« 危険にさらされる福島の汚染水と国の対応 | トップページ | 小泉元首相 脱原発 »

2013年10月 3日 (木)

伊勢神宮 式年遷宮

神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。神宮では、原則として20年ごとに、
内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿、14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。
このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、装束・神宝、宇治橋なども造り替えられる。
記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた。
その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、1993年(平成5年)の第61回式年遷宮まで、およそ1300年にわたって行われている。

2005年(平成17年)から第62回式年遷宮の各行事が進行中で、2009年(平成21年)に主要な行事である内宮に係る「宇治渡始式」が斎行され、2013年(平成25年)10月2日に正遷宮(神体の渡御)が行われた

定期的に膨大な国費を投じることとなる式年遷宮を行う途を選んだ理由は、神宮にも記録がないため不明であるが推測される主な理由としては、次の4点が考えられる。
●過去の建築様式である弥生建築の保存のため。
●神道の精神として、常に新たに清浄であること(「常若(とこわか)」)を求めたため
●大嘗祭、新嘗祭、神嘗祭など、祭祀の意義が再構築されたため
●皇宮の遷移に代えて、遷宮が行われたため。

式年遷宮が20年ごとに行われる理由についても、推測される主な理由としては、以下の5点が挙げられる。
●建物の「清浄さ」を保つ限度が、20年程度であるため。これは、耐用年数という意味ではなく、神道の宗教的な意味における「清浄さ」である。
●建替えの技術の伝承を行うためには、当時の寿命や実働年数から考えて、20年間隔が適当とされたため。建築を実際に担う大工は、10歳代から20歳代で見習いと下働き、
30歳代から40歳代で中堅から棟梁となり、50歳代以上は後見となる。このため、20年に一度の遷宮であれば、少なくとも2度は遷宮に携わることができ、2度の遷宮を経験すれば技術の伝承を行うことができる。
●旧暦の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」(11月1日が冬至にあたること)が、19から20年に一度の周期であるため。
●一世代がおよそ20年であるため。
●神嘗祭に供される穀物の保存年限が20年であるため。
<ウィキペディアより>


|

« 危険にさらされる福島の汚染水と国の対応 | トップページ | 小泉元首相 脱原発 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

チャンルー 作り方 材料

投稿: chan luu メンズ | 2013年10月30日 (水) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/58313432

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮 式年遷宮:

« 危険にさらされる福島の汚染水と国の対応 | トップページ | 小泉元首相 脱原発 »