« 素晴らしき日本人 田中将大投手 | トップページ | 橋下市長を応援する »

2014年2月 3日 (月)

万能細胞発見の小保方晴子さん 他

■おしゃれで、なんとも可愛い割烹着姿の小保方晴子さん、
彼女の研究室の壁はピンクや黄色で、花柄のソファを置き「ムーミン」のシールなどが貼り付けてある。
とても世界が驚く新万能細胞STAP細胞を発見した学者とは思えない。
山中教授のSP細胞をしのぐ万能細胞の発見は日本の未来に大きな希望と力を与えてくれた。

■ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)で優勝した高梨沙羅ちゃん、身長152cm まだあどけなさの残る17歳の可愛い少女だ。
今季13戦10勝と向かうところ敵なしだが取って当たり前といわれるときほどオリンピックで期待通り金メダルを取ることは至難の事と思うがぜひ金メダルを取って日本を喜ばせてほしい。

■若手バレエダンサーの登竜門として知られるスイスのローザンヌ国際バレエコンクールで日本人高校生が1位2位を独占した。
最優秀賞は松本第一高校2年の二山治雄さん(17)
第2位は横浜翠陵高校1年の前田紗江さんは(15)
若い二人が日本のバレエの実力が世界に示した事は誇らしい。