« 参議院選挙---投票率は50%を超えるか | トップページ | 日本人が忘れている-美しき日本の残像- »

2013年7月22日 (月)

参院選考 と 山本太郎

投票率は心配通り52.6%と過去三番目の低さで国民の約半分が国の行く末を他人任せにしてしまった。
結果は
予想されたとはいえ自民党の大勝で対極的に見れば安定政権は望ましいとは思うが、安倍総理には、選挙戦の後半をみると多分に迎合的であったので、ぜひ真の国益、未来のために政策を実施してほしいと切に思う。
一方野党は惨敗であった。
特に民主党は国民の信頼を失墜したまま、自らを顧みることなく、方向性も示せず大敗した責任は大きく、もはや全く期待ができなくなってしまった。

維新とみんなの党はやはり対自民の対極として共闘しなければならないのが明白となった。
橋本代表はすでにこのことに言及しているのに対し渡辺善美代表はいまだに感情が残りすぎていて限界を感じる。

共産党の躍進は非自民の受け皿として当然の結果で自民のブレーキ役を期待したい。

国民の生活の当選者0は、もはや小沢一郎は終わったと感じるが能力のある政治家だけに最後のご奉公ができる場を作ってほしい。

この選挙で一筋の光明があった。
20130715032453
山本太郎(新党 今はひとり)が66万票を獲得し初当選したことだ。
ネット選挙を活用し若年層、無党派層を掘り起こした功績は大きい。

彼の主張は原発廃止、TPP反対、雇用問題を中心に既得権益、国会議員、マスコミの現状の矛盾を鋭く追及する。
心からの訴えは通ずることが証明されまだまだ捨てたものではない。

日本を憂うあまりなったという10円ハゲは彼の勲章と思う。
国会で無所属での活動は限界があるといわれているが真しな態度と発言力は国会にアリの一穴を期待させる。
応援したい。

7/5街頭演説

7/21NHKの当確インタビュー

|

« 参議院選挙---投票率は50%を超えるか | トップページ | 日本人が忘れている-美しき日本の残像- »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/57843424

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選考 と 山本太郎:

« 参議院選挙---投票率は50%を超えるか | トップページ | 日本人が忘れている-美しき日本の残像- »