精卵と同じもので新約開発や、再生医療に画期的
効果と役割を果たすことが期待されている。

日本の科学者が世界の人を救うことは非常に誇りに思う。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012年10月 2日 (火)

内閣改造に見る野田総理の本質

1年で3度目の内閣改造になる。

総理は福島の復興を気にしてはいない。
拉致家族にも無関心
原発も0でも30%でもどちらでもよい。
領土問題もやむを得ず対応している。

誠実そうな姿勢で言葉巧みだがその時々で都合のよいように動く。

消費税増税法案が成立した暁には国民に信を問うと約束したが,誰もが変わると思っていた輿石幹事長を留任させ、いまはなんとか延命しようとしている。
内閣改造もただひたすらにそのための陣容になっていて何かを実現しようというものもない。
求心力のなさを大臣ポストで補っているだけと、選挙用に新鮮さを演出したいだけで底が浅い。
断末魔内閣と言われても仕方がない。

政治の信頼を取り戻さなければというが、いうこととやることが違う自らが国民の信頼を裏切っている事に気付かない。
政治の信頼を大きく失墜させた野田総理の責任はおもい。

国益を思うなら約束どおり速やかに国民の信を問うべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »