« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

レアアース、メタンハイドレート、成長戦略、海洋国日本 海洋省

探査船「ちきゅう」、メタンハイドレートの採取実験に初成功(13/03/12)

経産省は12日愛知県の渥美半島沖の深さ約1千メートルの海底の地下約330メートルにある「メタンハイドレート」から世界で初めて天然ガスを取り出したと発表した。

メタンハイドレートはメタンと水が結びついて結晶化し、シャーベット状になっていて、これを分解すると170倍の体積のメタンガスが発生する。

日本近海の推定埋蔵量は国内の天然ガス消費量の約100年分にあたるとみられ2018年度までに生産技術を確立し、国産燃料として生産する目標をたてている。


3月22日、海洋研究開発機構、東京大学の研究チームにより、小笠原諸島の南鳥島近海の海底から高濃度のレアアース(希土類)堆積物が発見されたとの報道があった。

南鳥島近海の海底には、最大6500ppmという高濃度のレアアースが含まれていることが確認された。
同海域海底には、日本の使用量の230年分に相当する約680万トンのレアアースが存在する可能性があるという。

中国のレアアース輸出量は世界の9割以上を占めているが、南鳥島近海の海底のレアースは中国産レアアース鉱石の10倍から20倍も高い濃度のレアアースで日本で生産技術が確立されれば中国に依存する必要がなくなる

メタンハイドレート、レアアースのニュースは成長戦略が必要な日本にとっての大きな朗報であり国家戦略として強力に推進して行くべきである。

日本は、これまで排他的経済水域では世界で六番目の海洋大国であると折に触れ言われてきた。
これらの地下資源のほかに水産資源など今後ますます海に依存する重要性がましていく。

一方国境、領土問題では尖閣諸島、竹島、北方領土とその対応が困難になっている。この事も併せ考えると東海大学教授の山田吉彦氏のいう、環境整備等も総合的に統括する海洋省の設置を本気で考えてもいいのではないか。

海洋国日本を世界に大きくアピールし成長戦略を推進すれば希望は大きく膨らむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

震災から2年の教訓

この日を忘れてはならないなあ・・・

涙が止まらねェよ・・・

3月11日で震災から2年を迎える。
改めて亡くなられた18000人の方々に哀悼の意を表したいと思います。

各メディアとも特集を組んで報道しているがその中から本質を見なければならない。

”復興が遅い”、日本中の共通認識となっていて政府も口では全力でとはいうが要は本気度が足りなかったということ。
色々言い訳があったが最優先課題ととらえていなかったということ。

被災者、いまなお非難を余儀なくされている人びとにとってあまりにつらい。この目線が足りない。
風評被害は今なお続いているが国民目線が誤っている。反省しなければならない。

福島原発の現状は全く手に負えない状況が続いている。
汚染冷却水はいまなお増え続けていて全く処理方法がわからないままいずれ収納タンクも限界が来る。
除染も遅々として進まず汚染土壌の中間貯蔵施設すらきまっていない。
メルトダウンした核燃料に至っては処理方法すら分かっていない。
何十年、何百年、否何万年もかかるといわれている。

放射能は怖い。
専門家であればある程このことを知っていて核は手に負えない扱ってはいけない物だという学者もいる。

このような状況でそれでも再稼働しようとする、活断層ではないと言い張る電力会社、
10年かけて原発の方向性を決めると逃げていた安倍総理も順次原発を再稼働するという。

”どこか、何か、違っているのではないか”

エネルギー政策は経済復興のカギであることは分かるが次元が違う。
地震大国の日本でいつ巨大地震が来るかわからないという中での原発はない。
急がば回れで原発なしのエネルギー政策に舵を切れば技術革新が進みその方がベターと思う。


どこか、何か、違っていた。
3月11日を迎え何が本質で、何が重要かを改めて考えなくてはいけない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

拝啓 みんなの党江田けんじ様

Dsc_0242
今日の予算委員会の質問は実にすばらしく説得力のあるものでした。
TPPについても政府、特に官僚の出してくる情報は信用できず江田さんの説明でかなり不要な怖れを抱いていた事が分かりました。
農業改革についても非常に明快でまさに共感できるものでした。

安倍内閣はここまでよくやっていると思います。
しかし江田さん指摘の通り古い自民党を引きずっているし参院選を意識するあまり安倍総理の歯切れは悪くなっています。
国民はこの恣意的な思惑を最も嫌うということを知らしめてください。

さて、みんなの党がスタートとして国民運動を起こされた時から応援しています。
江田さんの演説で行政改革に命をかけ、涙ながら自民党を離党した渡辺善美氏を応援しないわけにはいかないと言われたことを鮮明に覚えています。
別の会で渡辺代表が8年後に総理になると言ったのも覚えています。

しかし現在のみんなの党は野党としてキャスティングボートを握ることに満足しているように見えます。
忘れていないと思いますが発足当時の大きな事を目指してほしいと思っています。

私は維新の橋本市長と石原代表も応援しています。
理由は官僚支配の打破を掲げているからです。
官僚支配が続くかぎり日本はよくならないと思っています。

今維新の会も多少のブレが見えますが、維新の会と、みんなの党は非常に政策が類似しています。
とにかく官僚支配の打破をめざしてほしいのです。

江田さんのような見識のある議員が政権で活躍できるようにアジェンダが多少違っても維新と組んで政権奪取を目指してください。

官僚と協力して強い日本を作ってほしい支援者より

-------------------------------------------
*平成の農地改革=農業を輸出・成長産業に!

1.減反の廃止→米価の下落→輸出競争力
2.頑張る農家(専業・主業中心)に直接支払いで補助
3.農地の集約化・大規模化(税の減免等の支援)
4.新規参入の促進(株式会社、農業生産法人等)
5.農地の転売規制(ゾーニング)の強化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »