« 阿部内閣の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」 | トップページ | 未来に期待できるか  映画 Thrive(スライブ) »

2013年1月18日 (金)

敢えて入試中止の橋下市長を支持する。

桜ノ宮高校の生徒自殺問題で橋下市長が体育科の入試中止、校長、職員の総入れ替えという方針を打ち出したことが国民的関心事に発展している。

多くの批判は、生徒には責任はない、受験生がかわいそうだ、入試が近すぎて進路変更は人生の選択に
与える影響が大きすぎるなどなど、すべて正論でもっともだと思う。

しかし橋下市長はわかった上で、世論の批判も承知の上で、
教育現場にはあってはならない、高校性が自殺したことの重大性に関して生徒自身、父兄、校長、教職員、教育委員会、文科省の意識改革につなげたいと思っているのだと思う。

これまでも
生徒、父兄には、人生は厳しく世の中に出たら試練が多く、耐えて這いあがれるれるだけの力を身につけてほしいと言ってきたし
校長,教職員には国歌斉唱、国旗掲揚問題、大阪の学力低下問題等を通じて教育の在り方を説いてきたし、
くそ教育委員会と言って教育委員会の管理体制、無責任さを追求してきた。

今回の問題では学校に責任を取らせる以上に教育委員会にも責任を取らせるべきだと思う。

今までいじめ問題、自殺問題など何度起こっても根本的に解決されることなく繰り返されてきた。
今回も橋下市長が、いわゆる大人的対応で、遺憾に思う、学校、教育委員会には二度とこのような事が起こらないようにしてほしいと言ったとしたら
時間が経過するとともに忘れ去られまた繰り返されるに違いない。

橋下市長の良さは、もっともらしい言葉を言うのではなく、他に頼る、任せるのではなく、批判を恐れず自分で改革しようとするところで、実際変わらなければいくら良いことを言っても意味はないのだ。

その意味ではアドバルーンをぶち上げ過激な言動で敵を作るやり方には欠点も多く、荒削りなところはあるが、
下村文科大臣までも動かし、連日ニュース、報道で取り上げられ体罰、いじめ問題から教育行政を国民的議論までにもりあげ意識が高まってきたことの意義は大きい。
いじめ、体罰、自殺問題は今後その対応方法が大きく変わっていくだろう。

そうは言ってもやはり罪のない、まだ抵抗力のない受験生へのこの時期の進路変更は酷すぎる。来週教育委員会が入試の中止か、実施を決定するが是非入試は実施してほしいと思う。
橋下市長も最後には分かっていると思うので一転折れるかも知れない。

|

« 阿部内閣の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」 | トップページ | 未来に期待できるか  映画 Thrive(スライブ) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

Mugenの仰っていること、良くわかります。

責任は、学校、教育委員会にあり、受験生、在校生、自殺した学生はその被害者なのです。
入試を中止を要求している橋下市長ではないのです。
橋下市長がまるで、弱い者いじめをしているかのように言っている親、受験生の皆さん、マスコミはおかしい。
その点、教育評論家の尾木氏は正確な評価をしています。

「橋本市長の言っていることはもっともです。これを受けて、在
校生、受験生を守るためどう責任を取り、今後どんな教育をするのかを、何故学校、教育委員会が示さないのか。これがおかしい。」

本来、学生、受験生を守るのは学校であり、教育委員会のはずだと言うことです。

よく似たことが、無駄や問題ある公共事業を強硬的に進めて、途中で中止しようものなら、その損害を被るものが、中止したものを非難する。いわゆる、”やった者勝ち”、途中で中止することができない ”公共事業” です。
これも同じで、この公共事業開始が本来間違っているのであって、途中で中止することは間違っていない。それに伴う損害は公共事業を強行に進めた最初の決定者の責任だと言うことです。

ただ、損害を被る者への救済は責任とは別で、当然行うべきです。
残念ながら100%満足できる救済とは行かないでしょうが、しかたがありません。

二度とこんな被害者が出ないようにするしかありません。

投稿: Toms | 2013年1月23日 (水) 12時01分

Tomsさんコメントありがとうございます。
わが意を得たり です。
Tomsさんの言われるように
つねに本質は何かという視点を忘れないで問題を見なければなりません。
子供たちがかわいそうだという面が強調されすぎているようです。

投稿: mugen | 2013年1月23日 (水) 16時47分

「体罰」についてもう一言。

先ず、「体罰」と「暴行」とを一緒にしないでほしい。今回の問題記事を読んでみると、完全に「暴行」ですね。
必ず、教師(指導者)から生徒に対しては「体罰」と言われますが、当たり前ですが教師も人間です。色んな教師が存在します。中には、暴力的な人間、今良くマスコミを賑わしている、変態(好色)教師などいます。今回はその一人(暴力的)教師(指導者)であったことです。

私は、「体罰」をある程度(難しいですが)必要だと考えています。それは、生徒にも色々いるからで、「体罰」によって奮起し力を出す者、精神的にも強くなる者もいるからです。
また逆にどうしようも無い、馬鹿な生徒(体で覚えさせるしかない)が現実にいるからです。

当然「体罰」が逆効果になる場合もあります。それを見極める能力を教師(指導者)に求めたいのです。この能力がない教師が少なくなったのでしょうね。

非難されるのを覚悟で言えば、
たかが、一人の生徒の自殺、一人の暴行教師でガタガタ騒ぐ必要はないのでは。プレッシャに弱い生徒がいて、たまたま暴力的な指導者に巡りあった結果、残念ながら最悪の自殺ということになってしまったと言うことです。
「暴力」と言うことについては、もちろん犯罪として処罰されるべきであることです。(在校生が記者会見で言っているのはこれと同じことです。)

問題は自殺という最悪な結果を防ぐことはできなかったのかと言うことですね。
自殺された生徒を悪く言うつもりはありませんが、自殺という最悪の決断をする前に何か解決する方法をとったのか?
学校、周りの先生、友だち、家族。何故、相談しなかったのか?
二人の子供の親として言わせてもらうと、
「暴行」が原因とは言え、あまりにも精神的に弱すぎです。
これでは、今後社会人としてもっと辛いことが有った時不安です。

精神的に強い子供を育成すること。悩み事を相談する(できる)環境(学校、友人、家庭)を作ることがこの問題の根本的解決だと思います。「いじめ」も同じです。

投稿: Toms | 2013年1月29日 (火) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敢えて入試中止の橋下市長を支持する。:

« 阿部内閣の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」 | トップページ | 未来に期待できるか  映画 Thrive(スライブ) »