« 橋下市長、週刊誌の連載記事で三流朝日に怒る | トップページ | 野田総理、田中真紀子文科相、石原都知事、猪瀬副知事へのツイート »

2012年10月25日 (木)

石原都知事の新党結成を勝手に読む

石原都知事が今日付けで都知事を辞任し新党を立ち上げると発表した。
号外も出たがいつかはと思っていたので大きな驚きはなかった。

都知事は国の形を変えなければだめだ、官僚支配の打破をしなければ駄目だ、東京都だけではなく国のためにと思っていたが国から悉く阻まれた。
そのために命のあるうちに最後のご奉公として新党を立ち上げ国政にでると80歳の高齢を押しての意気に拍手をおくりたい。(年寄りはすぐに駄目だという風潮があるが志が問題であって能力のない若者よりはるかに良い)

決断ができた背景には、新党構想には立ち上がれ日本の基盤だけでは第三極として大きな力となりえず、維新の会橋下大阪市長との水面下の連携合意が出来たことにあったと思う。

橋下市長とは相認める仲でともに国の形をかえねば駄目だと、核心部分の共通認識があり、個々の政策の意見の違いがあったとしても話し合えば克服出来る、
維新の会と組めば勝算があるとの判断ができたのだろう。

又、橋下市長は大阪市長を一期やり多くの課題を解決した後に国政に出ればよい、私はそれまでのつなぎをやるとまで彼を評価して国をかえる可能性を確信したのだと思う。

一方、橋下市長は一身に集めていた一時の期待と評価が色あせかけていて思惑どおりにならないいらだちがあった。
新党を立ち上げるための国会議員も勝手な行動に走り、また連携を期待していた安倍元総理も自民党総裁になったため一度は決裂したみんなの党とよりを戻そうとしていた。

水面下で親交深く、認めていた石原都知事との連携で自分が出れない国政でのコントロールも期待できるし都構想を始め国の形を変えることができると判断したと思う。

その個性から反対者も多いが強力なリーダーシップがあり実績もある石原都知事は国民から信頼感を失ったこの軟弱な政党政治に大きな緊張感を与えるのは間違いない。大いに期待したい。

最後に野田総理には自分が何をしようとしているのか猛省をうながしたい。

|

« 橋下市長、週刊誌の連載記事で三流朝日に怒る | トップページ | 野田総理、田中真紀子文科相、石原都知事、猪瀬副知事へのツイート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はたして この日本国はどちに向いて歩いて行くのかのう バルト三國? 難しい東アジアだのう 三竦み ま国の中の事はなんとかなろうがのう どうしたもんかのう 中国の御仁のように 頭のイイ世代がなんとかするが と呑気な事も言うておれまいが 東支那海はワコウにとは あの頃は良かった 時間は前にしか進まんしのう 答えも出すが かじ の切り方が 時とのマッチングだろうがのう 何時も相手があることだし 難しいのう 辛抱 辛抱 梅林

投稿: 梅林 | 2012年11月 8日 (木) 22時43分

梅林さん、コメントありがとうございます。
本当に難しい局面で正解の道を見極めるのは困難ですね。
内閣はモット外に目をむけなければならないのに政局ばかりでその余裕がないのは失格です。幸いやっと解散が現実味を帯びてきて
その視野を持っている石原さんの第三極にはがんばってほしいと思っています。

投稿: Mugen | 2012年11月 9日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/55971482

この記事へのトラックバック一覧です: 石原都知事の新党結成を勝手に読む:

« 橋下市長、週刊誌の連載記事で三流朝日に怒る | トップページ | 野田総理、田中真紀子文科相、石原都知事、猪瀬副知事へのツイート »