« 散歩で雉の良い写真が撮れた | トップページ | 安部総理の成長戦略は停滞の20年から再生へ転換できるか »

2013年5月26日 (日)

巣立ち間近のつばくろの写真

新東名高速のSAでツバメの巣があり親鳥が巣立ち間近の雛に餌を運んでいた。
ほほえましくデジカメのシャッターを切った。

*写真をクリックすれば拡大写真が見れます。
D640_4

D642_2

D629

D643

D648

ツバメ
●スズメ目、ツバメ科に属する鳥類
●脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない
飛翔する昆虫などを空中で捕食する。また、水面上を飛行しながら水を飲む。
●北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県以外で繁殖し、沖縄県では旅鳥[5]。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。
一部、越冬する個体があり、しばしば「越冬ツバメ」と呼ばれる
●泥と枯草を唾液で固めて巣を造る。
民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著である。これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからだと考えられている
●産卵期は4 - 7月ごろ。一腹卵数は3 - 7。主にメスが抱卵する。抱卵日数は13 - 17日。その後の巣内での育雛日数は20 - 24日。1回目の繁殖の巣立ち率は概ね50%程度と推定される。

|

« 散歩で雉の良い写真が撮れた | トップページ | 安部総理の成長戦略は停滞の20年から再生へ転換できるか »

My favorite」カテゴリの記事

コメント

ツバメ、見なくなりましたね。市内ですから仕方がありませんが・・・。

私の実家は田舎なので、子供のころはたくさんツバメの巣を見ています。
農家の家は、今もそうですが、玄関が広く、”土間”というものです。その天井にツバメの巣がたくさんありました。
というか、ツバメの巣ができるように作ってあります。
田舎ですので、玄関は開けっ放しで防犯上問題ありませんでした。だから、ツバメの親が、自分の家のように自由に外へ行き来していました。それに頭上を注意していないと、フンが落ちてきます。
それでもツバメと一緒に暮らしてました。

子供が巣立ってツバメがいなくなってもまた次の年には親となって戻って来ます。大したものですね。

私の子供を含め現在の子供の大半がこのツバメとの共存を知らないのです。何か寂しいですね。

投稿: Toms | 2013年5月27日 (月) 22時00分

Tomsさん、コメントありがとうございます。

ツバメもそうですがスズメも激減しているそうです。建築様式がかわり瓦屋根のすきまの巣作りができなくなったのも原因とか。
反してペットを捨てたりさまざまな要因で外来生物が生態系を大きく崩しているのも気になるところです。

日本の田んぼ風景とか海岸線とか美しい原風景がどんどん
失われていくのは寂しい限りです。

投稿: mugen | 2013年5月28日 (火) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/57457917

この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ち間近のつばくろの写真:

« 散歩で雉の良い写真が撮れた | トップページ | 安部総理の成長戦略は停滞の20年から再生へ転換できるか »