« 拝啓 みんなの党江田けんじ様 | トップページ | レアアース、メタンハイドレート、成長戦略、海洋国日本 海洋省 »

2013年3月10日 (日)

震災から2年の教訓

この日を忘れてはならないなあ・・・

涙が止まらねェよ・・・

3月11日で震災から2年を迎える。
改めて亡くなられた18000人の方々に哀悼の意を表したいと思います。

各メディアとも特集を組んで報道しているがその中から本質を見なければならない。

”復興が遅い”、日本中の共通認識となっていて政府も口では全力でとはいうが要は本気度が足りなかったということ。
色々言い訳があったが最優先課題ととらえていなかったということ。

被災者、いまなお非難を余儀なくされている人びとにとってあまりにつらい。この目線が足りない。
風評被害は今なお続いているが国民目線が誤っている。反省しなければならない。

福島原発の現状は全く手に負えない状況が続いている。
汚染冷却水はいまなお増え続けていて全く処理方法がわからないままいずれ収納タンクも限界が来る。
除染も遅々として進まず汚染土壌の中間貯蔵施設すらきまっていない。
メルトダウンした核燃料に至っては処理方法すら分かっていない。
何十年、何百年、否何万年もかかるといわれている。

放射能は怖い。
専門家であればある程このことを知っていて核は手に負えない扱ってはいけない物だという学者もいる。

このような状況でそれでも再稼働しようとする、活断層ではないと言い張る電力会社、
10年かけて原発の方向性を決めると逃げていた安倍総理も順次原発を再稼働するという。

”どこか、何か、違っているのではないか”

エネルギー政策は経済復興のカギであることは分かるが次元が違う。
地震大国の日本でいつ巨大地震が来るかわからないという中での原発はない。
急がば回れで原発なしのエネルギー政策に舵を切れば技術革新が進みその方がベターと思う。


どこか、何か、違っていた。
3月11日を迎え何が本質で、何が重要かを改めて考えなくてはいけない。

|

« 拝啓 みんなの党江田けんじ様 | トップページ | レアアース、メタンハイドレート、成長戦略、海洋国日本 海洋省 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なんも 教訓得てませんな 豚の鼻からモヤモヤと蒸気が笑って話してますなこんなレベルの人間が原子炉運転してたんじやし 言わずもがじやよ こんな連中の話しに何の危機感もかんも感じられないそう思うのは私だけではござらぬじやろう 一言で 日本の技術の思い上がりじやよ 梅林

投稿: 梅林 | 2013年3月15日 (金) 03時45分

東京の空から彗星が見えるのは石原さんのおかげです と云うとのはいないのか 日本人はこんなにバカになつたのか よその国人を使うときはその国の言葉を堪能でないと使うしかくなし 安いに乗じて 親戚にしたつもりが 全く通じてない 私など いつの間にか 5 6客語で冗談言えますぞでないと 即 命に関わりますものな 外国ではな

投稿: 梅林 | 2013年3月15日 (金) 04時19分

また 1-Fなんか やらかしましたな 私など 一年で限界線量に達しましてな 二度と福島に行く事はありませんな あの頃は 見えませんが 防護服のしたに 鉛のジャケットを着ていたのじやよ関ヶ原のおりの鎧と比べればなんのなんの これきし 肩はバンバン 線量バンバン 色々ありまし 言えませんがな 今日まとものようですな 家に居る時は大型パソコンじやが 今は携帯 ま誤字脱字が多いこと 懸命な皆様の推理力におすがりしてますな 酒でも入れば 種田山頭火 の反省文のようになりますな 原発もどうなりますやら 東電もよその火事みたいな コメントしてますな なんもわからん 娘のこ でもだして 目くらましのつもりかのう一事が万事 梅林

投稿: 梅林 | 2013年3月19日 (火) 22時29分

正に 大山鳴動ネズミ一匹 でしたな

投稿: 梅林 | 2013年3月20日 (水) 19時05分

梅林さん、iいつもコメント有難うございます。
携帯を駆使してのコメントですか、なかなかもどかしいものがありますが
(被曝線量が一年で限界に達せられたとか)これからも特に原発についてのコメントは出し続けてください。

東電のネズミさわぎは本当に笑っておられません。

野田前総理は1年足らずで原発終息宣言を出しましたがあれは何だったんでしょうか?
東電もしかり、その時の目先の価値観に惑わされ、責任感もなく誤った行動をとる。後年笑い話にもなりません。

中国の大気汚染、日本も通った道。人間の私利私欲は次々と過ちを繰り返し自らの住む地球をどんどんだめにする。

あ、それから私は言います。>東京の空から彗星が見えるのは石原さんのおかげです 。水もおいしいと 

梅林さん、これからもよろしくお願いします。

投稿: mugen | 2013年3月20日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/56925627

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から2年の教訓:

« 拝啓 みんなの党江田けんじ様 | トップページ | レアアース、メタンハイドレート、成長戦略、海洋国日本 海洋省 »