« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月21日 (土)

危険にさらされる福島の汚染水と国の対応

オリンピック招致プレゼンテーションで安倍総理は海外から不安視されている福島の汚染水問題についてコントロール下にあり心配ないといった。

しかし国民のほとんどはそうは思っていないし、実態は首相の認識とはかけ離れていて制御できていない。
総理の発言は国際公約になり東電任せではなく国が主体となって取り組む姿勢を見せようとしているが、そんなに簡単な問題ではない。

1昨日、福島で震度5以上の地震があってきもを冷やす思いがしたが、実は福島原発の4号機は水蒸気爆発があって建物の外壁が吹っ飛ばされており、もし大きな地震が起き使用済み燃料棒を冷却している水槽が破損して燃料棒が空中にさらされるとそれこそ大変なことになる。
しかも
福島原発の事故処理を担う東電や政府関係者が、事態の過小評価や、不都合な情報を伏せるといった行為を繰り返し
原発をめぐっては、電力会社の隠蔽(いんぺい)体質と政府による情報操作まがいのやり方をいやというほど見せつけられてきた。

汚染水については東電は11年に既に遮水壁の設計を検討していたが、費用が1000億円と試算されると、債務超過になり会社が破たんの危機にさらされるといって先送りを望むと当時の海江田大臣もそれを認め、国民の安全より企業の都合を優先するという本末転倒の対応をした。

国会はというと
汚染水の問題など審議すべき重要な政策課題が目の前にあるにもかかわらず、閉会中したままで審議しようとしていない。

さらに一方ではこいう状態でも原発を何とか再稼動させようとしている。
大飯原発活断層について 原子力規制委員会が 関電の反論に屈する形で活断層でないと判定を覆した。

先の衆院選では自民党は10年かけて脱原発の方向性を決めるといったがその場しのぎの詭弁であって原発再稼働が既定路線になりつつある。

経済にとって安価な(結果的に安価とは言えないが)電力は重要だとの認識は否定するものではないが、それ以上に国民の安全、将来を見据えると人間の手で制御する方法がわからないし原発は地震大国である日本ではやめるべきである。
現に原発は現在一基も稼働していないし今年の猛暑も電力不足に陥ることなく乗り越えている。

再稼働をずるずる認めることは、あれだけ問題視されていた発送電分離も進まないし、電力会社の総括原価方式も改革されないし代替エネルギーへの転換も技術革新も進まない。

ここでははっきり原発ゼロに舵を切るべきと思う。

以下の動画はぜひ見ていただきたい。
「なぜマスコミは放射能汚染に関する報道をしないのか?」 武田邦彦

数十年後の放射能拡散予測地図 太平洋全部が高濃度放射能汚染

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

歓喜! 2020年オリンピック 東京に決定


2020年のオリンピック開催地に1964年以来56年ぶりに東京に決定した。
投票数は決戦投票のの結果東京60票、イスタンブール36票であった。

決定の瞬間、太田雄貴の涙の喜びの姿が印象的であった。

オリンピック招致委員会のメンバーはチームワークよく本当によく頑張った、ありがとう、ご苦労様と言いたい。

4年前大きな反対の中、石原都知事がオリンピック招致を訴えたことが思い出され、その努力が今結実してよかった。

しかし忘れてはいけないこともある。
それは福島の汚染水問題が国際的に大きな関心事であって、日本の対応は甘く、不十分なことを反省し改めて
真摯に向き合わなければならない。

それと5回目の挑戦であったイスタンブールの落胆は大きく、多大の投資を無駄にしたが、これが日本の落選であったらと思うとやりきれない思いだ。
オリンピック委員会(IOC)を増長させる何でもありの選考方法に疑問を感じるし、考え直すべきと思う。

今回の決定は日本の安全性と確実な大会運営能力を評価された。
そして日本に希望、勇気、やる気、をもたらし日本全体が元気になれる。

アベノミクスの大きな後押しになり日本転換への大きな力になっていくことが予感される。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

18U野球W杯で韓国にコールド勝ち  韓国という国

18U野球W杯で韓国に7回 10-0でコールド勝ちした。
何とも気分の良い勝ち方ではないか、溜飲の下がる思いだ。

多少品が無いとは思うが
これまでロンドン五輪のサッカー日韓戦で、韓国選手が『独島(竹島の韓国名)は韓国のものだ』等、たび重なるスポーツへ政治を持ち込む行為に不快感を持っていただけに、多くの国民が同じ思いを抱いたに違いないと思う。
韓国の憎悪にも似た反日活動は
イミョンバクの竹島上陸は常軌を逸したものであったし
朴大統領も
アメリカの議会演説で日本の歴史認識を批判したが
大統領の反日は自国の人気取りに利用するのが常道だし、退任後は皆自殺したり逮捕されるという異常さだ。

国民ももともと気性が激しく、日本国旗や日本の総理の写真をを焼いたり、激高すると腹を刃物で傷つけてまで
の行動を起こす。

今は異常なまでの従軍慰安婦非難に終始し アメリカに慰安婦碑を建てセックススレイブとまで表現するに至っている。

中国のネットユーザーからは、「一番嫌いなのが韓国だ。バカ国家」、「韓国はまともな国じゃないから」、「われわれは低俗な生物と言い争う必要はない」とまで言われのも当然か

さらに対馬・観音寺から盗んだ仏像を返さないばかりか、盗難仏像返還差し止めを決めた司法まで正当化しようとする

日本の東北8県の水産物の輸入禁止を決めたのも日本のオリンピック招致への妨害工作の一環だろう。

韓国民の中には良識派も多いと思うし日本は韓国の発展に寄与したことを理解している国民もいると思われるがあまりにもその声が表に出て来ないのも韓国の異常さだと思う。

日本は感情論だけではなく現実問題として竹島だけではなく対馬への侵略には十分監視が必要であることも忘れてはならない。

韓国のたび重なる日本攻撃や挑発行為に対して、韓国に嫌悪感を抱く国民が急増したことは好ましくないし韓国への経済にも悪影響を及ぼし始め、
韓国は自ら自滅の道を歩んでいると警告しておきたい

ブログ記事”対馬が危ない”

韓国 反日の理由

朴大統領の誤算

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »