« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

みんなの党渡辺善美代表の政治と金

みんなの党渡辺善美代表が猪瀬前東京都知事に続いて金銭問題が明るみに出て苦しい弁明を続けている。
明らかに嘘とわかる内容で見苦しい。
どうも政治家は平気で嘘がつけないとだめらしい。
それにしても繰り返される政治家の金銭問題は信頼を失わせ政治不信に陥れる。

2回に渡って8億の巨額の借金がいずれも選挙の時期に一致しており明らかに政治資金と思われるが、政治資金記載違反に問われるためあくまでも個人の借金と言い張り、資産報告書との食い違いは単なる処理ミスという。
この処理ミス、記載ミスも政治家のいつもの言い訳だがそれが通るところに問題がある。

渡辺代表はあくまでも個人の借金と言いながら政治には金がかかると自らが暴露しその使い道は会議費、交通費など、また熊手を買ったなどおおよそ8億円とはケタ違いの話しで噴飯ものだ。
みんなんの党はもともと個人商店ともいわれ金はすべて渡辺代表と奥さんが握っていたというしその管理はブラックボックスで党員からも批判があったらしい。
渡辺代表は結いの党との分裂騒ぎに続き今回の金銭問題で急激に求心力を失い進退問題にまで発展しそうで
おりしも28日猪瀬前都知事が公選法違反で略式起訴されたが同じ道をたどるのだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

春の訪れ  散歩で撮った写真 Ⅱ

15日(土にみたガマガエルのいた場所に行ってみた。無数のたまごが産み落とされていた。Dsc01159

畑の畔道のふきのとう
Dsc01161

咲き始めたボケの花
Dsc01163_1_3

増え続けるのが気になっているモズ
C01170

カワセミは一瞬飛び去るのを見たが写真に撮れなかったので12月に撮影した動画を紹介します。

<追記>
  ↓↓
4月2日に行ってみるとガマガエルのたまごは無数のオタマジャクシになっていた
C01225

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

春の訪れ  散歩で撮った写真

暖かく好天に誘われデジカメをもって散歩に出かけた。
ガマガエルの鳴き声が激しく聞こえたので近づくと10数匹のガマガエルが冬眠から目覚めて
繁殖行動の最中だった。
C01145
メスを求め?団子状態になったガマガエル
C01148
晴天に咲き誇る梅のはな
Sc01153
小川に咲き始めた菜の花
Sc01156
このあたりに住みついているカワセミ
C01143
☆写真をクリックすると大きな画像が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

3月11日 東日本大震災 3年目の復興状況に喝


復興庁は26日、東日本大震災に伴う全国の避難者が2月13日時点で26万7419人になったと発表した。

日本世論調査会の調査で、八割近い人が「復興が進んでいない」と答えた。

復興予算が残っている、流用された、また無駄遣いされた、
繰り返される報道、全くうんざりする

3年経過してあまりに復興していない現状にただただ無念に思う。

それでも
安倍首相は八日、福島をを視察して「福島の復興なくして日本の再生はない。復興が前に進み始めたと実感した」と述べた。

今頃進み始めたではだめなのである。

国民とのこのずれに驚く。

なぜ復興が遅れるか
政治家、役人は口では尤もらしい事を言うが真に被災者の立場で考えていない、
できない理由を並べ立てる。
要は本当に最優先にやろうとする気が無い。

政府はどんなことをしてでもやりきるタイムスケジュールを示せ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

河野洋平は歴史的責任を果たせ

今や従軍慰安婦はねつ造で会ったことは明白になっていたが
先(2月20日)の国会で河野談話作成に関与した当時の石原信雄元官房副長官が「慰安婦の強制連行」の「裏付け調査を行わなかったと歴史的証言を行ったことで決定的になった。

それでも河野洋平は
軍も政府も関係して(慰安所を)作り、業者に管理させたというのは明らかだ。事実があったかなかったをあげつらったって、何の意味があるのか。
強引に本人の意思を無視して拉致して連れて行ったという記録が残っているはずがないし、そんな記録を書く人はいない。
だが、推測する範囲は推測されて、残っている記録やら事実関係を調べ上げて談話は作られた。軽はずみに、根拠も何もないのに作った作文ではない。
ある程度信頼していいのではないか。それ以上詮索することは意味がない。収まった問題をあげつらい、「日本はけしからん国だ」といわれる状況をつくって何になるのか。
とうそぶいたが、いまさら自分の正当性を主張するのは見苦しいし、愛国心はないのかと言いたい。

河野談話が諸悪の根源になっていて
韓国の朴 槿惠大統領が慰安婦問題の拠り所として反日批判を繰り返しているしアメリカの議会においても日本の公式見解として捉えている事は周知の通りである。

河野洋平は談話が日本の政治家の事なかれ主義、ご都合主義の産物であり韓国に合わせたことは承知で内心心おだやかではなかったはずである。
今こそ正しい政治認識のためにも真実を明らかにする責任がある。

世論が談話検証の必要性を約70%も認めているのは
国民の意識として歴史を捻じ曲げようとか、隠そうとかいうことではなく、これ以上ねつ造された歴史認識が日本を貶める韓国の反日活動により
世界に誤解されたままになることに我慢がならないのだ。
政治利用されることなく正しい歴史の事実を明らかにすべきなのである。
国会は河野洋平を証人喚問し新たな談話を発表してほしいと思う。

【慰安婦問題】河野洋平が河野談話を同情で発表したことを自白

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

朴槿恵(パク・クネ)大統領, 韓国人の反日運動の狂気

ヒステリックなまでに対日批判を続ける韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は反日批判によって自らの地位を維持しようとしているとしか思えない。
韓国歴代大統領は暗殺、投獄、死刑、自殺と悲惨すぎる末路をたどっている。韓国民はその事実をどのようにとらえているのか不思議である。
朴槿恵(パク・クネ)は自信無さを隠すべく反日によって国民の意識をそらせていて,踊らされている国民もあまりにも思考回路が単純で、日本にたいする怒りをはけ口にしていてあわれといえばあわれである、民度が低すぎる。
朴槿恵(パク・クネ)は3月1日の演説で慰安婦問題、河野、村山談話を持ち出し反日を具体的により強く日本を批判したが愛国心からの発言ではなく、内心に自己矛盾があるとみえ人相は悪くなっている。
正しい歴史認識に基づかない行動は韓国を自ら貶めていて、経済的にも外交的にも悪影響があることを気付いているはずである。。
今両国の首脳会談が行われてないことにたいし、尤もらしく日韓の関係は非常に重要で歩み寄るべきとの意見があるが今の朴槿恵(パク・クネ)は相手にせずに無視していればいずれ自滅するだろう。

ただしかし看過できない問題がある。
アメリカにおける反日活動で慰安婦像の設置は4か所にも上りさらに増やそうとしている、また先ごろアメリカヴァージニア州で日本海を東海と呼ぶことが可決されたが、韓国系アメリカ人は170万人もいて、その主張を認めるアメリカ人もアメリカ人だが(ほとんど金で動いていると思われるが)その反日運動は狂気である。
この活動だけは阻止しなければ日本は誤った、それこそねつ造された歴史認識の被害者になってしまう。
日本政府は頼りなくその対応はあまりにも弱い。

現在、米カリフォルニアのグレンデール市に昨年設置された慰安婦像の撤去を求めて、同地在住の日本人などからなるNPO「歴史の真実を求める世界連合会」
(積極的な行動を取らない日本の政府に代わって日本国の、そして日本人の名誉を保つための行動を起こすことを目的として作られたもの)
が、市を相手どって提訴している。
NPO「歴史の真実を求める世界連合会」のホームページでは活動資金のを募っているので応援したい。

青山繁晴が語る!何故韓国は、自国の報道や歴史認識に疑問を持たないのか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »