« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月26日 (火)

下町の快挙「江戸っ子1号」深海7800メートルのビデオ撮影に成功

夢のあるすばらしいニュースが報じられた。

24日東京の町工場などのグループが開発し、「江戸っ子1号」と名付けた海底探査機が、房総半島沖の日本海溝で7800メートルの深海に生息するえびのような形をした生物の採取や「ヨミノアシロ」と呼ばれる魚ではないかと見られる深海魚の撮影に成功したというもので、
グループのリーダーの杉野行雄さんは、
「町工場の技術でこんなにすごいことができるということを示せて本当にうれしい。今回の成功が、ほかの町工場の人たちへの刺激となって、日本のものづくりの活性化につながってほしい」と話していたが日本の技術力が示せてすばらしいと思う。安価で深海の研究ができるようになるので今後の新発見を期待したい。

公式ホームページ(http://edokko1.jp/suishin.html)より
江戸っ子1号プロジェクトは、都内と千葉県の中小企業5社と2つの大学、海洋研究開発機構が信用金庫の
橋渡しによって連携して、日本海溝の8000mの超深海の探査を目指す、安価で操作しやすい探査ロボットの
開発を行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

拝啓 安倍総理殿ー特定秘密保護法案

貴殿が最も気にしている支持率が急降下してもよいのですか

国民総反対の中特定秘密保護法案を強行採決しようとする意図は何ですか

以下を明確にして頂きたい。

●なぜ今特定秘密保護法案の成立が必要なのですか

●特定秘密とはそもそも何なんですか 定義すらない

●国民の知る権利が阻害されるという認識はないのですか

●一定時間が経過後すべて開示すべきと思うがルールはないのですか

●国家には知らさない方がよい機密があることは誰でも理解していますが皆が納得するよう時間をかけるべきと思いますがそれでも今国会で決めたいのですか

歴史に恥じない決定を望みます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

原発0に舵を切るのは今でしょ  小泉元総理の原発0発言

11月12日国会記者クラブで講演した小泉元総理の原発0発言の波紋が広がっている。
自民党の原発再稼動の路線にも、石場幹事長の”自民党の原発0への方向性は変わっていない。”との発言にあるように影響を及ぼしている。

小泉元総理は首相の時は原発を推進しておいて急に発言を転換するのは無責任と批判されているが、福島の原発事故、フィンランドの原発廃棄物処分場オンカロ視察をへて、考えが変わったという。
やはり核廃棄物の処分場の場所も決まっていないのに原発再稼動は無責任すぎる。
いま原発0に舵を切れば知恵のある多くの国民が協力できる自然エネルギーに転換する壮大な事業に向かうとの発言は当を得ている
とおもう。
内閣支持率は昨年の12月の62%がさらに上昇し66%になっているように国民の絶大な支持を得ている時に総理の権力を用いて決断すれば、オール野党さらに自民党員の半数、の後押しもあり自然エネルギーに転換できる。

確かに安定的エネルギーを確保することは経済を好転させるために政治家の責務ともいえるが、福島の手に負えない現実や帰省困難地区を作ろうとする現実を直視するにつけ、また除染など予測できない経費、さらに東電が原発を再稼動させないと赤字が拡大し電気量を10%値上げすると脅かしている様に常に国民の生活が原発に脅かされることになる。
利益至上主義は長期的に見て決して豊かな社会を作らないし、自然破壊が進み自らの首を絞めることにもつながってしまう。

小泉元首相の発言が日本の原発政策の転換点になってほしいと思う。

<フィンランドのオンカロ>
世界唯一の高レベル放射性廃棄物の最終処分場「オンカロ」(フィンランド語で「隠し場所」=長期地下貯蔵設備)は地下およそ520メートルの深さまでトンネルを掘り、そこから横穴を広げ放射性廃棄物を処分していく。
2020年までに運用を開始、2120年ごろまでの100年間、埋設処分に利用される予定で、100年後に施設が満杯になった後は、道を埋めて完全に封鎖することになっている。

使用済み核燃料に含まれるプルトニウムの半減期は2万4000年。生物にとって安全なレベルまで放射能が下がるにはおよそ10万年の月日を要するという。それまでの間、10万年にわたって「オンカロ」は地下に封鎖され続ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

失格議員 山本太郎、アントニオ猪木

◆山本太郎
園遊会で天皇にお手紙をしたためて渡した、ただ原発の実情をしって欲しかった。
マスコミが取り上げなければ政治利用にはならなかったと言い張り、やってはいけないとは知らなかったというがそれだけでも、常識に欠ける、議員としての資質に欠けると言える。
実際の行動はカメラの位置を意識し、長嶋巨人名誉監督の近くに位置し係員に咎められたりしている。
結局、目立ちたがりのパフォーマンス人間なのか、
議員辞職にはならないようだが猛省してまじめに活動し実績を残すことがお詫びの証しになる。

◆アントニオ猪木
国会会期中に許可なく制止を振り切り訪朝したアントニオ猪木もたちが悪い。
何をしに訪朝するというのか、拉致問題で北朝鮮とのパイプを持っている自分を利用すべきというが、スケジュール、会う相手も不明瞭な」届け出では説得力に欠ける。
これまで何度も訪朝しているらしいが成果は聞かない。ただVIP扱いでいい気分になりたいとしか思えないし北朝鮮に明らかに利用されている。
橋本代表は訪朝の報告を受けていないというし維新の会にも説明と筋を通していない。
彼もやはり目立ちたがりのパフォーマンス人間なのだろう。
彼には厳罰と維新の会には議席が欲しいための資質のない有名人の擁立には猛省を求めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »