« 日本人の喜び 山中教授(iPS細胞)でノーベル賞受賞 | トップページ | 石原都知事の新党結成を勝手に読む »

2012年10月19日 (金)

橋下市長、週刊誌の連載記事で三流朝日に怒る

6
週刊朝日にとんでもない記事が連載されようとしている。
「はしした、奴の本性」と題するもので生い立ち、DNAにより橋下市長を全否定するような内容でこれは誹謗、中傷の類でとてもまともな記事とはいえない。

橋下市長も公人としてある程度両親や先祖について報じられても仕方ないが、この記事は被差別地域や血脈主義などは、いかに表現の自由があるといえども限度を超えてると怒りをあらわにし、週刊朝日、100%親会社の朝日新聞が考え方を伝えてこない限り取材を拒否するとしたが、全面的に橋下市長を支持したい。

この記事はノンフィクション作家として著名な佐野真一が書いたものだが品がなく悪意さえ感じる。
彼の意図は何なのか、売名なのか、金なのか、選挙を控えてのネガティブキャンペーンなのか、

橋下市長は公開で議論をしようと言っているので少なくとも佐野真一、週刊朝日の河畠大四編集長は記事の責任者として考え方を表明すべきである。
珍しく早い時期に、朝日新聞の編集長がお詫びを表明したが部落の記述についてのみで橋下市長へのお詫びはない。
朝日新聞は直接関係ないとして見解は表わしていない。

朝日新聞、週刊朝日は三流新聞、三流雑誌に落ちぶれた感があるが適切な意見表明がない限り、不買運動を起こして懲らしめたらよい。

|

« 日本人の喜び 山中教授(iPS細胞)でノーベル賞受賞 | トップページ | 石原都知事の新党結成を勝手に読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

朝日新聞も あえて 馬鹿な事を そんな昔の事を掘り起こせば 戦時下に国民を戦争に煽ったのは 朝日新聞とNHKぞ 北と変わらん言い分ぞ 成分 等と その なんとか という ボロ作家 成分が悪いのう ノンフィクション作家で思い出したが柳田先生 元気だろうかのう 羽田のころは若かった あんな方ジャーナリストの鏡じゃよ だんだん少なくなて 寂しい限りじゃよ ま 今回は馬鹿 ボロ作家 国民を舐めたらいかんぜよ 梅林

投稿: 梅林 | 2012年10月23日 (火) 04時22分

全く酷い記事ですね。子会社とはいえ、天下の朝日を名乗る以上その記事の質には重大な責任がある。
朝日は左翼系の新聞であるが、左右問わず最低のモラルはあるはず。
あるTV番組で、
「どこの国にも左翼右翼はある。しかし、日本の左翼は愛国心がなく”自分の国が全て悪い”など自虐思考だけなので、どうしようもない。」
全くその通りである。
朝日はかつて、「従軍慰安婦問題」をでっち上げた。記事を書いた方の妻が韓国人であること、その母が原告団の団長であったことなどで有利にするためや、確固たる証拠がないにも係わらず(慰安婦と称する人の証言だけ)で「軍に強制連行された」と言い切っている。日本のことなど一切考えていない。こんな記事を書く記者、それを新聞掲載を許した編集長。酷い新聞である。もちろんこれを信じている馬鹿な連中(社民党など)が自国にいることも問題ですが。

橋下さんについては、そのほかの記事やネットで、その手法、最近の言動、”日本維新の会”の異常な人気を批判するものが目立ってきています。
私も最近の異常な人気には心配しています。おかげでその人気に肖ろうとする馬鹿な連中が寄って来ます。この連中が問題なのです。
兎に角、政策の良し悪しを論議するのなら良いですが、それとは別のことで、やってほしい政策、やらねばならない政策まで、つぶれてしまうことを心配しています。
最近の橋下さんも、ちょっと調子に乗りすぎているように思われます。もうちょっと落ち着いてしっかりやってもらいたい。

投稿: Toms | 2012年10月23日 (火) 16時39分

橋下殿も 若さゆえじゃよ転んでも起き上がる時間は充分ある大きな心で見守りましょうぞ 時間のない 御仁が立ち上がりましたな いかんせん ロシアと合同演習などという耳を疑いたくなる 与党 墓場の下の明治の方まで立ち上がりますぞ まして 米寿の石原殿 転んでも立ち上る時間はござらぬぞ 日本国ありき東京都ぞ 都民よ日本国に石原殿をおかしくだされ 米寿の石原殿すみません 民主党は子供でした 頭でっかちの あほでした 反省 梅林 反省

投稿: 梅林 | 2012年10月25日 (木) 23時16分

梅林さん、Tomsさん、コメントありがとうございます。
週刊朝日の問題はあっさり幕引きになりましたが本当にひどいものでした。
橋下市長には逆にプラスになったと思います。

田原総一朗が何でこの記事が出たのか疑問に思うといっていましたが、私も何かうらに大きな力があるような気がします。

橋下市長ですが原発問題、新党立ち上げで多少ブレ、驕りなどあったように思われますが若さ、経験不足からのブレですぐに修正する能力があります。

彼のよさは、情報発信能力、問題提起と解決能力、口だけではなく実行力が伴っていて実績も残しています。
素人ながら1年で大阪府の財政を立て直した実績は特筆すべきものです。

国政に進出するに当たって言うだけではなく市長を兼務しながら
新党代表として組織を統制して政策を実現させていく過程には大きな壁が立ちはだかると思いますが
石原知事と連携が前にも記事に書いたように望んでいた形なったので
今後さらに期待ができると思っています。

投稿: mugen | 2012年10月26日 (金) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55925071

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長、週刊誌の連載記事で三流朝日に怒る:

« 日本人の喜び 山中教授(iPS細胞)でノーベル賞受賞 | トップページ | 石原都知事の新党結成を勝手に読む »