« 春爛漫  桜と菜の花 | トップページ | STAP細胞はあるのかー小保方晴子氏へオファー »

2014年4月10日 (木)

『STAP細胞はあります』ー小保方晴子さんの記者会見より

『STAP細胞はあります』

非常に強い口調であった。また、涙ながら
『研究者としての今後があるなら研究を続けたい』
と語った。
真相は不明のままだったが理化学研究所の会見より分があるように思う。悪意のあるねつ造、改ざんではない
事の弁明はできたのではないか

小保方さんはしきりに勉強不足と未熟さをわびていたが、言わされた感がありあまり卑下しなくてもよいと思う。

理化学研究所は改ざん、ねつ造があり不正と断定し小保方さん一人の責任にしてしまったが多くの共同研究者がいたわけだし
どうも早く成果を上げたい、成功のアドバルーンを上げたい、予算を多く獲得したい、
から一転、
理化学研究所の非を認めたくない、早く幕引きしたい、世間の思惑を気にするなど大人の事情を考えすぎているのではないか。

小保方さんは結論を間違っているわけではないので論文を取り下げる気はないと言っているし、手法はほめられたものでないにしろ本質のSTAP細胞の有無を確認する方向性を取るべきなので検証委員会は小保方さんを参加させるべきと思う。まして懲罰を課するべきものではない。

科学は厳密なもので情緒的にななってはいけないとはいえ、若い研究者の失敗、ミスをバッシングしてその可能性を摘み取るべきでなく、
着想力があり地道な研究を続けられる資質がある彼女に研究を続けさせる環境を用意してあげたい。

|

« 春爛漫  桜と菜の花 | トップページ | STAP細胞はあるのかー小保方晴子氏へオファー »

科学」カテゴリの記事

コメント

う~ん、Mugenさんこの件については、ちょっと意見が違います。
とりあえず、私も理系(工学ですが)卒業研究もやり、その研究論文も書きました。もちろんレベルは全く違いますが、最低限のことは教わったと思います。

正直小保方さんの”論文とは何か”の考えはあまりにも幼稚過ぎます。(研究は超ハイレベルですが)
捏造、改竄は科学論文としての意味であり、一般のものとは違います。
例えば、小保方さんは、実際成功した写真はあると言いながら、間違った写真を使ってしまった。と言っていますが、そもそもそんなこと有るわけがない。違う写真が使われた時点で論文としては、”改竄”なのです。
悪意の有無は関係ない。弁護士はそれを勘違いしている。
理研は研究機関なので、論文としての改竄、捏造の言葉を使うのは間違っていません。
コピペが自然にできる訳はなく、意図してやるしかないのも当然です。
小保方さんの主張は、一般的な事柄なら通用するかもしれませんが、学者、研究者としては通用しない。もちろん理研にも。

各TVで、解説者として、学者やサイエンス専門のジャーナリストが言っていることはこのことです。よく出ている東大の先生などは、正直小保方さんは研究者としてのレベルに達していないと言いたいと思いますよ。ましてや、ユニットリーダーとしては失格です。

STAP細胞という素晴らしい研究をしたいのだから、させてあげたい気持ちも解りますが、あえて、厳しく言わせてもらうと、

大切な税金使って続けるには”もう一度勉強し直してこい”と言いたいです。未熟、不勉強な人間に税金を使えない。第一、もっとまじめに、こつこつと研究している方が沢山みえます。
その方からすれば、こんな頭にくることないでしょう。
体の不調も正直自業自得で、解決するには学者らしく自らSTAP細胞があることを証明しなければならないだけです。

理研も、こんな未熟な方を採用した責任があるのです。無駄遣いがありすぎ。”一番”でなくては駄目ですが、研究に無駄がないかを検証する必要があるのです。

この会見には突っ込みたいことがあまりにも多すぎ、私も小保方さんを学者として応援していたのに、裏切られたことに腹が立って仕方がありません。

投稿: Toms | 2014年4月10日 (木) 22時15分

法政大学教授で元テレビディレクターの水島宏明氏の
『科学者として』は評価はできない。
でも『人間として』好感を持った、というのが国民の一般的な反応だろう
と言っていましたが、Tomsさんのように科学とは縁遠い私もその一人だろうと思います。
小保方さんは大学院を出、ハーバード大へ留学し,
理化学研究所に引き抜かれたという経歴から,
一定レベルに達していると当然思いますし
研究者としては幼稚、未熟、レベルが低いといわれていますが、その間通用していたのが不思議です。
しかも名だたる共同研究者がいて、理化学研究所が世界の大発見を発表する論文が碌なチェックも
なく発表されたことが不思議です。
小保方晴子さんを一人切り離そうとする
理化学研究所も大いに責められて当然と思うのです。

投稿: mugen | 2014年4月11日 (金) 21時30分

水島先生の記事読みました。また、色んなTV番組で、タレントコメンテーターも同じことをよく言ってました。
「人間として好感」、私には解りません。少なくとも今回の会見だけで、「人間として(研究者ではなく)の小保方先生」を知ることができません。
「好感」というより、「哀れみ」など「かわいそう」というものだと思います。

この問題は、ちゃんと整理しなければごちゃごちゃなってまた、有耶無耶のまま終わってしまいます。

・小保方さん個人の研究者、学者としての責任(論文や、実験ノートなど)
・組織、理化学研究所の責任(税金の無駄使い、各共同執筆者など)
・マスコミ報道の扱い方(発表当時は”リケジョ”として持ち上げられた。)

これぐらいですか。

今回の会見は、弁護士が解説してますが、「捏造」、「改竄」の法律上の意味から考えての理研からの懲戒免職など雇用に対する反論だったはずです。
研究者の成果は、論文が全てなのです。世界から認められるには論文であり、その論文が正確でその通り再現出来るのかだけなのです。(数学や理論物理では論理的に矛盾がないことです)
なのに、自分しか作れないなど、何を言っているのか解りません。

2番目はMugenさんの仰っている理研そのものの問題です。
これは、今は懐かしい、民主党時代の事業仕分けで無駄使いが浮き彫りになりました。民主党や蓮舫議員はともかく、無駄使いが多いのも事実です。どうなっちゃったんでしょうね。

3番目はいつものことです。マスコミの酷さは直らない。と言うか受け取り側(私たち自身)がしっかりすればいいのですが・・。私もまだまだです。

しっかり分けて評価するべきだと思っています。

投稿: Toms | 2014年4月12日 (土) 23時12分

また、すみません。

小保方さんの反論が出てます。
私が知らないだけかもしれませんが、他のだれも小保方さんの身方する先生いないのですかねえ。共同研究者の方、誰も身方してくれない。ハーバード大学の恩師は一人いましたが、STAP細胞の証明には至っていない。
一人STAP細胞成功した方、自ら名のらないのですかね。
理研の圧力?

理研としても、小保方さんの好き嫌いはともかく、STAP細胞が本当にできたのなら、その証明をし、名を挙げた方が良いと思うんですが。成功しているのに、小保方さんの研究を非難しても何のメリットもないはず。

と、いうことは推測ですが本当にないのかなあ。残念でなりません。

投稿: Toms | 2014年4月15日 (火) 10時34分

悩ましいですね、
佐村河内の卑しさと比べてまだ理研の批判を抑えているのがいいです。
この問題が単なる不正で終わればむなしいので、それでも地球は回っている的な
可能性が少しでもあればと願っています。

投稿: mugen | 2014年4月15日 (火) 21時50分

笹井副センター長の会見、益々”学者馬鹿”と言う言葉が浮かんできました。

笹井先生は、確かに世界的な天才なのでしょうが、組織の管理者としては全く駄目です。専門的な助言はしてもらいたいが、上司としては勘弁してほしいと思う方です。
理研の理事長など、学者としては超天才なのですが、人の上に立つのと学者としての能力とは別物です。ましてや、税金を使う立場の人間としてはとんでもない。

「仮説である」と
では、小保方さん他笹井先生も含めて、今までの研究は何してたのですか?
仮説を真説するための研究であって、成功したから論文を発表したのではないのですか?
税金を無駄にしただけ?
解っているのか?笹井先生。

研究の成果が真実(STAP細胞が作成)だったら、共著者もその功績を評価されます。なのに、問題があればリーダー一人の責任にする。よく、こんな会見しますね。

投稿: Toms | 2014年4月20日 (日) 10時03分

同感です!

投稿: mugen | 2014年4月20日 (日) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/59445309

この記事へのトラックバック一覧です: 『STAP細胞はあります』ー小保方晴子さんの記者会見より:

« 春爛漫  桜と菜の花 | トップページ | STAP細胞はあるのかー小保方晴子氏へオファー »