« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月24日 (金)

素晴らしき日本人 田中将大投手

ヨーロッパセリエAのACミランに入団しエースNo10を付けた本田圭佑選手に続き楽天のマー君こと田中将大選手がニューヨークヤンキースに入団することが発表された。

何と契約金が7年162億円というアメリカメジャー投手でも歴代5番目という巨額である。
日本人メジャー投手では野茂選手を筆頭に多くの選手がいるが最近では奪三振王のダルビッシュ、ワールドチャンピオンの胴上げ投手になった上原選手、ヤンキースのエース黒田選手などがいて
日本人投手の評価は定着しているうえ昨年の田中投手の24勝無敗というこれ以上ない成績で楽天を日本一に導いたのだから、争奪合戦がエスカレートして巨額になったのも当然だろう。
ここまでの高額だとマー君のプレッシャーも並大抵ではないと思うが、その覚悟と高みを目指す態度は素晴らしい。
ところでマー君の評価とは全く関係ないがこの162億円は高すぎるのではないかと思う。
競争社会、金至上主義の社会でひいでた能力に対して金を出すというのは当然と言えばそうだが金で有無を言わさず、金があれば何でもできるという社会はいかがかとおもう。
メジャーでも歯止めとして金持ち球団が金を使いすぎないように限度額を超えると罰金を払うルールがある。
やはり適度な制限はあってょうがよい。
スポーツの採点方法で最高点と、最低点をカットして平均点を出すような考え方があってもよいように思う。
競争は発展の原動力になっているのは間違いないが、行き過ぎた競争、金至上主義は決して幸福をもたらさないという議論も多くなっている。

ちょっと水を差すような事を言ったが
よくて当たり前、悪いと激しく非難されるアメリカで田中党首には子供たちの夢、日本人の期待を背負って
ぜひヤンキースを優勝に導くよい結果を残してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

片山 善博前総務大臣を東京都知事へ= 勝手に推薦=

年明けととともに各党の候補者選びがあわただしく報じられているが立候補してほしい人がいる。
それは
官僚出身、慶応大学教授 前総務大臣の片山 善博氏で, ぜひ東京都知事になってほしい。

やれ知名度とか、勝てる候補者とか,後出しじゃんけんで出てきた人が勝っているとか,本来の筋から逸脱した方法で選んではいけない。

東京は小さな国一国と同等いやそれ以上の規模と存在で国際的的にも通用する人物で
何よりも「実務型(手堅さ)」で発信力、政策実行能力が求められる。
その点
片山氏は改革は知事として鳥取県知事を2期務め多くの実績を残したことは広く知られており、総務大臣経験もあるということで東京都知事候補として申し分ないと思う。

東京五輪に向けた準備とその成功、少子高齢化や災害への対策など都政の課題は山積しているが東京が抱えるこれらの課題をどう解決するかきちんと示せ実現させる人だと思う。

片山氏を強く推薦する声が上がることを期待している。

<略歴>
・昭和26年生れ 62歳 
・東大法学部卒
自治大臣秘書官、自治省国際交流企画官・固定資産税課長・府県税課長などの役職を歴任し、1998年12月に退官。

・1999年4月、鳥取県知事選挙に出馬し、初当選
「改革派知事」として精力的に活動。それまでの常識を打ち破った手法で公共事業の見直しや情報公開を断行するなど、地方分権時代の旗手として注目された。

・平成19年04月 同職退任。(任期満了)慶應義塾大学大学院法学研究科教授就任。
・平成22年09月 菅内閣総務大臣就任。
・平成23年09月 同職退任。現在に至る。

総務大臣時の記者会見

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

今年は日本の年  良さ、底力を再確認しよう

昨年は日本の良さを再確認することが多かった。
何よりも世界から日本の良さを認められることはうれしい。
東日本大震災で日本人の冷静沈着な行動が驚嘆の目でみられ評価されたのは周知の事実だが
日本への観光客も増え
福島原発の後遺症は残るものの円安、東南アジア諸国を中心に入国ビザの発給要件を緩和等の追い風もあり、
日本政府観光局の発表によると、今年日本を訪れた外国人が10月末時点で約866万人になり、
過去最高だった2010年の年間861万人を超え年間目標の1000万人は達成したようである。

6月に富士山がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産に登録されたのに続いて、
12月に「和食=日本人の伝統的な食文化」が無形文化遺産へ登録された。
さらに2020年オリンピック開催地が東京に決まった事もインパクトが強かった。

すきなTV番組がある。「youは何しに日本へ」だ 
成田空港、関西空港で待ち構えていて日本に来た外人にインタビュウーするというもの。
興味深い外人には「密着取材」する。
総じて日本が大好きというYou(外国人)から日本の良さを再認識させられる。
キーワードをランダムにあげると

世界一奇麗な国 日本
きれい好き おしぼり  水がただ
日本のおもてなし文化 
ファミレスの店員呼び出しボタン
宅配便の当日中の再配達
アキバ、アニメ、オタク、コスプレ
日本料理、すし、てんぷら、すき焼き、焼き鳥
忍者、武道、等々

見た人も多いと思うがドイツ青年が日本をノープランで自転車旅行をするという動画をぜひ見てほしい。

日本を再認識するのによい本がある
Picbooknihonwanazel2s
最近TVでよく見かける明治天皇の玄孫 竹田恒泰 著の
「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」である。
序章:世界で一番人気のある国「日本」
第1章:いただきます-「ミシュランガイド」が東京を絶賛する理由
第2章:匠-世界が愛する日本のモノづくり
第3章:もったいない-日本語には原始日本から継承されてきた”和のこころ”が宿る
第4章:なごみ-実はすごい日本の一流外交
第5章:八百万(やおよろず)-大自然と調和する日本人
第6章:天皇(すめらぎ)-なぜ京都御所にはお堀がないのか
終章:ジャパン・ルネッサンスー日本文明復興
巻末対談:日本は生活そのものが「芸術」だ
      ー北野たけし×竹田恒泰

さらに動画を見れば理解が深まるので紹介しておきたい。

最後に2013/8/4のブログも紹介しておきたい。

日本人が忘れているー美しき日本の残像 アレックス・カー

Ou09_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

迎春

Uma


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »